性被害の再演と苦しみ

▶解離と性被害の会いやすさ

 

人が一度トラウマを受けると、その後も被害を受けやすくなることが報告されています。レイプの被害者は再びレイプされやすいです。再被害に会いやすい人は、子ども頃に性暴力被害に遭ったことで痛みを飛ばして生きる解離性同一性障害や複雑性PTSD、境界性パーソナリティ障害の人たちです。特に、子どもの頃に性的虐待を受けた人のなかには、私の中の私でない部分が加害者に服従し、乗っ取られていたりします。それらは性的放縦人格になり、援助交際やレイプのお膳立てをして主人格を生き地獄に落とすことがあります。性的放縦人格とは、異性を誘惑して、人妻のような雰囲気を醸し出し、重度の浮気性や性的奔逸、愛のない性行為を操り人形のように繰り返します。もちろん性的放縦人格の好き放題されると非常に困るので、多重化した人格システムの中にいる管理者人格が性的放縦人格を閉じ込めていたりします。性的放縦人格は、身体的で自動的に機能したりします。その人格の背後には怨念のような塊があり、痛みや真実に気づこうとせず、変わろうとしない主人格への罪と罰を与えて、自分を傷つけきた人間への制裁と復讐心があります。

 

再演や再被害のメカニズムを、白川美也子「赤ずきんとオオカミのトラウマ・ケア」の本からまとめると、性的虐待を受けて育った人が、たとえば援助交際など、さらに自分を性的に傷つける行動を繰り返す場合があります。また、DV被害者が次にパートナーから再び暴力をふるわれたり、性被害を受けた人が何度も痴漢にあったりというのは、実際にとてもよくあることなのです。「この人、なんでこんな被害に遭うの?普通あり得ない」と思えることが事実として起きてしまうのが被害者の人生パターンです。

 

①幼いあのときに何が起きたのか、無意識のうちに知りたいと思って繰り返しているのかもしれません。

②相手が自分に好意を持ったことを認識すると自動的に、性的に反応するモードになってしまうのかもしれません。

③まるで自傷行為のように、自分をもっと汚そうとしているのかもしれません

④「どうせ男は性欲と金。金をしぼりとってやる」と復讐しようとしているのかもしれません。

⑤自分にとって加害者を象徴する相手に復讐しようとしているのかもしれません。

そしてその行動を繰り返すごとに、ますます「汚い自分」「価値がない自分」という恥辱感(スティグマ)をつのらせていきます。

 

▶性被害を受けた後の苦しみ

 

性被害に遭った人は、周りに恵まれれば、自然に回復していく場合もありますが、生きながらに死んだ状態になり、性暴力は魂の殺人とも呼ばれます。そして、恐怖症を持っている部分は自分のなかに閉じこもるとか、バラバラにされていることがあります。その一方、自己感覚が喪失していて、怖くないと思っている部分が日常生活の大部分を担うようなことが起きます。また、バラバラになるまでいかなくても、加害者と同じ性別の人に対して、不安や恐怖症を持つことがあります。そして、フラッシュバックやパニック障害、過呼吸、トラウマ再演、解離性症状、離人症、対人恐怖、視線恐怖などで生活全般が困難になり、外に出ることや人混み、電車などの移動手段を避けるようなことが起きます。フラッシュバックや悪夢は、当時の感覚が蘇り、頭の中で嫌なことがグルグル回り、強烈な頭痛や激しい動機、吐き気、身体の震え、発汗、麻痺、破綻恐怖などが引き起こします。そのため、恐怖を感じないようするため、次第に身体感覚や自己感覚を麻痺させていき、生き生きとしたこの世界が失われてしまうことがあります。解離性症状やパニックでは、背側迷走神経が働いて、恐怖で身体の方が凍りついて、身動きがとれない状態になります。呼吸はほとんどできなくて、話もしづらく、顔色は青白くなり、めまいやふらつき、吐き気、腹痛などに襲われて、動けなくなります。また、自分を守ろうとして加害者と戦った部分や恐怖に凍りついた部分は、今でもトラウマという過剰なエネルギーが蓄積されたままで、生々しい身体感覚として残っています。その結果、性被害に遭った人は、自分の身体に対して、奇妙な感覚にとらわれることが多く、過度に否定的で、敵対的で、破壊してやりたいとか、捨ててやりたいとか、新しい身体に生まれ変わることを願っています。

 

子どもの頃から性被害に遭い、その被害体験の大部分の記憶を無くしていて、解離している場合がありますが、その切り離された心とからだの部分は、自慰幻想が展開していることがあります。性被害者は、解離したトラウマや情動が何度も浮かび上がるたびに、恐怖と戦慄、嫌悪感、被害感だけでなく、性的に興奮しているもう一人の自分がいるように感じます。そして、一つの身体の中に、気持ち悪くて泣いている部分と非常に怒っている部分、身体は興奮して求めている部分など、同時に二つ、三つの状態を抱えてしまい、自分とは何者であるかというアイデンティティを打ち砕きます。解離したトラウマがよぎって以来、恐怖や嫌悪感で生きていくことがとても辛いのですが、何度もフラッシュバックしてセックスに関する思考や空想が自分の意志とは無関係に浮かんできて、頭から離れなくなり、身体の方は快の反応を求めていきます。そして、自分の心の奥底では、加害的な対象に対して、性関係を望んでいるからに違いないと思い込み、そんな衝動を抑えられない自分に嫌悪感や罪悪感を抱くことがあります。このような性的倒錯に陥った人は、性的興奮をもたらす反復的な強い空想、衝動、または行動によって苦痛または日常生活への支障をきたします。そのため、被害者の中には、野蛮な身体を切り離すことで、性欲が無くなって不感症になる人もいれば、逆に性欲が亢進してセックス依存症に走る人もいます。また、自分の恋愛対象が男性か女性か分からなくなったりします。

 

性被害に遭ったことで怖くなって、男性恐怖が強くなり、セックスができくなる人がいます。そして、男性に対して、嫌悪や敵対的な感情を裏で抱え、性的に不感症になり、今までの夫婦・恋人関係が上手くいかなくなって、人間関係をことごとく失敗していくことがあります。また、PTSD症状で苦しめられている人は、フラッシュバックやパニック、無力感を引き起こす対象があちこちにいるので、生き地獄の中で生きていかなければならず、日常生活をまともに送れないことから絶望して、自殺を考えたり、殺意を持ったりすることがあります。やがて、ひとりきりで涙に暮れて過ごしたいとか、自分を安心させてくれる理想化された対象と天国のようなひと時を過ごしたいという幻想に浸ります。その一方で、性被害に遭ったあと、セックス依存症になる人がいます。セックス依存症になる理由としては、被害者の状態により、さまざまあると思いますが、自分を傷つけて麻痺させるとか、服従から支配感を味わうとか、身体を支配する試みとか、怖くていいなりとか、親への復讐心とか、苦しみからの解放とか、自尊心を高めるとか、衝動を抑えられないとか、体に触れ合うことで人間らしさを回復させるなどあるようです。

 

▶性暴力被害の支援

 

あとは、性被害の方への手厚いケアが進んでいないのが現状です。ワンストップセンター、警察、医療、精神科医、心理士、看護師らが、トラウマや解離、身体症状などの理解に乏しく、広く浅くしか勉強してきていないため、こころの痛みに鈍感で、被害者の方が二次被害に遭うことが多いと言われています。性被害の方が二次被害に遭うことで、バラバラにされたものが、よりバラバラになることや複雑性のPTSD、身体機能の低下、神経系に悪影響を及ぼしていきます。そのため、性被害や性虐待を受けてきた人には、適切な保護や繊細なこころのケアをしていく必要があります。

 

参考文献

白川美也子:『赤ずきんとオオカミのトラウマ・ケア』アスク・ヒューマン・ケア 2016年

 

▶HOME ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ