解離性の身体症状
▶解離性の身体症状(身体表現性障害と転換性障害)

 

解離性の身体症状は、転換性障害とも言われていて、身体表現性障害のなかに分類されています。ちなみに身体表現性障害は、転換性障害、心気症、身体醜形障害、疼痛性障害があります。この原因不明の身体症状は、神経学的検査によって説明のできない神経症状を示し、ストレスの多い出来事の後に、パニック、けいれん、失声、聞こえない、不動、麻痺、震え、歩行困難、疼痛、不快感などを示します。これら、長期に渡って、トラウマの影響から、慢性的な過緊張や凍りつきが続き、葛藤や目の前のストレスが心と身体の筋肉や内臓に相互作用して、自律神経系、内分泌系、免疫系の乱れから起こりますが、医学的には説明できず、原因となる身体の異常が見当たらないのが特徴です。このような身体症状は、男性よりも女性にはるかに多く、様々な外傷体験のときに、闘争・逃走反応を失敗して、反撃しないで、自分の身を守るために、ギュッと身体を丸めて、凍りつかせるか、死んだふりで対処している人に起きると考えられます。ただ、日常生活の困難に対して、このような防衛スタイルを続けていくと、身体の凍りつきや極度の脱力反応が慢性化していって、心臓の働きや血液の巡り、筋肉の衰弱、トラウマというな莫大なエネルギーが神経系に滞り、のちに他種多様な原因不明の身体症状を引き起こします。

 

身体表現性の症状で苦しむ前は、普通に暮らすことができましたが、様々なトラウマ体験により、いつの間にか、本当の自分はどこかいってしまって、記憶があいまいで、自分が一体何者なのか分からなくなっています。また人から傷つけられるのではないかという恐怖があり、過去に酷い体験をしていることが多いです。常に脅威を遠ざけようとする防衛が働き、警戒心は過剰で、何かが起きても大丈夫なように、物事をネガティブに考え、身体は身構えています。そして、苦手な人を目に前にすると、身体はこわばり、眉間にしわが寄り、汗をかき、自分を守ろうとして、肩は上がっていき、口を必要以上に固く閉じて、歯を食いしばり、目に力が入り、首や肩、背中は硬直していきます。普段から、葛藤を抱えることが難しい状態にあり、自分の感情を抑制していますが、困難な状況への対処がうまくいかず、不安に圧し潰されそうな状態です。酷い恐怖と不安に足がすくんで、怖くて縮こまって生活していますが、恐怖が迫ってくると、硬直した身体が収縮しきれなくなって、自己が崩壊しそうになります。そして、凍りついた身体から離れる、機能停止する、解離する、意識が飛ぶ、力が入らなくなる、戦いに行く、逃げ出すなど、トラウマを負う人の心と身体は特殊な状態になります。身体の方は様々が症状が出て、神経の痛み、心拍変動、血の気が引く、めまい、ふらつき、頭の中が真っ白、声が出ない、チック、耳鳴り、驚愕反応、動きづらい、凍りつき、虚脱、フラッシュバック、パニック、過呼吸が起きたりします。このようにトラウマが身体の刻み込まれた人は、怖がりな性格になり、あらゆる外側の刺激に対して、過敏に反応して、交感神経系を活性化させますが、すぐにブレーキがかかります。そして、背側迷走神経のほうが過剰になり、低覚醒状態になるため、注意や集中に問題が起き、頭の中で同時に二つのことをすることが難しいかもしれません。身体の体型としては、顔(目や口、表情)から首、胸、背中にかけて引き締まり、手足の筋肉は脱力していて、胃腸の消化器の活動性が上がっているため、痩せ型の方が多いです。

 

体調不良としては、腹痛、下痢、吐き気、めまい、立ちくらみ、頭痛、肩こり、喉の渇きなどがあります。過去の嫌な記憶が蘇ったり、ストレスがかかる場面では、首や肩に力が入り、喉が詰まっているように感じて、息がしづらく、頭や胸は締めつけられるように苦しく、背中はギュッと縮こまり、お腹はピリピリとした痛みがあって、理由もなく涙が出るかもしれません。また、恐ろしい体験をした人は、それ以後、目の焦点が合わなくなり、目の奥の神経が引っ張られて、眼球上転(白目を向く)が起きることもあります。このように頭、目、口、鼻、耳、顎、首、肩、胸、背中、お腹、手、足のなかで、トラウマに曝された部分は硬直から固まっていて、人との交流がうまくいかなくなります。意識の水準が低下すると、半分眠ったようになり、手足に力が入らず、ジンジンと痺れることもあります。手足で体を支えられなくなると、首や肩、背中あたりが硬くなり、動かしづらく、すぐに疲れてしまって、自分の胴体と手足が繋がっていない感覚がある人もいます。解離性症状のある人は、身体が凍りついた状態にあるか、極度に脱力した状態にあり、自分の身体に注意を向けても、眠気が襲ってくるか、集中出来なくなるか、思考に注意が向きます。自分の身体の感覚がよく分からず、ストレスの感じ方も分からず、自分の気持ちも話せず、生活全般を無理にこなしている場合もあるので、全身に負荷がかかっています。健常者の人たちと同じように無理を続けていると、ストレスや不快感が様々な症状に直結していき、やがて痛みで凍りついた身体か、虚脱して疲労した身体になります。そして、ストレスと戦えなくなると、内臓や皮膚、脳は炎症を引き起こし、関節は痛み、体が冷たく固まります。その結果、自己免疫疾患や線維筋痛症、慢性疲労症候群、過敏性腸症候群、顎関節症などに罹りやすくなります。これは、彼らの性格が真面目で完璧主義でストイックな一面があり、身体が重荷になっていても、心と身体が一致しないため、疲労に気づけなかったりします。また、外界の脅威に対して、原始的な神経が働き、生理現象に混乱が生じるため、自分の身体に留まることが難しく、自然治癒力が発揮しにくい状態になっています。さらに、身体の中には、トラウマという莫大なエネルギーを閉じ込めているため、じっとしていることが難しく、日中何かをし続けないと落ち着かないかもしれません。

 

トラウマの解離性症状がある人は、息がしづらく、声が出にくく、水の中で溺れるようなイメージがたびたび出てきます。子どもの頃から、金魚鉢のなかで泳いでいる金魚(人間)のような世界の中で生きており、これは、魚類に由来する背側迷走神経の働きの方が、ほ乳類のみの腹側迷走神経の働きより優位になっているからです。つまり、社会交流システムを司る神経の働きが低下していて、目、鼻、口、耳、頬、喉、胸、肺が活動しようとしても、固まり凍りついていたり、バラバラだったり、捻じれがあったりして、動かしづらいです。また、交感神経にブレーキがかかる状態が続くと、心臓の働きが弱く、脳は凍りつき、筋肉の硬直や崩壊のせいで、呼吸がしづらいとか、声が出ないとか、耳が聞こえない、めまい、力が入らない、喉が渇く、動けないなどの状態になることがあります。子どもの頃から、解離の低覚醒状態で過ごしていると、喘息気味で、息苦しく、閉じ込められた場所から飛び出したいと思っているのに、抜け出ることができません。何度も自分を覆うフィルターにぶつかりながら、皆と同じことがしたいのに、トラウマのせいですぐ固まってしまって、自動的に身体に制限がかかり、不器用で作業をしづらい状態にあります。生活全般においてストレスや緊張が高まる場面では、頭の中がフリーズして、声が出ない、何も考えられない、話がまとまらない、集中できない、注意散漫、よく物を落とすなどの症状が出たりします。また、無意識のうちに人から傷つけられるのではなかという恐怖があるため、学校社会の集団場面での交わりが苦手で、身体が疲れやすく、自分を守ろうとしています。

 

▶HOME ▶ネット予約 ▶お問い合わせ