回避性人格障害の恋愛

▶回避性パーソナリティ障害とは

 

回避性パーソナリティ障害の人は、子どもの頃の外傷的体験に苦しんでいることが多く、これ以上、傷つかないように、そして純白さを守ろうとしています。回避性パーソナリティ障害の原因は、はっきりしていませんが、子どもの頃の虐待や学校社会のいじめ、最初の恋愛のトラウマ、性体験のトラウマ、発達早期の医療トラウマ等を負っていて、幸せな思い出がほとんどないことが多いと言われています。普段から、精神的負担を減らすことに集中しており、できるだけストレスのない空間で過ごしたいとか、嫌なことを避けたいと考えています。心の奥底には、もう二度と傷つきたくないという思いでいっぱいで、新しい人に心を開くことができません。新しい人との関係を持とうとしても、不安の方が強くなり、胸がソワソワして、落ち着かなくなり、焦りから、どうしていいかも分からなくなると、身体のある部分が不快に感じたり、麻痺していきます。回避性パーソナリティ障害に人は、恋愛をしたい気持ちはありますが、恋愛に進むのが怖くて、尻込みしています。また、人に対して愛情が湧かなかったり、相手の気持ちに愛情で応えてあげられません。

 

未解決なトラウマを抱えている人ほど、原始的な防衛操作が延々と動いており、人間関係を大きく損なうことになります。回避性パーソナリティ障害は、境界性パーソナリティ障害の回避タイプや、回避性愛着障害、自己愛過敏型、シゾイドパーソナリティ障害と重なるところがあります。回避性の人の色のイメージは、白や透明、青色、桃色が多いです。

 

▶愛がトラウマ化し、自分に自信がない人々

 

回避性パーソナリティ障害の人は、人を愛したとき、愛されたいと願い始めたとき、そして、異性の相手に無防備になったとき、過去に埋もれていたトラウマのスプリットした部分が意識に上り、恐怖や不合理な衝動に襲われ、身動きがとれなくなり、関係を続けることが難しくなります。例えば、子どもの頃から、自分を殴り、またはネグレクトし、あるいは性的にも虐待する親を死にもの狂いで愛していたとします。それと同時に、自分の愛情を無価値だと思わされ、欲求を持つことを恥ずかしいものだと思わされ、無視する親に怒りを感じて、生活全般がしんどくなり、愛と憎しみとか善と罪悪の過剰な葛藤が大きくなりすぎます。そして、自分の感情や欲求や思いもすべてを飲み込むしかなく、そうしていたら、いつの間にか自分の感覚すら分からなくなり、麻痺や離人化していました。大人になった今では、愛されたことがないから、愛し方なんて分からず、甘えかたも分からず、すべてのものに感情移入することが出来ません。そして、外の世界で愛する人を求めると、自分の親を求めることの耐えられない心の痛みと結びつき、子どもの頃の気持ちが溢れてきて、求める気持ちと、それが叶わなかった気持ちに傷つきます。愛そうとすればするほど、何気ない風景が過去の出来事と折り重なり、自分の奥底に眠る本音に気づいてしまうので、なんとか自分の気持ちを騙そうとします。彼らは、愛がトラウマ化しており、誰かを求めることが、そして、愛されることが忘れられていた子どもの頃の外傷体験とリンクして、不安や恐怖、寂しさ、希望、切望、絶望、羨望などの感情が爆発します。と同時に、過剰な感情に戸惑い、甘えや寂しさなどの感情の持って行き場がなくなり、体の方は麻痺させられてしまって、現実の人と深く繋がることが難しくなります。そして、愛れされなかった自分のことが大嫌いで、まったく自信も持てなくて、周りを羨ましく思えば思うほど辛くなってきて、真っ当な恋愛することが難しくなります。

 

▶大人の自分と内なる子どもの分裂

 

大人の自分と過去の無意識の内なる子どもの部分との間では内的な分裂が存在します。大人の自分は子どもの頃の孤独、寂しさ、羨ましさ、生きる意味のなさが意識に上がってこないように、忘れたり、切り離したり、封印したりして、見て見ぬふりをしています。そして、大人の自分は、悲しみや罪悪感の自己像と同一化していて、人と繋がることが怖くて、良い対象を選び、求めようとする依存的な部分は無力化されています。内なる子どもの部分は、夢の中で、または、擦りガラスの向こうで、寂しそうにひとりぼっちで膝を抱えていたり、あるいは、なんであなただけが…と大人の自分に怒っていたりします。彼らは、子どもの頃から自らの傷をいかに癒そうかと無意識に努力しており、解離や空想などの心理的防衛によって、自分自身にトリックをかけています。そして、現実の居場所を探し求めていますが、自分を理解してくれそうな人を見つけても、自分とは正反対の人だからと、また壁を作ります。彼らは、自分を受け入れてくれる慣れない暖かさが怖くて、また居なくなる不安や、置いて行かれる不安、裏切られる不安に怯えて生きています。 

 

▶トラウマの内なる世界

 

ユング派のカルシェッドや対象関係論的に言うと、発達早期にトラウマを受けた人の内的世界には、理性的な保護者と批判的な迫害者がいます。自分のこころに取り憑くこれらの内的人物像は、これ以上傷つかないようにと、用心深く子どもの頃の再トラウマ化を防ごうと組織化されたものです。この人物は、外の世界の人々とのあらゆる可能性は危険なものであると判断し、現実との接触を妨げるために魔法をかけています。その一方で、彼らは、内的人物像が念入りに作り上げた巨大な繭の中で包まれながら世話を受けています。そして、内的人物像の防衛的ファンタジーの世界にすっかり耽溺していき、外の世界の人々と結びつく喜びを失います。彼らのこころの内的世界には、美しいラプンツェルに魔法をかけ、塔に幽閉した魔女のような悪魔的人物像が棲みついているように見えます。

 

回避性パーソナリティ障害の人は、新しい出会いがあり、ロマンティックな夜を過ごしたあと、相手が興味をもってくれたのにも関わらず、それ以上関係を続けることが難しくなります。彼らは、自分が好意を持てば、寂しくなり涙がでてきます。また、好意を向けられると、自分の感情が麻痺させらて、怖くなります。女性の場合は、否定的なアニムス(女性の無意識の中にある男性像)が取り憑いていて、残忍な男性の人格化が見られます。否定的なアニムスは、女性が男性と繋がりを持とうとしたときに活発に働き始めて、頭の中で話す声になり、バラバラになる悪夢を見せたり、体を動けなくさせたり、日中から眠りに誘ったり、希望を挫いていきます。そして、彼らは、悪夢に怯え、体は麻痺させられ、恐怖や不安が入り混じるなかで落ち着いていられなくなり、何か大きな力によって、自分が自分で無くなってしまいそうな不安から自分を守ろうとして、好意を寄せてくれる人のことを嫌いになり、関係を切り離します。

 

▶HOME ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ ▶回避性人格障害の特徴 ▶回避性人格障害の治し方