震えによるトラウマの解放

▶震えによるトラウマの解放

 

トラウマ治療では、凍りついたトラウマの中核に迫って、痛みや疼き、気持ち悪さなどの不快な感覚を乗り越え、身体を震わし、エネルギーを放出させます。複雑なトラウマを抱えている人は、身体が麻痺していて、身体の反応が鈍く、エネルギーがロックされています。また、人前で震えることを恥ずかしいと思っていることが多く、震えや揺れを自らで止めて、自然回復を妨げています。震えや揺れ、熱、寒気、鳥肌、ピリピリした痛み、電気が走る感じ、くすぐったさなどは、神経から莫大なエネルギーが放出されて、動き始めるときなので、興味を持って探索していったほうがいるので良いでしょう。日常生活で、このように身体が震える人は、回復していく可能性が高く、震わしてエネルギーを放出した後は、自分を安心させて無理のない生活を心がけましょう。

 

凍りついたトラウマを解放するためには、恐怖に向き合うことが手っ取り早い方法ですが、複雑なトラウマを抱えている人ほど、恐怖に向き合うことが恐ろしく、すぐに頭が混乱して、記憶が無茶苦茶になります。ですから、恐怖に向き合うこと自体がそもそも難しく、悪影響が出てしまうために、まずは自分の身体の感覚に注意を向けながら、リズムを取って、楽しく進めていくのが良いと思います。

 

自分の身体の中を見ていくと、最初は痛みや凝り、不快な感覚に注意が向く人が多いと思います。そのような感覚がどのようなものなのか、どのように変化していくのか、感覚を追いかけてきます。そして、痛みなどの不快な感覚も、その部分に意識を向けて、踏ん張ることができたら、時間とともに消えていくことを体験してもらいます。

 

自分の身体の感覚に馴染み始めたら、より深く内部の方まで探索していきます。特に、目や口、肩などの身体のパーツを動かしながら、身体の怠さや違和感が表面化させます。痛みや不快感を追体験していくと、震えや揺れ、熱、くすぐったい感じなどが出てきます。その震えや揺れがさらに大きな震えになっていくと、身体はガクガクブルブルと震えて、熱くなり、汗が出てきます。このようにして、凍りついたトラウマを内側から少しずつ解きほぐすと、呼吸がしやすくなり、少しリラックスできます。

 

▶凍りつきと苦悩の炎

 

複雑にトラウマを抱えている人は、表面上は、あたかも正常かのようにして日常生活を過ごしています。彼らは、環境側のストレスにより、人格が崩壊していかないように、生体機能のリズムを調整して、活動可能な領域を残しています。一方、日常生活から切り離された部分は、精神的苦悩や肉体的苦痛に耐えており、災難が降りかかる度に、苦悩の炎が灯ります。

 

恐怖に向き合っても圧倒されない場合は、恐怖に向き合って、身体をガクガクブルブルと震わし、熱くさせます。トラウマのホットスポットは、マグマのように熱く、爆発しそうになり、気を失いそうになりますが、耐え忍びます。耐えることで、身体の内側から燃え盛るエネルギーが震えや汗、涙、鼻水とともに出ていきます。身体が震えて、力が抜けていくとき、はじめは怖いように感じるかもしれませんが、エネルギーを解放させると、身体の力は抜け、顔はすっきりして、目が開き、声が変わり、全体が軽くなり、心地良い状態になります。

 

このようにトラウマを解消するには、身体の感覚に注意を向け、筋肉や脊髄、目や鼻、口、耳、顎、扁桃体などに滞るエネルギーを放出します。エネルギーを放出する方法としては、恐怖に向き合うか、不快な感覚を追体験するか、目や口、肩、腕を動かして身体を見ていくかになります。そして、心地良い音やリズム、匂いを使って、震えや揺れ、熱を引き起こし、全体まで波及させていくと効果が出ます。 

 

▶身体を震わした後は

 

身体の中の莫大なエネルギーから解放されると、感覚過敏の症状から抜け出して、今まで怖かったものが怖くなくなっていきます。日常でも、身体に滞ったエネルギーを解放させ、神経の痛みを取り除いていくと、何も考えない時間が増えて、気持ち良く過ごせるようになり、身体が軽くなります。また、相手のネガティブな感情がそのまま入ってくることが少なくなり、自分の怒りに振り回されたり、そんな自分を責めたりすることが減ります。凍りつきが取れて、神経の働きが変わると、心臓の働きが回復していき、心拍や血圧が戻り、手足の筋肉が使えるようになり、姿勢が良くなります。また日常では、物忘れが減り、鬱や希死念慮、頭痛、肩こりが治まってきます。

 

▶HOME 

▶ネット予約 

▶電話カウンセリング 

▶トラウマの回復の流れ

▶カウンセリングの効果

▶トラウマのボディ変容アプローチ

▶身体に閉じ込めたトラウマ

▶トラウマのダークサイド

▶お問い合わせ