慢性疲労症候群と線維筋痛症

▶慢性疲労症候群と線維筋痛症

 

この二つの病気は、一般的な検査では異常が見つからなくて、発見や治療が遅れて重症化することがあります。この病気は、生物学的な脆弱さに加えて、トラウマに曝されることで神経の繋がりが繊細な人に見られます。弱い立場の人が、長期に渡って、生活全般のストレスが強い環境にいると、身体は過剰に警戒し、過緊張の状態が続けながら、とても辛い毎日のなかで、我慢を強いられることになります。とても辛い毎日に耐えながら、痛みに凍りついた身体を持つ人は、想定外のことや急なことが起きると、身体が敏感に反応して、パニックになったり、一瞬で固まったりして、動きづらくなります。そして、ネガティブな起きる度に、心臓がナイフを刺されるような痛みを発し、全身で踏ん張ろうとして、首や肩、顎、背中などに力が入ります。そのため、痛みを感じたり、パニックが起きないように、その場が最悪な方向にいかないようにと、神経を張りつめた生活を送るようになり、人の気配や表情、態度、足音、物音、匂い、光、振動などに過敏に反応して、過覚醒状態で、眠ろうとしても眠れなくなります。よりストレスとの戦いが続くと、脳や身体は緊急事態であるかのように判断し、慢性的な誤作動が生じて、脳や脊髄とかに炎症を繰り返し起こします。うつ状態や不眠が続きながらも、苦痛を麻痺させて、自分の身体をだましだまししながら、家庭や学校、職業生活を一生懸命していると、やがてエネルギーが尽きて、半分眠ったような状態で生活を送るようになります。慢性疲労症候群では、患者の約3割は寝たきりかそれに近い状態で介助が必要です。子どもの場合は、学校に登校できなくなり、学習面でのサポートが必要です。線維筋痛症では、ストレスが痛みとして表れ、寝たきりで動けなくなることがあります。どちらの病気も深刻さを理解されず苦しんでいる人がいます。

 

劣悪かつ過酷な環境で育ち、親や社会の要求に応えながら、自分の身体に刻まれた痛みや内臓の不快感、恐ろしい感情を麻痺させ、様々な役割をこなしていくうちに、心は身体から離れていきました。心から切り離された動かしづらい身体を、酷使し続けると、ガチガチに凍りついて、神経が痛む線維筋痛症になる可能性があります。また、心は痛みの身体から離れていくことで、手足の力が抜けてしまって、鉛のように重たい身体を、頭の中で命令して動かします。心が身体から離れると、本当のしんどさや痛みに気づかなくて済むので、頭の中でネガティブなことを考え続けるようになり、エネルギーが消耗して、慢性疲労症候群になる可能性があります。慢性的な凍りつき状態というのは、身体の中に闘争・逃走反応のエネルギーが滞り、過剰な警戒状態で、さまざまな外側の刺激に対して、身体や頭がすごく反応して、心身の機能に不具合が起こりやすくなります。身体の生理的反応(ピリピリ、痺れ、不快感、痛み、重さ、怠さ、動悸、震え、痙攣、熱、冷え、血の気が引くなど)が外界の刺激によってもたらせたと思い込むようになると、不快な刺激が段々と増えていきます。不快な刺激に対して、身体が過敏に反応し、より警戒心が高まり、硬直や凍りつき、擬死状態が無意識下で持続すると、慢性疾患になります。一方、あまりにしんどい毎日の繰り返しで、日常生活の疲労が強くなると、リンパ腺の腫れ、喉の腫れ、頭痛、関節痛、筋肉低下が起きます。エネルギーが枯渇していくと、心臓の動きや手足の動きが鈍くなり、思考力・集中力が低下して、イメージも難しくなり、うまく言葉にできなくなります。そして、無表情、無気力、無口、物忘れが多くなります。一般的に、慢性疲労症候群と線維筋痛症の合併率が高く、そこに化学物質過敏症やシックハウス症候群、電磁波過敏症、過敏性腸症候群、顎関節症、間質性膀胱炎、片頭痛なども重なると、過敏性の高さから、生活空間の全体が極度のストレスになり、周りの人の手伝いが必要になります。まともに都市型の生活が出来なくなり、精神的にも肉体的にも限界に達して、家族の協力がない場合は、とても苦しい状況に追い込まれます。

 

日常では、身体が過緊張で凍りつくか、力が入らず脱力しています。頭の中は、嫌なことが忘れられずに、思い出されてしまって、強迫観念のように考えがグルグル回ります。身体は痛いか、重くて怠い状態で、脳は休まらず、不眠が続くと、頭も働くなり、疲労、倦怠感で限界に達していきます。そして、心身の限界を超えてまで、無理をしていると、半分眠ったような状態で生きるようになり、集中力は途切れ、食べることや料理すること、お風呂に入ること、洗濯することなど家事が出来なくなります。病院に通院するのもきつく、周囲が無理解だと、心も体もボロボロになり、外に出ることがやっとの人もいます。慢性疲労症候群は、診療体制があまりないような状態です。線維筋痛症は、家族や職場など、周囲から痛みが理解されない病気です。そのため、怠けているとか演技とか言われてしまい、周囲の人の無理解により、孤立していくことが多いと言われています。

 

▶慢性疲労症候群と線維筋痛症の原因

 

虐待による幼い頃に降り積もった痛み、性暴力被害の痛み、医療処置の失敗による痛ましい痛みは、身体に埋め込まれて、線維筋痛症や慢性疲労症候群になることがあります。身体の中の痛みは生き延びようとしていて、他の地球上の存在のものと同じようにその人の神経に滞っています。そのままにしておくと痛みは成長していき、本来の穏やかな自分にとってかわって、痛みそのものが自分になって寄生されます。別の言い方では、身体の痛みに苦しむほど、眠れなくて、疲労していき、痛みがさらに身体をギュッと締めつけるので、より痛みや疲労が増していくというネガティブな結果になり、その悪循環から抜け出せなくなります。そして、身体と仲良くなることが不可能になり、痛みで縮こまった身体を動かしたり、刺激を与えても、さらに痛みを増してしまう結果になり、動かさずに固まったまま生きていくことになります。また、身体に意識を向けようとしても、痛みばかりで、身体が敵になります。本来は、自分の身体に意識を向けると、自然治癒力が発揮されますが、慢性疼痛の人は、身体に意識を向けると痛みや不快感がどうしても拭い去れず、自然治癒力が枯渇していきます。身体の中のエネルギーが枯渇すると、疲労が強くなり、もの凄く眠くなって、物事に集中出来なくなります。何かをしようとしても。すぐにぼーっと1点を見つめるだけになって、様々な刺激に反応出来ずに、動けなくなります。

 

一般的な原因として、遺伝要因で見ると、神経の発達上の障害があるかもしれません。環境要因で見ると、虐待、ネグレクト、DV、性被害、自然災害、医療トラウマ、母胎内トラウマ、事件、事故、感染以外にも、生活全般のストレス要因が多いと思われます。本当の原因は不明ですが、いくつかの難しい要因が複雑に絡み合っていると考えられます。生まれ持って神経が脆弱なところに、生命の危機に直面して、脅かされるような出来事を体験をしてしまうと、痛みや恐怖で基本となる神経の発達が阻害されます。そして、小さな出来事に対しても、過敏に反応して、常に警戒した状態をとり、過剰な覚醒や凍りつき、離人、極度に脱力した状態で生きるようになります。また、長期に渡って、過酷すぎる逆境のなかで留まり続けると、全身が硬直して、固まってしまって、それでもなお動こうとすると、慢性疲労や慢性疼痛などの原因不明の身体症状を引き起こします。

 

彼らは、教育熱心な厳しい親に育てられ、学校の勉強や部活に忙しく、家では緊張を強いられ、とてつもない苦労をしてきました。性格は完璧主義で頑張り屋さんで自責感の強い人に多いです。子どもの頃から、両親の仲が悪かったり、親に気を使うような家のなかでどこにも安全な場所がありませんでした。長期に渡って、安心して落ち着けるような心の拠り所がないところで育ち、自分を否定し、何か悪い事が起こるだろうとネガティブな見方をしてきました。いつも最悪なことを考えていたほうが、予期せぬ出来事や急な出来事に対応できて、致命傷を負わないで済むと考えていました。警戒心が強く、人の顔色や気配、足音、物音、匂い、光を敏感に受け取り、頭や顎、首、肩、胸、背中を緊張させてきました。また、自律神経系や免疫系の調整不全から、身体のほうが弱くて、喘息気味だったり、よく怪我をしたり、呼吸数、心拍数が少なかったり、血圧が低くて、めまいやふらつきが起きたり、体調が良くありませんでした。通常の人よりも、頭と身体の協応動作が取りづらく、処理速度が遅くなって、作業に時間がかかりました。今では、身体のあちこちの部位が痛みや痺れ、硬直、震えがあり、酷くなると、不安から苛立ちますが、それを抑えるしかありません。ベッセル・ヴァン・デア・コークの「身体はトラウマを記憶する」から、長期にわたって怒ったりおびえたりしていると、筋肉が常に緊張状態になるために、いずれ痙攣や背中の痛み、偏頭痛、線維筋痛症といった、何らかの慢性疼痛の症状がでると述べています。

 

▶トラウマの要因としては、

 

線維筋痛症と慢性疲労症候群は、女性に多い病気で、慢性的なトラウマから生き残り、虐待などの加害者に対して、常に身体を凍りつかせて、警戒した状態で過ごしてきました。何度もトラウマに曝されて、散々な目に遭わされると、脳のフィルターが全開になり、心のバリアが失われて、不快な刺激に圧倒されやすくなります。最初のうちは、ストレスと戦うためにコルチゾールを過剰に放出し、身体内部は大量のストレスホルモンが分泌されて、神経は過敏に反応し、光や音、匂い、化学物質などの刺激に痛みます。しかし、逃げ場が無く、八方塞がりな状況からも抜け出せなく、激しい怒りなどの過覚醒(闘争・逃走反応)の身体の反応を抑えていくうちに、自律神経系の調整不全に陥り、原因不明の身体症状に苦しみます。そして、生活全般のストレスや緊張が長く続くと、心身の限界を超えてしまって、凍りつきや離人、極度の脱力状態になり、慢性的に死んだように生きるようになります。慢性的なストレスに耐えられなくなると、コルチゾールは低下して、ストレスに弱くなり、神経系、免疫系、内分泌系に異常がおきます。コルチゾールが切れると、ストレスと戦うためのエネルギーが枯渇するようになり、脳や内臓、皮膚など炎症を起こして、副腎疲労になります。そして、朝を迎えてもベッドから起き上がれないとか、半分眠ったように生きているなど、日常生活が難しくなるほどの慢性的な疲労感を抱えるようになります。さらに、HPA系の機能調節異常により、自分の身体の弱い部分から爆発していき、症状化していくリスクが非常に高まります。

 

発達早期にトラウマを負い、原始的な背側迷走神経の作用にはまり込んでいる人は、予期せぬ出来事が起きて、致命傷を負い、身体が崩れていかないようにと常に気を張って生活しています。脳と身体を繋ぐ首の部分や肩、胸、背中は硬くなり、手足は脱力しているので、身体が鉛のように重かったり、怠かったりします。肩や腕は、いつも首や頭の周りを無意識のうちに守ろうとして緊張しています。また、背側迷走神経が働く首から背中の部分は、縮まり、強い痛みを発し、猫背になるか、ストレートネックになります。日常場面では、原始的な背側迷走神経が働かないように強い刺激や苦手な刺激を避けたり、気配や人の言動に怯えて生活しています。また、危険を回避すればするほど、恐怖心は増大していって、常に身体が過緊張や凍りついた状態になり、呼吸がしづらく、心拍数や血圧も下がります。身体の痛みは、人の悪意やストレスに強く反応するので、常に相手の顔色を伺いながら、先読みして、頭の中で熟考しています。しかし、さらに委縮させられそうになると、怒りなどの強い感情で反応するしかなく、相手のことを柔軟に受け止めることができません。頭の中は混乱しやすく、身体の中にモヤモヤ、ソワソワ、ムズムズが出ると、その場にいられなくなって、動きたくなります。そのまま動けずにいると、何をしているのか、どうしてここにいるのかなど分からなくなります。日常生活では、嫌なことが起こると、胸や背中が痛み、全身で踏ん張ろうとして、奥歯を噛みしめています。手足は冷え切った状態で、痛みの身体を麻痺させ、無理やり動いているうちに、慢性疼痛になります。別の言い方では、身体をリラックスする方法を知らずに生きており、人間本来の拡張と収縮のメカニズムが機能していないので、痛みの身体になるか、痛みに麻痺して半分眠ったような状態になります。

 

身体の痛みや疲労感、不快な感情が強くなると、生活全般をやり過ごすことが出来なくなるので、身体を切り離したり、凍りつかせたりして、頭の中で生活している人が多くいます。それらの人々は、解離症状や離人症、失感情症などの経過を辿ります。解離症状や離人症があると、身体のしんどさ、痛み、不快さ、辛すぎる気持ちに気づかなくて済む利点があります。心を身体から切り離すと、本当はしんどくて、痛みがあるのに、その感覚に気づかずにいられるので、過去の失敗や後悔、辛かったことを延々と考え続けられます。また、身体のしんどさに気づかないでいるメリットは、仕事を無理することが出来たり、身勝手な相手の要求に応えたりが可能になります。このように劣悪な環境のなかでは、自分が何を感じているのか分からないほうが楽だし、自分の気持ちを分からなくすることで、生活全般の困難をやり過ごします。しかし、本当の部分は、辛かったり、しんどかったりします。長期に渡って、無意識下で身体を麻痺させて、凍りついた首や肩、胸、背中の部分と、脱力した手足で生活していると、疲労しきった身体か、痛みだらけの身体になるという危険があります。そして、心と身体の結びつきが弱まり、本能的行動(快を求めての行動や闘争・逃走反応)の逆の行動を取り続けると、身体の方が悲鳴をあげていって、慢性疾患に罹ります。

 

▶治療方針

 

身体の痛みから、地獄のような苦しみのなかで生きていて、不眠や過眠、重い鬱状態にあります。まずは、薬物療法で胃腸の炎症を抑えたり、身体の痛みをケアする方法が有効です。また、身の回りの人たちの理解を深めて、安心・安全な環境作りが欠かせません。カウンセリングでは、天国のようなイメージを思い浮かべて身体の感覚の変化を見ていきます。天国のように美しく、安心できて、自分に望ましいイメージを心で思い描きながら、身体の安全な場所を発掘します。自分の頭や身体に意識(脳の機能)を向けると、その部分が活性化するので、少しずつ痛みはケアされていきます。このようなセッションを繰り返し行って、自分の身体の内臓、筋肉、皮膚などの感覚を取り戻して、自分の身体と仲良くなることを目指します。また、無理のない生活環境を一緒に考えて、家の中ではリクライニングチェアで全身を休ませる練習など、安心できる体験を獲得しくことを目指します。神経の働きとしては、背側迷走神経が働かないように、体質の改善をはかり、物事を見方を変えていきます。頭や身体のほうは、無意識化の凍りついた部分に気づいてもらって、ゆっくり動かし、緩ましていきながら、痛みを見ていきます。動かしたり、触れたり、揉んだりして、その身体の部位に意識を向けながら、痛みを緩和し、胸や背中、喉にある大きな塊のようなものを小さくします。また、手足などの脱力した部分に気づくことで、再び力を取り戻していきます。そして、身体と心のバランスを計れるようにして、リラックスした状態で過ごせるように身体ワークに取り組んでもらいます。

 

痛みの身体を持っている人は、常に身体が冷たく固くなっているので、自分の身体の感覚が分からなくなっていることがあります。また、頭のほうも固まっている場合には、イメージや情景を思い浮かべることが難しかったりします。このように頭のイメージと身体の感覚を繋ぐ神経の働きを鈍くさせることで、なんとか正常な自分を保とうとしていることがあります。そのため、イメージしても全く身体が反応しない人やすぐに集中力が途切れてしまう人、怖いイメージを思い起こしたくない人には、身体志向アプローチが向いていないか、どうしても時間がかかってしまいます。

 

慢性疲労症候群の人は、頭に意識を受けると、頭の中が固まり、真っ白になっていきます。身体のほうは、ムズムズ、ウズウズしてくるかもしれません。頭はズキズキするような痛みの後、熱くなり、ピリピリとした波を感じるようになります。熱い波を感じていると、次第にフワッと軽くなり、頭の霧(ブレイン・フォグ)がはれていきます。

 

脳に意識を向けると、中枢神経の束は、身体と繋がっているので、身体に様々な変化出てきます。脳に意識を向けると、そのまま身体が温かくなり、神経システムが平衡状態になる人もいます。一方で、身体の痛みが疼いて、その中心から固まり凍りつきます。凍りついた部分とは別に手足が脱力していくこともあります。見えない敵や自分がどうなるか分からない不安のせいで、身体の方は混乱していきます。一人では、瞑想を続けていくことが難しくなりますが、セラピーでは、セラピストを支えにすることができるので、自分の身体の変化を追跡していきます。最終的には、身体に温かさが戻り、軽さや居心地よさに変わります。

 

治療の中核となるセッションでは、嫌なイメージを思い浮かべて、トラウマ体験時の不動状態を作ります。その不動状態に意識を向けると、人間本来に備わっている自然治癒力を利用して、解放や浄化していきます。収縮した身体に対しては、拡張させる方向に持っていき、脱力した身体に対しては、収縮させる方向に持っていきます。自然治癒力を引き出すには、恐怖を思い起こして、身体を固まり凍りつかせて、不動状態に入ってもらうか、絶望を思い起こして、身体を脱力させることで、不動状態に入ってもらいます。不動状態を意識的に探索していくと、がちがちに固まっていたものが広がり、凍結していたエネルギーが満ち満ちと溢れて、身体の中を流れるようになります。しかし、慢性化したトラウマの影響により、極限に縮こまりすぎた身体を持つ人は、恐怖に立ち向かって、不動状態に入っていくことを怖がります。不動状態から脅威を感じ取ると、全身が痛みを感じるか、バラバラになるか、捻じれるか、機能停止させられて、恐ろしい思いをするかもしれません。また、不動状態から、自然治癒力を引き出されると、がちがちに固まっていたものが広がるため、急激な反応が起こることを恐れます。全身がブルブルと震え、熱くなり、拡張していく、この過程で自分の身体がどうなっていくのか分からない恐怖があります。ですから、時間をかけながら、自分の身体を観察したり、固い部分に注意を向けたり、意識的に探索したり、頭の中で心地良いイメージを深めたりを、交互に行いながら、少しずつ進めていくほうが良いでしょう。

 

▶HOME ▶ネット予約 ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ