他者を見透かす力と錯覚

▶集団への同調性

 

発達早期にトラウマがあり、恐怖や不快な状況に硬直し、古傷が疼く人は、人を見透かす力が育ちます。彼らの体は、トラウマを忘れることができず、心は爆弾を抱えています。痛みに凍りついているため、相手の反応により、身体中に大きな痛みが瞬間的に走ります。そのため、自分の予想の範囲内であれば、何事もなく過ごせるのですが、思わぬことや想定外のことが起きると、驚愕反応が起きて、全身に力が入り、身体中に痛みが走ります。特に、心臓辺りが痛くなり、重くて硬いかたまりのせいで、苦しくなります。この身体の痛みのせいで、彼らは、相手の行動を予測し、自分の思い通りにいかないことや予測できないことに恐怖しています。トラウマを負っている人は、原始的な神経が働いて、自律神経系の調整不全から、身体は敏感に反応して様々な症状が現れます。そのために、人間関係において先読みするようになり、危険を避けて、安全でいたいと思っています。そして、いつもリスクを考えながら、集団に合わせており、相手の言動を予測して、同じような失敗が起きないように注意深く生きています。

 

トラウマを負った体は、サバイバルモードになり、神経を張りつめていきます。生き延びるために、危険を察知しようとして、人の声、話す内容、気配、物音、匂いなど、全てに意識を集中させます。相手が今どこで何をしているのか、次に何をしてくるか予測して、心の準備をしており、相手の心を読み取る力が育ってしまいます。このように日常を送るうえで危険を回避するために、他者の行動や考え、感情を探るようになっていきます。そして、自分という感情や感覚があると様々なことを感じて痛みを感じるために、自分の存在を消して、相手に同調して暮らすほうがより安全であると思います。また、本当の気持ちは辛くて、身体の節々も痛くて、身体はしんどかったりするので、自身の感情や感覚を感じないでいるほうがメリットが大きくなります。

 

▶他者を見透かす力

 

トラウマがある人は、脳のフィルターが故障していたり、心のバリアが無くなっているので、あらゆる情報が頭の中に入ってきて、混乱状態にあります。自分がなぜ被害に遭ったのか、自分がなぜ巻き込まれたのか気になり、過去に起きた出来事を消化できずにいます。一方、予測不能なことに耐えられないので、人間関係に過敏になり、傷つけた相手のことを知ろうしたり、世の中に何が起きているか把握しようとしています。あらゆる情報を調べて集めたり、また、再被害に遭わないようと、情報処理に過剰になっています。何らかの方法で自分を助けようとしますが、その方法が見つからず、混乱しています。

 

このように、他者の行動や気持ちを先読みして、相手のことをある程度把握して理解していると思えることで安心感を得ます。トラウマを負っている人は痛みに凍りついた身体を持つために、感覚や感情を無くして、自分のことが空っぽになります。このように、自分の存在を消すことで、相手を読んだり見透かしたりすることが可能になり、相手に入っていくということを繰り返していきます。自分を消して、相手の行動を見透かすことで日々をサバイバルしようとします。

 

このような状態が、小さい子どもの頃から長年に渡ることで、通常では分からないことまで、自分なりに考えたり、予測したり、推測することができるようになります。そして、そのような予測が現実に当たっているかどうかは実際には分かりえない事であっても、本人は、自分の予測が当たっていると思うようになっていきます。自分が予測したことや思ったことが当たっていると思い込んでいくうちに、他者のことを理解できていると思うようになり、そのため自他の区別がつきにくくなって、他者や様々な状況に対して自分の見解で判断するようになっていきます。

 

そしてトラウマを負って嫌な経験をたくさんしている人は、自分の身に危険がないかどうかを見ています。自分にネガティブな影響を及ぼす可能性を探ります。自分を守るために過剰に警戒し、最悪なことが起きないようにと相手の行動を先読みして、ネガティブな可能性を考えるようになります。物事を先読みしすぎて、それが誤りであることもあることに気づかずに、常に物事が悪い結果をもたらすなどの、悲劇的な結論にジャンプしてしまいます。

 

▶HOME ▶ネット予約 ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ