解離・離人と芸術志向

▶心と身体が解離する過程

 

幼い頃のトラウマを負った人は、恐怖で身体が硬直し、喉や胸が圧迫感されて、痛みでバラバラになるか、知覚が断片化されていくかもしれません。こうしたトラウマを負うと、それ以後の人生においても、それらを身体が記憶していて、警戒して緊張し、刺激に過敏に反応します。そして、身体というのは、脅威を遠ざけようとして、神経を張りつめさせて、センサーを全開にして、注意深く 情報処理が過剰です。外側に刺激をもろに受けるので、身体でいろんなものを感じ取りながら、身体のほうは、固まり凍りついています。心(頭)の方が身体が離れていって、絵、音楽、詩、本、自然、空想、他者の世界に入り込むことができます。

 

解離や離人が起こる過程は、外傷体験は、脅威が襲ってきて、心と身体に恐ろしいことが起こります。 複雑なトラウマがある人が、嫌なことが起きると、身体は凍りついて、めまいとともに、身体から心が離れていって、意識が飛んだり、自分の真上に出てくることがあります。自分の身体から抜け出た自分は、数メートルから数十メートルの高さから、周りを見渡すことができます。一方、身体が自分のもので無くなると、自分の時間軸や空間軸が分からなくなり、感情が鈍くなり、身体感覚が無くなり、現実感が遠のきます。

 

このような心が身体から抜け出た状態が続くと、心は恐ろしい感覚や感情を切り離して、別の所に存在するようになっていきます。身体は痛みが充満しているために、心がその痛みだらけの身体を所有しきれなくなって、もうそこから抜け出てしまいます。そうすると自分の身体の感覚や感情というものが感じられなくて、もはや身体自体が自分のものでは無くなっていきます。そして、自己は、周囲の環境や他者の評価をダイレクトに入ってくるようになり、自他の境界線が次第に無くなってきます。心が身体から離れることが自然に出来るようになっていき、最終的には観察者になることが出来ます。心が自分の身体から離れると、自分で意識的に自分を無くすことができるので、対象のことを緻密に分析したり、感情移入することが出来ます。

 

この点に関しては、悪い影響のみではなくて、身体や自己が透明になっているということは、あらゆる世界、例えば、芸術や現実世界、他者に入り込むことを可能にするので、芸術的感性が高まったり、感動したりする感性が人よりも繊細に磨かれるようなケースもあります。一般の人は、自分の身体を保持する自己が強固で、確固たる自己が既に構築されているために、自他の境界線が明確に存在します。そのような場合には、他者の評価も客観的に評価して、完全に自己と同一化することはありません。従って、自分の周囲の環境世界や他者というものをそのまま自分のものとして取り込むことがないから、境界線が常に存在します。

 

▶解離した心が芸術に向かうとき

 

トラウマのある人は、安心できる場所がないから、生きている間は、問題意識を持ちながら、様々なことに目が向いて、好奇心を持たないと生きていけません。自分が興味がある事柄は生活に必要なものであり、人の生きる意味になります。心の充足、心の栄養になります。音楽や絵などの芸術は、痛い、怠い、重い、粉々でバラバラな身体から離れて、心を守るバリアとして機能します。

 

トラウマがある人は、身体がしんどくて、辛い状況にあるために、魂が器としての身体の中に安心して宿ることができません。さらに、現実世界を生きるなかでも、周囲や他者は脅威として捉えられるため、魂の安定は得られません。自らの身体も、自らが生きる現実世界も、魂は安心できる場所が見つかることができず、より空想や想像が許される芸術のほうに寄せられていきます。いわば、魂が自分の身体や現実の生きる世界に安心して宿すことができないために、唯一自分で想像して作り上げられる心地よい世界を芸術的世界に求める。その空間のみが魂が安定していることを許してくれる空間になります。解離やトラウマがある人は、心地良い世界を追求するなかで、芸術家、学者志向になる場合もあり、視線の先に好奇心を見出します。絵、音楽、詩、本、図鑑、好きな人が自分の栄養になり、生きる糧になっていきます。

 

▶HOME ▶ネット予約 ▶お問い合わせ