心的外傷後の身体反応

▶外傷体験時の身体反応

 

人は生きるか死ぬか、戦うか逃げるか、生命の危機を感じて戦闘状態に入ると、身体に針が刺さったような緊張状態になり、猫が毛を逆だてるような感覚になります。しかし、自分より相手の方が人数が多いとか、自分の身体と比べて、相手の方が大きい強い場合は、必死にもがいても無理な場合には、されるがままに身を委ねるしかなく、何も感じなくなって、襲ってくる痛みに耐え続けるだけになります。

 

危険を感じた人間は、胸から首、頭部にかけて圧迫感を感じ、身体が硬直して、恐怖心から呼吸が止まります。そして、殺すか殺されるかの場面では、顎を下げ、歯を食いしばり、肩は上がり、拳に怒りがこもり、相手の攻撃をガードしようとして、腕や手、足を使って振り払おうと、全身に力が入ります。

 

必死の抵抗しても、危険から逃れることに失敗し、絶望的な状況に直面したときは、身を守るための態勢を取ります。このときは、脳幹が働いており、命の危険に曝されながらも、動くことができず、恐ろしい経験のために、不動状態になります。不動状態のときは、背中を丸めて、腕を抱きしめて、頭を中にいれて、身体が縮まるだけ縮まって固まります。

 

抵抗できない場合は、身動きが取れなくなり、首の神経や血液、リンパの流れが遮断されたようになって、そこを境に身体の上部と下部がばらばらになるような恐怖に襲われます。この時、心臓の鼓動が弱まり、息が吸えなくて、パニックになるか、離人症のようになるか、意識が朦朧とするか、意識が飛ぶかもしれません。

 

一方、動けない状態を耐えていくと、こめかみのあたりが脈を打つ感じが強くなり、頭部や首、肩が重たく感じ、頭痛が始まります。喉元は過敏な状態になるせいもあるのか、腫れた感じがして唾が呑み込みにくくなります。顔全体に圧迫感を感じて、赤みをおびて汗が出始めます。眼は見開くような感じになり、充血し、涙が眼球いっぱいに広がっていきます。とくに恐ろしいと感じるのは、首の圧迫感と胸の痛みで、呼吸は止まり、脳の血流や神経の流れを止められるような感じが恐怖になります。しばらくは身体は反応したままになり症状が残ります。

 

意識を失っていくパニックや解離の感覚としては、胸に硬いものがあって、ずんと苦しくなっていきます。息が吸えなくて、頭の中が真っ白になり、皮膚の感覚が消えて、自分が自分で無くなります。自分が自分で無くなるときは、意識がすぅーと抜けていって、体の感覚が消えて、夢に世界に行きます。これが実際の場面で起きると、胸が苦しくなり、うずくまって、自分の意識が消えて、時間だけが過ぎているか、別の場所に移動しているかもしれません。

 

▶心的外傷後ストレスの身体反応

 

トラウマのショックは、身体がもがき苦しみ、砂嵐のような凄い速さで起こるために、神経系が追いつけなくなります。それ以降は、心に対して、身体の神経系が分離した状態で生活するようになるかもしれません。トラウマによって、身体の神経が繊細になると、過覚醒や凍りつき、虚脱、不随意運動、チック、トゥレット症候群、ひきつけ、痙攣、驚愕反応などの症状が現れます。目や口、耳、顎、首、肩などは、危険を勝手に察知して、ある方向に動こうとします。また、知らず知らずのうちに、呼吸は浅く早く、心臓の鼓動は急に早くなり、不快な気持ちにさせられるかもしれません。また、気持ちの浮き沈みが激しく、憎しみや不安、焦り、苛立ち、テンション高め、麻痺などが沸き起こり、その気持ちを引きずります。

 

子どもの頃から、複雑にトラウマがある人は、人から傷つけられるかもしれないという恐怖があり、ギュッと身体を縮めて、ロックがかかり、その態勢から抜け出せません。常に神経を張りつめた状態で生活を送ると、様々な刺激に過敏に反応して、打たれ弱く、トラウマの悪循環にはまり込みます。身体が慢性的に過緊張や凍りついた状態になれば、のんびりゆっくりする神経が働かずに、原始的な神経の働きのもと、息が浅い、血液の循環が悪い、表情がない、元気がないなど、生きがいがなくなり、生きるのが辛くなります。神経の働きのせいで、身体が凍りつき、全身が収縮に向かうと、心臓や気管支、胸腺が縮まり、免疫機能や内分泌系に異常が出て、体調を崩しやすくなります。一般に見られる心身の不調は、動悸の激しさ、胸の圧迫感、頭痛、眼精疲労、顎の緊張、奥歯の食いしばり、喉のつっかえ、肩こり、便秘、下痢、吐き気、お腹のはり、目の違和感、耳鳴り、めまい、口の渇き、生理不順、身体の痛み、痺れ、冷え、多汗、話しづらい、倦怠感、慢性疲労、不眠、苛立ち、落ち込み、無気力などになります。

 

対人恐怖が強くなると、人が後ろに立つ度に、身体が硬直して、胸が苦しくなり、呼吸がしづらくなります。このような自律神経系の乱れから、自分で自分をコントロールできないことが怖くて、恥ずかしい気持ちになることがあります。嫌われたらどうしようとか、見捨てられたらどうしようと考えて、人に良く思われようと努力する人もいます。過緊張状態が続くことで、落ち着かなくなり、肩が上がって、奥歯を噛みしめるのが習慣になり、顎関節症が悪化します。

 

長年に渡り、過緊張や凍りつき状態が続くと、喉や気管支は委縮して、狭くなり、呼吸はしづらく、唾を呑み込みたくなって、空気を呑み込んでしまいます。唾を呑み込むのが癖になると、空気を飲むのも癖になり、お腹にどんどん空気が溜まり、お腹がはります。胃腸に空気やガスが溜まると、飲み込んだ空気を出そうとして、げっぷやおならが出やすくなり、人前に出ることが恥ずかしくなります。また、背側迷走神経が優位な状態で生活していると、胃腸の活動性が上昇するため、お腹の痛み、胸焼けが起こりやすくなります。

 

慢性化したトラウマの影響は、胸に鈍痛がしたり、身体が鉛のように重くなったりして、心と身体を動かすことが大変になります。最も最悪な状況では、ストレスと戦えなくなり、寝たきり状態になって、身体を起こすのもしんどく、生きながら死んでいる状態になります。

 

▶HOME 

▶身体論

▶現代社会と身体問題

▶極限状態の身体と忘却

▶ネット予約 

▶電話カウンセリング 

▶お問い合わせ