依存性人格障害の特徴

▶依存性人格障害

 

依存性人格障害の人は、怖がりな人に多く、他人にしがみつく行動をとり、自分の面倒を見てもらおうと欲求が強く、何をしようとしても一人ではできなくなります。原因としては、発達早期のトラウマや母子関係のこじれ、生まれ持った資質の弱さがあると思われます。特に、母子関係の愛着関係に問題があり、乳幼児の頃に、母親と育まれる心の安全基地の存在が希薄で、外の世界を自由に探索できずにいた可能性があります。そして、探索行動の間に、母親の情緒応答性の悪さや母親の不在の経験しているため、心身のバランスを欠き、不安定な自己像を持ったまま育っています。また、依存性パーソナリティ障害の人は、子どもの頃から、母親か、家族の誰かにずっとくっついてべったりだった経験をしていることが多いです。

 

赤ん坊の頃から、不安が強くて、探索行動のときは、母親が安全基地として機能せず、どっちにいけばいいかわからず、おろおろしていました。また、新しいことをすることに対して、恐怖があり、ふらふらしていました。周囲の精神的干渉から、焦りが強くなると、どうしていいか分からなくなり、身体の方に何かが起きて、パニックになったり、いつも失敗してきたように感じています。子どもの頃から、人間関係でことごと上手くいっていないように感じており、自分に自信が持てなくて、対人恐怖があります。

 

大人になった今では、自分の依存する人が居なくなるのを恐れて、嫌われるのが不安で、見捨てられそうになるとパニックになります。依存できる関係が終わると、イライラして、過剰に不安になり、次に依存できる相手を探そうとします。自分一人では十分に生活できないと思っていて、一人だと孤独で不安で何も手につかず、どうしていいかわかりません。自分はもうダメだという気持ちが先行するあまりに、悪いことばかり考えてしまって、居ても立っていられなくなると、動き回るか、身動きが取れずに引きこもります。

 

人に依存しながら、自分の好きなことをして、相手が自分の思い通りに動いてくれているときは、居心地よく、幸せに過ごすことができます。相手を自分の手足のように動いてくれると思っているので、動いてくれないと怒ったり、支配的に振る舞うことがあります。依存される方は、べったりくっつかれてしまって、どんどん巻き込まれていくので、次第にしんどくなっていきます。

 

日常場面では、他人の顔色を伺っていて、自分の判断や考えに自信が持てません。怒られることに恐怖があり、身体は緊張していて、怖くなるとぼーっとしたり、固まったりして、無表情になり、現実感が無くなることがあります。特定の依存対象以外には、対人恐怖や身体症状があるので、とどまっていたら危ないから逃げようと回避行動を取りますが、逃げ場がなくなると、無力感で息が出来なくなり、苦しくなります。

 

▶依存性人格障害の特徴

 

①一人でいることに耐えられず、人に依存して生きています。

②新しいことを始めたり、新しい場所に行くことがでいません。

③批判されることを恐れています。

④責任を避けようとします。

⑤妄想癖があります。

⑥パニックなどの身体症状があります。

⑦他人の顔色を気にしています。

⑧自分の判断や考えに自信がありません。

⑨目の前の現実を逃避して、依存対象に全てが向かいます。

⑩依存対象を自分の母親のように見ています。

⑪将来、自分が一人になってしまうことを怖がります。

⑫将来の不安が強く、ストレスで感情的になりやすいです。

 

制作中