依存性人格障害の特徴

▶依存性人格障害

 

依存性人格障害の人は、怖がりな人に多く、他人にしがみつく行動をとり、自分の面倒を見てもらおうと欲求が強く、何をしようとしても一人ではできなくなります。今まで他人に依存してきたため、一人になると自分の役割が無くなって、どうしていいか分からなくなります。誰かがいることで、自分という存在が成り立ち、一人になると、自分が自分で無くなります。もともと自分がないから、他人から何か役割が与えられないと、自分の軸が無くなります。

 

原因としては、発達早期のトラウマや母子関係のこじれ、神経発達の問題、生まれ持った資質の弱さがあると思われます。特に、母子関係の愛着関係に問題があり、乳幼児の頃に、母親と育まれる心の安全基地の存在が希薄で、外の世界を自由に探索できずにいた可能性があります。そして、探索行動の間は、怖がりなせいで、警戒心が過剰になるか、あるいは母親の情緒応答性の悪さや母親の不在を経験しているため、心身のバランスを欠き、自分の中の恐れや不安の情動を自己調整できないという不全感のなかで育っています。大人になった今でも、人との関係で本当に深いところまで入れず、自分が現実と直接関われていないように感じています。依存傾向が強い人は、自分の中の恐れや不安を強烈に感じやすく、無力になればなるほど、焦りを感じて、誰かにしがみつきたくなり、他者を巻き込んでなんでもしようとします。また、依存性パーソナリティ障害の人は、子どもの頃から、孤独で、人との距離があって、つかみどころのない性格ですが、母親か、家族の誰か、空想上の人物にずっとくっついてべったりだった経験をしていたりします。

 

赤ん坊の頃から、引っ込み思案で怖がりで不安が強くて、探索行動のときは、母親が安全基地として機能せず、どっちにいけばいいかわからずに、おろおろしていました。また、新しいことをすることに対して、恐怖があり、ふらふらしていました。周囲の精神的干渉から、焦りが強くなると、どうしていいか分からなくなり、身体の方に何かが起きて、パニックになるとか、頭が真っ白になるか、お腹が痛くなるとか、いつも失敗してきたように感じています。子どもの頃から、人間関係で上手くいっていないように感じており、自分に自信が持てなくて、対人恐怖があります。現実に恐怖を感じてしまうと、誰にも守られていないように感じて、愛着対象を求めてしまいますが、自分一人しかいない場合は、何も感じないようしたり、頭の中で勝手な空想を広げたりしてきました。集団場面では、恥をかきたくない気持ちから、過度に緊張しやすく、感情が高まって、顔が赤くなったり、胸がドキドキしたり、汗をかいたり、手が震えたり、痺れたりして、落ち着きがなくなります。

 

もともと怖がりな性格なうえに、とても辛い毎日を繰り返してきたので、自己感覚が麻痺していきました。自己感覚が希薄になると、自分で自分を満たすことができないため、他者に満たしてもらう必要がありました。そして、母親や家族の誰かにくっついて、自分のことに集中するよりも、常に他者の反応を気にしてきました。頭の中では、自分の不安を埋めるために、空想を膨らまして、愛着対象のことばかり考えています。大人になった今では、自分の好きな人に嫌われるのが怖くて、自分のもとから離れていかないか不安で、いつも心配しすぎています。その人が他の誰かと話すことが許せなくて、見捨てられ不安が高まると、質問責めにしたり、パニックになったりします。好きな人とだけ繋がっていればよくて、恋人のことで頭の中がいっぱいで、その他には何もいらないと思っています。

 

依存できる相手との恋愛関係が終わると、一人で過ごす時間が増えて、自分と向き合わなければなりません。ただし、自分に向き合うと、身体に閉じ込めたトラウマが再活性化されるため、ソワソワして、落ち着かなくなります。焦燥感から、イライラしたり、胸が痛んだり、将来に対する不安から、次の異性の対象をすぐに見つけようとします。彼らは、自分一人では十分に生活できないと思っていて、一人だと孤独で不安で何も手につかず、漠然とした恐怖に襲われてしまって、どうしていいかわかりません。自分はもうダメだという気持ちが先行してしまうと、グダグダと悪いことばかりを考えてしまって、じっとしていられなくなり、動き回るか、身動きが取れずに引きこもります。

 

一人で生きていくことが想像できなくて、自分で自分の満たし方が分からないままで、心の行き場がありません。自分が生活していくために、どうしても相手が必要な場合は、人は相手を使ってなんでもしようとします。そして、人に依存しながら、自分の好きなことをして、相手が自分の思い通りに動いてくれているときは、安心して、幸せに過ごすことができます。自分は相手のために何でもしたいと思っており、と同時に、相手も自分のために何でもしてくれると思っているので、相手が何もしていないと怒りになり、支配的に振る舞うことがあります。そして、自分では処理できない負の感情を相手を使って処理しようとするところがあります。依存される方は、べったりくっつかれてしまって、どんどん巻き込まれていくので、次第にしんどくなっていきます。

 

日常場面では、他人の顔色を伺っていて、自分がどう見られているか気にして、自分の判断や考えに自信が持てません。恥をかかされることに恐怖があり、身体は緊張しやすく、怖くなると、ぼーっとしたり、固まったり、無表情になったり、現実感が無くなることがあります。特定の依存対象以外には、対人恐怖や身体症状があるので、とどまっていたら危ないから逃げようと回避行動を取りますが、逃げ場がなくなると、無力感で息が出来なくなり、苦しくなります。

 

 

▶依存性人格障害の特徴

 

①一人でいることに耐えられず、人に依存して生きています。

②一人になると自分が自分でなくなる不安があります。

③自分がないから、何かに依存しないと自分の軸が無くなります。

④自分の軸は小さいですが、他人の存在がとても大きいです。

⑤他人の存在が大きすぎるため、たえず警戒し、緊張しています。

⑥子どもの頃から、大人のことが怖かったりします。

⑦心と体が分離していて、役割に従って生きています。

⑧新しいことを始めたり、新しい場所に行くことがでいません。

⑨批判されることを恐れています。

⑩責任を避けようとします。

⑪頭の中が恋人のことばかりで、空想・妄想癖があります。

⑫不快が強まると、パニックなどの様々な身体症状があります。

⑬他人の顔色を伺い、人にどう思われているか気にしています。

⑭自分の判断や考えに自信がありません。

⑮目の前の現実を逃避して、依存対象に全てが向かいます。

⑯依存対象を自分の母親のように見ています。

⑰将来、自分が一人になってしまうことを怖がります。

⑱将来の不安が強く、ストレスで感情的になりやすいです。

⑲自分の感覚が希薄なので、自分で自分を満たすことができず、楽しさや幸せを他人で満たします。

⑳異性の対象をすぐに見つけて、恋愛体質です。

㉑引っ込み思案で怖がりで、臆病な性格なので、誰かに守ってもらいと思っています。

㉒仲良くしている人が他の誰かと話すのが耐えられない。

㉓現実感が薄く、自分が直接現実に関わっていない感じがします。

㉔愛されていない自分に価値はなく、対象がいないと無になります。

㉕子どもの頃から、孤独感があって、自分の居場所がありませんでした。

㉖集団場面は複雑になるので苦手で、人間関係は1対1が好きです。

 

▶HOME ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ