うつ病と双極性障害

▶うつ病と双極性障害

 

うつ病になりやすい人は、トラウマや発達障害などを抱えている場合が多く、神経が繊細な人が罹ります。真面目な性格で、過緊張で生活している人が、八方塞がりな状況に陥ると、ガチガチに固まり、逃げ場が無くなり、跳ね返す力が失われて、うつになります。うつ状態の人は、特に、頭や首、肩、背中がガチガチになり、交感神経のエネルギーが消耗して、原始的な神経(背側迷走神経)の支配下にあり、頭と体の繋がりが悪く、血液の循環が良くなく、過去の罪悪感などが頭から離れなくなり、自分を責め続けて、不眠になります。

  

うつ状態というのは、今まで張り詰めていた糸が切れてしまって、体の中に重いなまりのようなものが残り、ずしっと重たいものに支配されています。体はしんどくて、異常な状態にあり、生活全般に支障をきたすので、体を麻痺させるか、頭が体を切り離して、頭の中の妄想世界を生きるようになります。頭と体が離れている状態は、トラウマティックな緊急事態なので、頭の中を過去の嫌なことがグルグル回るようになります。そして、ネガティブだらけになって、体が沈みこんでしんどくなります。

 

また、うつの人の特徴として、頭の中はネガティブなことだらけで、細かいことまで気にしたり、自分の過去にとった行動に後悔したりして、それらが頭から離れず、自分を責め続けて、苦しんでいます。その考えから逃げ道がなく、苦しみが堂々巡りで、自分がどこにいっているか分からなくて、先が見えない不安のなかで、歩いていかないといけません。体は動きたくなく 寂しい、悲しい、苦しいという感情に支配され、気が狂いそうな妄想をして、どうしようもない地獄の中にいます。ただ、悲しみや怒りよりも、心がポカンと空いていって、自分の存在を全否定して、不安や寂しさ、孤立感があります。うつがあると、ネガティブに物事を捉え、また悪いことが起こるだろうと常に身構えています。また、壁にぶち当たって、壊れていって、自暴自棄な行動を取ることがあります。 

 

このようなうつの状態と、全く逆の躁の状態を繰り返す人がいます。躁状態というのは、八方塞りな状態から抜け出し後に起こります。人生の様々な障害を乗り越えようとしており、交感神経系が優位で、外側の刺激に過敏になり、すぐ身体が反応するために、思考や行動が活発に働きます。思考過多から突発的な行動を取ります。躁鬱病(双極性障害)の人は、心の問題というよりも、生物学や神経学的な問題が大きく、脳と体が異常な状態にあります。双極性障害は、躁状態または軽躁状態とうつ状態と反復する精神疾患で、気分障害の一つになります。

 

躁状態にある人は燃えたぎる森のような環境の中でも、衝動的な感覚でとことんまで進んでしまいます。火が燃えたぎっていても、そこに入らずには気が済まなくなります。たとえ、嵐で体が真っ二つになろうが、雷が落ちて、全身が黒焦げになろうが、自分がどうしようもない状態でも突進していきます。うつから躁状態になった時は、自分の行動や感情をコントロール出来なくなり、リスクを考えずに無計画に行動してしまう人がいます。また、調子に乗って、無防備な状態で突き進んでいくと、外でややこしいことを起こしてしまって、物事がうまくいかなくなり、うつに戻ることがあります。躁状態というのは、トラウマ理論で言えば、過覚醒モードのことであり、好奇心や野心が強くなり、活発に活動して、頭の中がオーバーヒートすると、シャットダウンが起きて、手足が痺れて、しばらく動けなくなります。

 

▶HOME ▶ネット予約 ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ