境界性パーソナリティ障害の末路

▶境界性パーソナリティ障害の末路

 

子どもの頃から、責任感が強く、勤勉で、兄弟に優しく、良い子を演じていました。

怖がりな性格で、周りの人を怒らせないように、ビクビクして、ガチガチに緊張していました。

習い事もほんとはしたくなかったけど、本音を言えず、親のいいなりでした。

親から愛情をかけて育ててもらってないと思っています。

 

トラウマの過剰防衛から、相手に支配されないように、相手に押さえつけられないように、先手をうち、時には攻撃して、マウンティングを取ろうとします。

 

皆と関われず、過去に記憶にとらわれ、今を生きれなくなります。

 

境界性パーソナリティ障害は、40代で寛解するという楽観的な見方もありますが、最近のアメリカの研究では、40代になると身体の不調が限界にきて、慢性疾患になっていくと言われています。

 

心にぽっかりと穴があき、自分がないために、気分が不安定で、

夫や妻、子ども、仕事に依存します。

 

パートナーの言葉ひとつひとつで、天国と地獄の行き来します。

相手がコミットしてくれず、ほったらかしにされたり、自分のことを分かってくれないと、心は真っ黒になり、腹が立ちます。

一方、理解を示す言動には、心が休まり、黒から白に変わります。

 

わがままであり、悪魔のようで

見た目が強みで綺麗、言い寄る人も多く、

 

ホストや店員にチヤホヤされるのが好きで、

自分の見た目を好きになってくれる人が良くて、人に注目されたい

 

表情がガラリと変わり、すぐに臨戦態勢

 

 

 

外に出るのが苦手になり、恐怖心が強くて、好き嫌いが激しい。

音や匂いに過敏になり、

音に過敏なために、隣の家から変な音が聞こえると

異性関係が奔放で、妊娠して中絶を繰り返したり、

痛みの身体ゆえに動けなくて、

40台中盤から癌が見つかったり、

平均寿命が5-20年くらい縮む傾向があります。

 

親が死んだ後も

一人で実家に暮らして、身体がボロボロになっていく

 

毎日が死にたくて、しんどくて、

手首を切ったり、夫を責めたり

入院生活をしたり、双極性障害の診断がついたりします。

 

夫に甘えようと試みたり、手料理を頑張ったり 尽くすことが大好きで頑張ってきました。

依存体質なので、見捨てられないように奉仕し、良い子でいて、我慢してきました。

どんどん苦しみが増していって、爆発しそうになったり、産後うつなどになります。

相性が良くないと、ボーダー妻は耐えられなくなって。悪い方向にいきます。

良い子の部分は、段々と小さくなり、痛みの体に取って代わられます。

夫婦生活が上手くいかず、夫からDVやモラハラを受けたりします。

 

何十年にも降り積もった痛みで苦しみます。

体は冷えて、忘れっぽくなり、極限の状態になります。

買い物に依存したり、電話をかけまくります。

 

離婚して、孤独で、将来が不安で、現状に絶望し、どうすれな良いか混乱します。

誰にも助けてもらえず、見殺しにされたと思っています。

 

自分の子どもに憎まれます。