クービック予約システムから予約する
ボーダーラインカップル

▶ボーダーラインカップル

 

ボーダーラインカップルという用語は、「精神医学ハンドブック」のなかで小此木啓吾が使っていた言葉です。自己愛性人格障害と境界性人格障害のカップルは、一定程度の関係を築けることがあるようです。確かに、自己愛性男子も境界性女子も魅力的なところがあるので、自己愛性男子の仮面の使い分け、演じ方、言葉巧みな操作性の高さから、最初のうちは境界性女子の幻想を最大限に肯定できるかもしれません。また、自己愛性男子は、その場の最適な方法で行動できたりするので、境界性女子の不安定さに打ち勝てるのかもしれません。その一方、自己愛性男子はモラハラ傾向があるため、境界性女子は気を使って、合わせるばかりになって、関係性を続けていくことに疲れ切り、逃げ出したくなります。一般的に、境界性女子が求めている相手は、自分を家族としてもらってくれるような理想的な両親像の相手か、魂を引き合わせてくれるような運命の人になります。そして、自分だけを見てほしい、何時でも自分の味方になって安心させてほしいと思っていています。パートナーまたは、親が他の人と話すと、ひとりぼっちの気分になって落ち込んだり、発汗して身体がこわばったり、自分なんていらない存在と思ったり、みるみる自分が小さくなってどこか遠くにはじかれたりと、恐ろしい体験をしているかもしれません。

 

ボーダーライン女性は魅力的だと言われています。身体が凍りつき、生と死が身体のなかでせめぎ合い、顔(表情、目、鼻、耳、口)には力が入り、顎、首、肩、胸、背中辺りが常に緊張していて、姿勢がよく、落ち着いた雰囲気があります。胸より上の鎖骨の部分で綺麗で、肌は白くて、華奢な首、端正な顔立ちの方が多いです。また、目つきがちょっと普通の人とは雰囲気が違っていたり、顔が凍りついて無表情だったり、痛みで喉から気管支の辺りが凍りついているため、声が若々しかったります。さらに、自己否定的で、見捨てられ不安や劣等感が強いため、人によく思われたいと思って、自分自身の見た目に気を使っています。一方、自分に注意を向けても自分の存在が空っぽなので、つまらなく、自分の存在よりも、他者の存在がとても大きくて、その他者に必死にしがみついて、良く思われることで、自分を満たします。社会に適応的な男性は、生まれてきたときから負のオーラを背負っていて、怖がりで、悲しみが似合い、傷つきすぎた姿に恋をします。また、素直で、感受性豊かで、親に求めて叶わなかったことを、してほしいと求める子どもっぽさや大人の振る舞いができるそのギャップに魅力を感じます。

 

境界性パーソナリティ障害の方は、もちろんのこと、周りの人もとても苦しい思いをしていることが多いです。最初のうちは、ボーダーラインの人を守りたいとか、助けてあげようとして手を差し伸べますが、何度も振り回されているうちに、うんざりして、疲れ切ります。思いやりのある人や孤独で愛に飢えている人ほど、ボーダーラインの人に巻き込まれやすいと言われています。一般的に、不幸な生い立ちで見捨てられ不安の強い女性に対して、救済的な幻想を抱く男性との間では、一定の安定した関係性が継続されることがあります。「あなたが好き」「見捨てないで」「嫌いにならないで」「あなたがいないと生きていけない」というかよわい女性の想いに、男性はありったけの愛情で答えますが、女性は些細なことで幻滅し、苛立ち、男性は翻弄されてしまって関係が破綻します。しかし、その後、償いや許しのドラマが繰り広げられた場合は、劇的で際限のない愛の世界へと発展します。

 

▶ボーダーラインカップルの破綻 

 

ボーダーライン特有の不安定さに振り回されて、男性の方がクタクタに疲れ切りますが、感情的にも金銭的にもたくさん投資してきたために未練がましくなります。そして、男性の方が社会的に成功して力があれば、女性は男性に支えられ限りなく関係を続けていくことが可能です。しかし、男性の方が投資出来なくなると、ボーダーライン女性の不安定さを操作できなくなるので、抑うつ感や絶望感に落ちていきます。ボーダーライン女性がとても魅力的な場合は、関係が破綻しそうになると男性の方が暴言暴力で脅すか、自殺をするなどの脅しをして、女性が心配して探し回るという初期の関係とは反対になっていくことがあります。また、ボーダーライン女性の魅力が乏しい場合は、男性の方が何もしなくなっていきます。女性は、男性の態度に腹が立ち、イライラして、手を出してたり、やり返されたりして、体も頭もおかしくなっていきます。男性か女性かのどちらかが別れを切り出して、どちらかがしがみきつくことを繰り返して、やがて関係が破綻するか、ダラダラとした膠着状態が続くかもしれません。

 

▶ボーダーラインカップルの夫婦関係

 

ボーダーライン妻とその妻を支える夫との関係を描いた一文を「精神医学ハンドブック」のボーダーラインカップルで小此木啓吾が書いています。
「母親的な夫との間では安定していたのに、子育てで境界症候群をあらわす。夫と恋愛、結婚することによって、彼女は、見かけ上、大変安定した結婚生活を送った。寝食を共にするだけでなく、仕事も一緒にして、一日じゅう、そばで夫の仕事を手伝い、全面的に二人だけの共生的な間柄が出来上がった。夫も、このことで満足を得て、妻も自分の不安が緩和され、特有な依存関係が出来上がっていた。ところが、妻が妊娠し、出産することによって、子どもの世話を実家の母に頼ることもできず、ひたすら自分と夫だけを育てようとしたのであるが、夫が少しでも自分より優先して、赤ん坊をかわいがると、夫、ひいては赤ん坊に当たり、しまいには、夫のつくった商品を包丁でズタズタにして、床に投げたり、赤ん坊をほうり投げたりするようになった。夫の関心が赤ん坊に移った分、夫との間も嫌悪になり、子どもに対する対する虐待がしだいに深刻化した。本来、夫は自分が母にしてもらったケアを妻にしていたのだが、赤ん坊が生まれて、その母性的なケアが赤ん坊に移り、妻は、この三角関係の中で、夫から自分への愛情を奪った子供に憎らしい妨害者に対する攻撃を向けるようになったのであるこのように、子どもさえいなければ、二人だけで共生的ー自己愛的に安定しているボーダーライン妻と夫との夫婦関係はしばしば見受けられる。」
ボーダーライン妻は、今まで向けてくれていた夫の愛情が子どものほうに向いてしまうことで、見捨てられ不安が掻き立てられて、再トラウマ化します。夫の視線が子どもに向くたびに、子どもをライバル視したり、自分が体験できなかったを子どもが楽しそうにしているのを見て、羨ましく思い、攻撃的になり、子どもを虐待してしまうことがあります。

▶境界性パーソナリティ障害の彼女との恋愛

 

境界性パーソナリティ障害の方と一生を添い遂げようと思うまでは誰でもできますが、一緒に暮らすとなるととてもリスキーだと思います。たとえ無事に結婚できたとしても、彼女たちは痛みや疲労の病気に患って、仕事が出来ないとか、子育てが難しいとか、身体を動かすのも大変という日がくるかもしれません。また、音や匂いに過敏すぎるために、一緒の空間で生活することが大変になるかもしれません。さらに、ボーダーライン特有の将来不安や、極端な行動に振り回されて、心身とも疲れ切ってしまうかもしれません。もし、あなたが境界性パーソナリティ障害の人の精神状態を悪くするトリガーそのものになってしまったら一緒に暮らすことが難しくなり、関係が破綻します。また、結婚当初は、あなたのことを理想化して絶賛してくれるかもしれませんが、その熱もやがては冷めていって、あなたの愛を感じられなくなり、あなたが一番ではなくなり、こき下ろしの対象になるかもしれません。

 

基本的に、境界性パーソナリティ障害の人は、身体が怠く重たく、手足は冷えて、ストレスや不安への耐性が著しく低くなっているために、ほんの些細な刺激に対しても、不安、恐怖、寂しさ、孤独、焦り、苛立ち、興奮を感じてしまい、不確かさの感覚に耐えれません。そのため、物事を善か悪か、白か黒か、快か不快か、敵か味方かといった二分法の中に確かさを求めて、自分を守ろうとします。また、境界性パーソナリティ障害の人は、自分の内側に情動的人格部分を抱えており、自分が自分で保てなくなる事態を避けて、過剰に適応しようとします。常に人に良く思われたいと思っており、人に悪意を向けられると自分が自分で無くなり、恐ろしいことが生じるので、自分や相手の悪い部分は否認されるか、分裂排除されます。

 

最初のうちは、人間関係を失敗しないように相手に合わせようとしますが、次第にそれが無理になり、相手に合わせることが耐えられなくなります。そして、相手が身勝手だったり、愚かなことをすると、怒りの感情でいっぱいになり、喧嘩になるかもしれません。また、相手を自分の思う通りに動かしたいと思っていて、自分の望むマイルールを押し付けたり、周囲を操作したりします。さらに、情緒不安定で、今の苦しい状況や将来の不安に耐えることが難しく、目先の利益にこだわって、長期的な展望を持てません。従って、普通の家庭で育った人は、境界性パーソナリティ障害の人のこころの世界を理解することが難しく、安易に傷つけて、振り回してしまう結果になります。そのため、まずは境界性パーソナリティ障害についての最新の書籍をお互いに読み合うことから始めて下さい。

 

境界性パーソナリティ障害には、身体が凍りついているために、迷走神経反射により、さまざまな症状があります。外の世界に危険を感じていて、音や匂いに過敏で、すぐ神経質になり、怒りっぽく、ストレスに弱く、情緒不安定です。ストレスによる過覚醒や部分的なフラッシュバックが生じているときは、左脳の働きが鈍くなっているので、理性的な判断を求めても難しいです。解離症状が出てくると、いきなり倒れたり、ぼーっと1点を見つめたり、身体が固まったりしますが、わざとしているのではなく、手を握ったり、抱擁してあげてください。

 

子どもの頃から、深刻な外傷体験を負っていて、人間不信があることが多く、相手の行為や言葉を細かいところまで気にして、疑うようになり、被害妄想は膨らみます。情動の嵐のときは、記憶が抜け落ちたり、客観的に自分のことを分析できないので、すぐ人のせいにして、いつも傷つけられた被害者でいるかもしれません。 また、自傷行為などはかまってほしくてしているわけではなく、自分への罰とか、生きている感覚を取り戻すためとか、胸が潰れそうな思いや耐えられない痛みよりはまだましだからしています。

 

境界性パーソナリティ障害の方のパートナーになるのでしたら、長い時間とお金はかかりますが、心理療法やカウンセリング、スピリチュアルなどの治療を受けながら、ヨガや瞑想、マッサージ、スポーツ、散歩、ダンス、武術などの身体性を使った習い事をすることをお勧めします。境界性パーソナリティ障害の人は、通常の人よりも、些細なことでストレスや不安、焦りを感じやすく、交感神経が活発に働き、ときに原始的な背側迷走神経が主導権を握り、身体が凍りついて、脳のシャットダウンが起こります。

 

治療では、環境調整をしていきながら、居心地よいことやイメージを使って、身体の中をスムーズに流れるリズムを作り、腹側迷走神経の働きを優位にして、社会交流システムを活性化させることが一番の早道です。従って、外の世界の人々の繋がりながら、クリエイティブなことに取り組んだり、読書や音楽を楽しんだり、家族や友達と穏やかに過ごしたりして、トラウマを小さくし、新しい道を作っていくことが回復の道のりになります。

 

まずは、カウンセリングやマインドフルネス瞑想、トラウマのボディセラピー、イメージ療法、ヨガ、ダンスなどを受けて、身体の凍りついた部分のロックを取り、頭と体をスッキリさせて、正常な状態に戻します。そして、身体の中がエネルギーが正常に回るようになると、今ここの集中力が高まり、目的意識や方向性を見つかるようになります。また、マッサージや鍼灸などをして、居心地良い体の感覚を体験していくことも有効でしょう。彼らがやりたいと思っていることに存分に取り組んでもらい、幸せを実現させる方向に持っていきます。パートナーに対しては、親にしてほしかったことを求めてくるので、しんどくなることもあるでしょうが、できるかぎり一緒に楽しんで、たくさんの時間を過ごすことが必要です。ある程度、トラウマの身体反応を自己調整できるようになれば、認知行動療法や分析的カウンセリングを受けて、知覚や認知の歪みを修正していった方が生きやすくなると思います。

 

参考文献

小此木啓吾、深津千賀子、大野裕「精神医学ハンドブック」創元社 2004年

 

▶HOME ▶境界性人格障害のチェック ▶境界性人格障害の治療法 ▶境界性人格障害の接し方 ▶ボーダーラインカップル ▶お問い合わせ ▶電話カウンセリングのページ