木と会話する女性
 フランクルの「夜と霧」の中から、強制収容所で数日のうちに死ぬことを悟った女性が、病棟の窓から見えるマロニエの木を見て、木とお話しができるようになり、過酷な運命にもかかわらず、運命に感謝しているところを載せます。

 

V.E.フランクル「夜と霧」新版(池田香代子訳)

 

 たとえば、強制収容所で亡くなった若い女性のこんな物語を。これは、わたし自身が経験した物語だ。単純でごく短いのに、完成した詩のような趣があり、私は心をゆすぶられずにはいられない。この若い女性は、自分が数日のうちに死ぬことを悟っていた。なのに、じつに晴れやかだった。

 「運命に感謝しています。だって、わたしをこんなにひどい目にあわせてくれたんですもの」彼女はこのとおりに私に言った。

 「以前、なに不自由なく暮らしていたとき、私はすっかり甘やかされて、精神がどうこうなんて、まじめに考えたことがありませんでした」

 その彼女が、最後の数日、内面性をどんどん深めていったのだ。

 「あの木が、ひとりぼっちのわたしの、たったひとりのお友だちなんです」

 彼女がそう言って、病棟の窓を指さした。外ではマロニエの木が、いままさに花の盛りを迎えていた。板敷の病床の高さにかがむと、病棟の小さな窓からは、花房をふたつつけた緑の枝が見えた。

 「あの木とよくおしゃべりをするんです」

 わたしは当惑した。彼女のことばをどうかいしゃくしたらいいのか、わからなかった。譫妄状態で、ときどき幻覚におちいるのだろうか。それでわたしは、木もなにかいうんですか、とたずねた。そうだという。ではなんと?それにたいして、彼女こう答えるのだ。

 「木はこういうんです。わたしはここにいるよ、わたしはここに、いるよ、わたしは命、永遠の命だって……」

 

考察
ここからは、極限状態に置かれた彼女について、少し考えていきます。彼女は、想像を絶する極限状態の中で、病棟の窓から見える花の盛りを迎えた美しいマロニエの木を「たったひとりのお友だちなんです」と話し、内面性を深めています。人は何かを思いつめているとき、道端の花や、鳥の声に引き付けられることもありますが、極限状態ともなると、感受性が鋭くなり、人は自然界に対し、木も広い意味で人と同じ生命体であることに気づき、木と一体感を感じ、自然界に同化するものと考えられますが、彼女はマロニエの木から何を感じたのでしょうか。苛酷な極限状態ですら自然界の中ではちっぽけなものと感じるようになるのでしょうか。いや、そんな単純なことではないでしょう。

 

彼女は「木はこういうんです。わたしはここにいるよ、… わたしは命、永遠の命だって…」と答えており、彼女はマロニエの木に彼女の守護者を見出したのだと思われます。マロニエの木は、彼女の守護者となり、ひとりぼっちのわたしの傍にいて安心感を与える存在となっています。また、彼女は、マロニエの木から、いのちのぬくもりを感じていたのだと思います。このマロニエの木の存在は、彼女の感情や芯の部分を護ってくれていたのでしょう。さらに、強制収容所でひどい目にあった現実を直視することはあまりに辛いので、彼女は、マロニエの木に対してたくさんの理想を投影していたのかもしれません。マロニエの木の励ます声は、彼女の生きる意味や希望となり、内面性を深めることに繋がったので、残酷な運命にすら感謝したのだと思います。