現実世界と空想世界


発達早期にトラウマを負っていて、物心がついた頃から、周りを警戒して、家庭や社会に自分の居場所がなく、生きるのが辛い人は、夢心地の内なる世界に住むようになります。トラウマを負った人のなかには、人と仲良くなることが難しく、他人がすべて敵のように感じたり、恐怖により、身動きが取れなくなった状態を恐れています。日常では、ストレスを感じると、落ち着きがなくなり、じっとしていることが苦手で、動悸がする、息苦しい、モヤモヤする、イライラしやすいです。その一方で、解離傾向がある人は、ストレスを感じても、その場にじっとしていることが多く、意識がぼーっとしたり、朦朧としたり、固まって動けなくなります。このような人は、イライラする気持ちや痛みに凍りつく身体を切り離し、心は楽なほうに行って、ぼーっとして時間だけが過ぎることが常態化し、半分眠ったように生きていくようになり、その場合に向こう側の空想世界を作り出すことになります。

 

解離傾向が高い人は、肉体を失くすことで行ける夢の世界があり、現実世界は、濃い霧のなかでぼんやりと思い出すだけで、「心の内なる世界」、別の言い方では「向こう側の世界」に住んでいることがあります。彼らは、子どもの頃から、心の内なる世界、もしくは向こう側の世界と現実世界の間を行き来していて、大人になったときに、過去を思い出そうとしても、ほとんど覚えていないかもしれません。ここでは、幼少期にトラウマを負った人が、いかに空想に溢れた内なる世界を作っていくのかを見ていきたいと思います。

 

子どもの頃から、心の内なる世界(=向こう側の世界)にいる人は、自分の頭の中の考えやイメージを使って、広大な空想の繭の中で成長していきます。現実世界で生活することはとても辛いことであり、親から虐待されたり、学校で虐められたりして、自分の思うように振る舞うことができませんした。フラストレーションが一定のラインを超えると、心の防衛は破られて、現実世界に疲弊します。しかし、これ以上自分に負担をかけたくないので、無意識のうちに現実逃避に走り、自分を空想の繭の中に包み込んで、外敵が一切入ってこないようにして自分を守ります。境界線をしっかり張り、自分を空想の繭で守ってもらいながら、精神的負担を減らし、日常生活の困難を乗り越えます。身体(身代わりになった自分)は、現実世界にいるけども、向こう側の世界を、自分の頭の中で思い描き、美しくも儚げで孤立した空想世界が広がります。

 

傷つきやすく、感じやすい子どもにとって、あまりに辛い日々のなかで、ただ怯えるしかない場合は、苦痛な感覚や感情を感じなくさせて、自分の心を安定させるために、向こう側の世界が必要です。空想の繭の中では、守護天使の創造した培養液の中に浸ります。現実の両親ではなく、上位の存在(神)に愛されてきた子どもは、感受性が豊かで、素直で、善悪を見抜けずに、無垢な存在です。上位の存在(神)に選ばれた者は、もはや人間の形で無くなり、永遠の命が与えられて、年を取らなくなります。

 

向こう側の世界は、大きな意味で何もない世界ですが、そこに詩的、神話的で、原始的な心理の世界が湧き起こります。多くの場合は、内なる世界に様々な登場人物がいて、それと心通わせて、それが段々と生きたものになってきます。それらの対象は、患者が今まで生きてきたなかで見た神話、詩、映画、芸術、文学、アニメに出てきた人物や動物を、自分の内なる世界の登場人物として重ね合わせます。自分の好きなものを集めて、それに囲まれることで、現実の苦痛から逃れて、自身の心の安心感を確保します。人によって、現実世界のピンチに直面した時は、内なる世界の登場人物に助けられる経験をしていくかもしれません。段々と内側の存在が、存在感を増していって、その人自身のアイデンティティになり、自分のお守りや神様のようになっていきます。

 

彼らが、大人になる過程において、向こう側の世界から現実世界に戻ろうとしても、様々なことが怖くなります。彼らは、向こう側の世界でほとんど生きてきたために、現実世界に戻ってきても、ほとんどのことが分かりません。向こう側の世界にいた時間分だけ、現実世界の人間関係や記憶を覚えていなくて、現在の状況を把握できません。現実世界に戻って、外を出歩いても、自分の知らない人(同級生、同僚)が、親しげに話かけてくるので、どう振る舞えばいいか分かりません。また、彼らには、現実感というものが乏しいので、感覚や感情というものがよく分かりません。さらに、世間一般の言う普通の感覚が分からなくて、今まで現実世界だと思ってきたことが全く違ったので混乱します。彼らは、普通に振る舞えないために、外を出ることが怖くなり、家に引きこもるようになります。

 

たとえ現実世界に戻れたとしても、彼らにとっては茨の道になり、自分では対処できないことが起きるのが怖くて、肩を上げ、目に力が入り、気を張って生きています。全身はトラウマティックな状態に置かれており、背中はバキバキ固まっていて、あちこちに痛みがあるかもしれません。また、ストレスに対して、すぐに凍りつき、身体が捻じれていき、様々な身体症状が出ます。彼らは、日常を何事もなくて穏やかに暮らすことを望んでいて、お互いの事を理解して、何でも物事を共有できる人を欲しています。そして、現実ではありえないような永遠に安心できる場所を求めて、完全な理想形を思い描き続けます。そのような妄想の世界のなかに生きており、現実世界のなかで物事を理想通りに進まないことに直面したとき、この世界に絶望して、元気を失くし、再び、向こうの世界に戻ろうとする傾向があります。

 

現実世界に関心を持てなくて悩みますが、最終的に、トラウマを負った人は、この現実世界に小さな幸せや大きな喜びを見い出していきます。一方で、向こう側の世界とは、現実世界に戻った今でも一人で引きこもりたいという世界で在り続けます。ふとした瞬間に、向こう側の世界のことを思うと、柔らかな風を感じて、夢心地の世界が故郷のように感じられます。

 

トラウマケアこころのえ相談室

更新:2020-05-28

論考 井上陽平

 

▶HOME 

▶ネット予約 

▶電話カウンセリング 

▶お問い合わせ

現実と空想世界に行き来する人の関連記事