トラウマ地獄の最下層

▶世界の三層構造

 

下界は、生き地獄の世界。

中層は、人間が実際に生きる世界、社交的な世界。

上界は、神々しい光に溢れていて、世界を管理しています。

 

ネパールのある民族のあいだでは、シャーマニズムの典型的な元型が見られます。シャーマニズムの起源は、シベリアにあるといわれ、脱魂型のシャーマニズムが主流ですが、シャーマンの魂を外界に飛ばして、いろんな人の魂や精霊たちとコンタクトして、病を治していきます。

 

死者が出た場合は、シャーマンが太鼓を叩きながら、死者の魂を上界へと送り届けます。ヒマラヤのエベレストを超えて、魂が旅をしていきます。上界は、先祖の世界に繋がって、最上界に繋がります。死んだ人の魂を天国に連れて行きます。一方、地獄の世界にも連れて行きます。

 

▶トラウマの内なる世界の階層

 

先には、シャーマニズムの世界で、天国と地獄の二つの世界があることを見てきましたが、この両極の世界は、トラウマを負った人の内側にも存在するものです。トラウマを負った人は、危険を察知したときに、自分の身体から離れて、この現実世界とも遮断されます。トラウマの内なる世界では、最上層、中階層、最下層の3つの世界の層があります。最上層では、自分の存在を管理している人格がいます。管理している人格が、体の動かし方や生きていくにはどうしたらよいかを指令します。中階層は、恐怖に打たれ弱いものの、日常をあたかも正常かのように過ごす人格です。日常生活を営む現場で、他者と関係を結んでいきます。最下層は、トラウマそのものを表すような世界で、シャーンドル・フェレンツィは、「内容も意識もない切り離された感情の塊としてのその苦悩そのもの」と述べています。ここは絶望と混乱の複雑な感情が渦巻いています。

 

▶最下層の二人組

 

最下層にいる住人は、自分で自分をコントロールできないような怒りを持ち、この世の全てを憎んで、復讐を望んだために、頑丈に鍵のかかった牢屋に隔離されている部分と、恐怖に震えて、凍りついて動けなくなり、胸の痛みですすり泣いている部分があります。言い換えると、最下層にいる住人は、この世を恨んで怒りの感情に支配される鬼と、世の悪を背負わされる痛みで泣く子どもが住んでいます。この二人組は地獄の最下層で、迫害者/悪い子のペアになります。

 

▶最下層の化け物

 

暗い穴から這い上がろうとしており、表の世界に現れると、とぐろを巻く蛇のような姿で、目をギョロギョロさせ、周囲を警戒しています。飛び掛かるような激しい攻撃性を持ち、目を大きく見開き、歯をギシギシさせ、拳に力が入り、興奮しています。爪を立て地面をかきむしり、舌を出し、気持ち悪い声、唸り声を出します。脳幹や大脳辺縁系の爬虫類脳に支配されている部分で、統制の効かない怒りや反撃性が特徴になります。この部分は、竜巻に巻き込まれてしまうような絶望的な状態の中にあっても、活路を見い出そうと、激しく暴れて、自暴自棄な行動を取ります。

 

▶日常を過ごす部分

 

体の中にこのような怪物がいて、さらに、外の世界には、自分に危害を加えてくる人物がいるために、複雑にトラウマがある人は、うなだれた肩、前かがみの姿勢、心臓の鼓動が遅く、手足に力が入らず、目が死んで一点を見つめていて、無表情になっていくかもしれません。そして、生きている実感がなく、生きているか、死んでいるかも分からなくなり、実存の虚無で空っぽの体になります。

 

この3つの分裂した自己がせめぎ合うなかで、あたかも正常かのように日常生活を送らなければなりません。彼らは、生と死がせめぎ合うなかで、もう死んでしまうということを決断するか、もしくはこの3つが許し合って生きていくことを決断するか、という選択に迫られることになります。

 

▶HOME ▶ネット予約 ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ