クービック予約システムから予約する
HSP/敏感すぎる人の特徴き

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)は、アメリカの心理学者であるエレイン・N・アーロンの提唱した概念です。生得的な特性として、高度な感覚処理を持つ、人一倍敏感な人という意味です。共通してみられる特徴は、音、光、匂い、人混み等の刺激に対して敏感で、普通の人より強く反応する人のことを言います。HSPの人は、周囲のたくさんのことに気づいて、気が散りやすい傾向があります。進化生物学的に言えば、危険を察知する感覚が他の人より強く、危険な状況に遭遇した時の対処能力が高く、意識が外に向いて、頭の中で過剰な情報処理努力をされていることが特徴になります。一方、小さい頃から、環境側の刺激が強すぎて、身体は過緊張や凍りつき、離人状態になり、身体の痛みや不快な感覚を切り離してきたために、身体が壊れてしまい、精神症状に苦しむかもしれません。

 

HSPという概念は、心地良く、知りたい情報と思われるところがありますが、どちらかというと危機迫るものにより、意識が外に向き、頭の中で生活するようになり、身体は切り離されて、複雑に考えるようになった状態と言えます。この特性を持った人の背後には、PTSDや愛着障害、解離性障害などの幼少期のトラウマや逆境体験、発達障害の傾向、生活全体のストレスからくる過剰同調性という見方もできます。また、生まれ持った特性というよりは、様々な要因(胎児期トラウマ、誕生時トラウマ、早産児や低出生体重児、化学物質の暴露、医療トラウマなど)から、身体にトラウマがあったり、身体が弱かったりして、刺激に敏感になった可能性を考えることができます。

 

HSPには4つの特徴があります。

①深く処理する・・・考え方が複雑で、深く考えてから行動します。

②過剰に刺激を受けやすい(過度な興奮)・・・刺激に敏感で疲れやすい

③感情反応が強く、共感力が高い・・・人の気持ちに振り回されやすく、共感しやすい。

④些細な刺激に対する感受性・・・あらゆる感覚がするどい

 

HSPの人は、生まれ持った感受性の強さと共感力が高いため、その人がどういう人かをエンパシーを感じる特徴があります。人と繋がる際には、人を癒して、まるで天使のように振る舞い、周りの人に敏感に合わせることができます。そして、自分のことよりも、親や友達、先生の気持ちを先回りして読み取り、喜ばせようとすることにエネルギーを使いますが、本人は、どこか自分というものが無くて、好かれようと猫をかぶる自分が嫌だったり、不幸な運命を辿りがちです。

 

一般に、HSPの人は、あらゆる刺激に対して、敏感に察知して、周囲に応えようとするあまりに疲れやすいです。一日を通して、神経が外に向くために、感覚器官に負荷がかかり、情報処理が過剰になるために、無理をすると、エネルギーが切れてしまいます。そして、感覚過敏ゆえに、苦手な刺激に対して、苦痛を感じすぎると、自律神経が乱れて、体調が崩れます。日常生活の中で、苦手なことを続けなければならない場合は、ストレスや緊張が高まり、疲労が蓄積されて、睡眠不足が続き、身体が不調をきたして、症状が複雑化します。さらに、逃げ場がなく、不快すぎる状況が続くと、身体がガチコチに凍りついて、罪悪感や自責感、過去の後悔、未来への不安にとらわれ、うつを患うことも多いです。長期に渡って、感覚過敏やストレス、睡眠不足が続くと、原因不明の身体症状が現れ、慢性疲労症候群、線維筋痛症、化学物質過敏症、電磁波過敏症、解離性障害、慢性疾患になりやすいと言われています。

 

HSPの子どもは、HSCと呼ばれており、親や大人たちが大きすぎる存在に見えて怖くなり、その大人たちに良く思われようと過剰に奉仕し、良い子でいることが自分の方に脅威が向かないための防衛になります。また、HSPの感受性は、生存を優位にするための危険を感じ取る能力と言えます。脳と身体の神経は、常に脅威を遠ざけておきたいので、周囲を絶えず警戒しており、頭の中で情報を集めて分析し、自分の身を守ろうとしています。あらゆる刺激に対して、過敏に身体は反応してしまうため、痛みを感じて、興奮しやすく、イライラしたり、しんどくて動けなくなったりします。幼少期から、世話をする大人に対して、自分の感情を抑制して、一生懸命に振る舞い、小さい子どもなりに理性脳をフルに使って、ご機嫌を取りながら、行動の順序を考え、誉めてもらおうと努力しています。しかし、子どもは良い子でいなければならないくらいに、親に問題がある場合には、親の本性が分かってくる頃に失望して、一転して親嫌いになるパターンも多くみられます。

 

HSPの特性があって苦しんでいる人は、その苦しみは、今起こったものではなくて、子どもの頃からの身体に弱い箇所があり、研ぎ澄まされて感じやすい気質のために生じています。相手の気持ちを先取りしすぎるあまりに、繊細で打たれ弱くて、人や言葉が怖くて、人生それ自体が見えない刃物と同じで、とんでもなく鋭いものと捉えているかもしれません。また、あまりに感じやすいため、途方に暮れて泣いているかもしれません。HSPの人は、水が欲しければ変色して、機嫌が良ければ青々と茂る植物のような繊細な心を持っています。神経が繊細ゆえに、対人関係の悩みが多く、安定している人を羨ましく思っています。

 

発達障害や身体の未熟さがあって感覚過敏な人がいますが、HSPの過敏さとアスペルガー症候群の過敏さの違いは、HSPの人は、小さい頃に自分の身体に敏感な時期があり、その影響で、共感能力がとても高くなり、その場の空気を読みすぎて疲れてしまいます。アスペルガー症候群の人は、生まれ落ちた時から、ボディイメージが弱く、他者に同調するよりも、自己中心的な世界にいます。また、HSPの人と幼少期の逆境体験からくる過敏さの違いは判別しにくいでしょう。それは、子ども時代に逆境体験を受けた人も、脳があらゆる刺激に敏感に反応するようになり、幼少期にPTSDになると、脳のフィルターが機能しなくなるために、感覚過負荷の状態になります。あとは、子どもが養育者の不安、強迫観念、過敏さをモデリングすることにより、感覚過敏になっている人もいると思われます。

HSC子供の特徴

HSC気質の子は、感覚過敏で、とくに人の気持ちに敏感です。しかし、一方で、心が傷つきやすく、体が疲れやすい子どもとも言われます。

スキゾイド/シゾイド

シゾイド・スキゾイドの人は、愛する人と共にいることが難しく、愛する人と関係を持ちたいという初期の切望がトラウマ的に妨げられています。

凍りつく人の特徴

凍りつくトラウマがある人は、小さい時から、親子関係で悩み、家の中では、息を潜め、足音を立てずに、聞き耳を立てた生活をしています。