精神力動的アセスメント

心理アセスメントしていく内容

 

あなたに合った方法を模索するため、お話を丁寧にうかがい、心理的、環境的、生物学的、発達的、文化的背景をしっかりアセスメントします。トラウマの見立てるには、トラウマを負った人の主観的世界がどのようなプロセス(原因)で起きているのか、この世界の豊かさと過酷さを使って説明していきます。アセスメントしていく内容としては、以下の点を重視して行います。

 

・心的な力と力の葛藤がくりひろげるダイナミズムを見ていく精神力動

・養育者(多くは母親)との相互的なやりとりの形成における愛着

・生得的な気質・特性を理解する遺伝要因

・環境要因によって形成される性格傾向

・子どもから大人になるまでの発達的変化

・トラウマティックなストレスによる脳や神経系の変化

・トラウマによる身体記憶

・人と人の今ここでのコミュニケーションをはかる対人関係

・人間の行動のモチベーションとなる欲動

・傷つくことから引きこもる外傷防衛

・思い込みやこだわりによる認知の歪み

・自己イメージと他者イメージ

・ストレス耐性と統制能力の資質

・感情のコントロール能力と自己調整機能

・情報処理の仕方

・様々な身体症状

・個人と社会や文化の相互作用を見る社会学的視点

・神と人間の間の内的な象徴空間を見ていくスピリチュアル

・現在の環境と家族背景

・生育歴と主要な喪失と外傷の歴史

・現在のストレスとサポート資源

 

心理アセスメントの他に、現在の身体症状や癖、仕草なども見ます。体のあらゆる部位を見回して、自分の中に体がどの程度存在しているのか。また、内臓感覚や筋肉のはり、皮膚感覚にどのような感覚があるのか。それは緊張しているのか、リラックスしているのか。緊張がだんだんと強まっていくとどうなっていくのかなど。さらに、呼吸数や心拍数を測ったりして、心と体のリズムを確認します。

 

トラウマケアの対象者は・・・

 

・親子関係で苦労した方

・学校でいじめられた方

・社会の中で疎外されている方

・失恋や離婚の危機にある方

・職場の人間関係で悩んでいる方

・大切な人を亡くしてしまった方

・発達障害の傾向があると言われているが、自分ではそう思わない方

・発達障害と言われて治療を受けているが効果が感じられない方

・様々な身体症状で悩まれている方

・家族や社会に搾取されている方

(虐待、ネグレクト、いじめ、犯罪被害、DV、家庭内暴力、事件、事故、自然災害、パワーハラスメント、モラルハラスメント、アカデミックハラスメント、引きこもり、マイノリティーの人などトラウマを抱えることによって悩んでいる方を対象とします。)

 

心理的問題や不適応に陥っている方

 

・不登校、ひきこもり、子育て、仕事

・失恋、離婚、死別

・うつ・不安(パニック障害)

・PTSD、複雑性PTSD

・解離性障害、身体表現性障害、離人性障害

・境界性パーソナリティ障害、愛着障害

・自己愛性パーソナリティ障害

・回避性パーソナリティ障害

・トラウマベースの発達障害(ADHDや自閉スペクトラム症)

・摂食障害(拒食、過食嘔吐)

・自傷行為・自殺企図

・アダルトチルドレン(子ども時代の逆境体験者)

・薬物依存、アルコール依存、物質嗜癖

・ギャンブル依存、買い物依存、セックス依存

・慢性疲労症候群、線維筋痛症、化学物質過敏症

 

費用は一般の方 4000円。学生及び生活困窮者の方 2500円です。通常のカウンセリング料金の相場(5000円~10000円)より安く設定されています。長い時間をかけて、自分のことを見つめて、じっくりと自分を変化させたいという方に効果が期待できます。トラウマケア専門『こころのえ』相談室は、芦屋、西宮、尼崎から、あるいは大阪、宝塚、明石などからも来室していただいているカウンセリングルームです。

 

▶トラウマ支援の特徴 ▶カウンセリングの効果と概要 ▶心理療法について 

▶HOME ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ