クービック予約システムから予約する
性被害の再演と苦しみ

▶解離と性被害の会いやすさ

 

人が一度トラウマを受けると、その後も被害を受けやすくなることが報告されています。レイプの被害者は再びレイプされる可能性が高まります。再被害に会いやすい人は、子ども頃に性的虐待や性暴力被害に遭ったことで、その時の記憶が抜け落ちて、痛みを飛ばして生きる解離性同一性障害や複雑性PTSD、境界性パーソナリティ障害、統合失調症の人たちです。

 

特に、子どもの頃に性的虐待を受けると、恐怖と痛みで身体が固まり凍りつき、頭は真っ白になって、機能停止します。そして、私の中の私でない部分が犠牲者になり、心と身体は違う動きをして、加害者の次々と出す要求に従います。加害者に追い込まれて、説得されて、反撃してもやられるだけなので、身体は支配されていき、加害者の求めに応じて動きます。

 

それらは性的放縦人格(犠牲者)になり、性風俗で働くとか、愛のない性行為を繰り返します。また、援助交際やレイプのお膳立てをして主人格を生き地獄に落とすことがあります。性的放縦人格とは、異性を誘惑して、人妻のような雰囲気を醸し出し、重度の浮気性や性的奔逸、愛のない性行為を心ない操り人形のように繰り返します。

 

もちろん性的放縦人格の好き放題されると非常に困るので、多重化した人格システムの中にいる管理者人格(守護者人格)が性的放縦人格を閉じ込めたりします。性的放縦人格は、身体的で自動的に機能したりします。その人格の背後には、恨みつらみを晴らそうとする迫害者人格の存在があり、犠牲者となった人格と結託して、痛みや真実をすぐ忘れて、逃げてばかりの主人格に罪を負わせて罰します。さらに、不条理な目に遭わせてきた人間への復讐心と制裁したいと思っています。

 

レイプのお膳立ての場面では、ふと自分に戻った主人格は、知らない相手が目の前にいて、怖くて、身体が固まって、動けなくなります。固まることで声が出せず、動けなくなることで抵抗も出来ず、SEXはとにかく苦痛でしかなくて、意識が朦朧とし、気を失い、身体から離れていきます。バラバラになるトラウマを負った後、泣きながらシャワーを浴びて、次同じことが起きることを恐怖します。

 

痛ましいケースでは、性暴力被害に遭った部分は、どこか遠くに消えたり、動けなくなって身体の中に閉じ込められたり、表の世界に出れなくなります。そして、自分と全く違う性格の別の自分が日常生活を過ごすようになり、本来の自分は、もう一人の自分に寄生されて身体を乗っ取られます。

 

その他、トラウマを負っている人の特徴として、痛みの身体から心が離れて、頭と身体が離れ離れになっていることがよくあります。身体の中にトラウマを閉じ込めることで、凍りついた性器がムズムズ、ウズウズして、性衝動を抑えられなくなり、行きずりのSEXや不特定多数の人と性関係を結ぶことがあります。また、自分の身体が思うように動かないから、自分の身体の反応を自分でコントロールしようとして、複数の人と性関係を持つことがあります。

 

再演や再被害のメカニズムを、白川美也子「赤ずきんとオオカミのトラウマ・ケア」の本からまとめると、性的虐待を受けて育った人が、たとえば援助交際など、さらに自分を性的に傷つける行動を繰り返す場合があります。また、DV被害者が次にパートナーから再び暴力をふるわれたり、性被害を受けた人が何度も痴漢にあったりというのは、実際にとてもよくあることなのです。「この人、なんでこんな被害に遭うの?普通あり得ない」と思えることが事実として起きてしまうのが被害者の人生パターンです。

 

①幼いあのときに何が起きたのか、無意識のうちに知りたいと思って繰り返しているのかもしれません。

②相手が自分に好意を持ったことを認識すると自動的に、性的に反応するモードになってしまうのかもしれません。

③まるで自傷行為のように、自分をもっと汚そうとしているのかもしれません

④「どうせ男は性欲と金。金をしぼりとってやる」と復讐しようとしているのかもしれません。

⑤自分にとって加害者を象徴する相手に復讐しようとしているのかもしれません。

そしてその行動を繰り返すごとに、ますます「汚い自分」「価値がない自分」という恥辱感(スティグマ)をつのらせていきます。

 

▶性被害を受けた後の苦しみ

 

性被害に遭った人は、周りに恵まれれば、自然に回復していく場合もありますが、何度も同じ加害者から、性暴力被害に遭ううちに、身体が動かなくなり、何も感じなくなり、何も無かったかのように過ごして、生きながらに死んだ状態になります。また、自分の魂は死んでしまって、それ以降、違う人が日常生活を送るようになるなど、性暴力は魂の殺人とも呼ばれます。

 

そして、恐怖症を持っている本来の部分は自分のなかに閉じこもり、泣いているとか、喋らずにじっとしているとか、バラバラにされていることがあります。その一方、被害に遭った自覚がなく、自己感覚が喪失していて、怖くないと思っている部分が日常生活の大部分を担うようなことが起きます。日常はあたかも正常かのように過ごしていますが、痛みの記憶は、意識の外に置かれています。

 

しかし、毎晩、性的虐待を受けてきたような人は、大人になった今でも、夜な夜な嫌な記憶が蘇り、身体が硬直して、神経が痛みます。より原始的な神経が働くことにより、過呼吸、胸の痛み、お腹は気持ち悪く、痛みで声はか細くなり、すすり泣いて、身体は凍漬けになります。そして、大人の状態から子どもの頃の小さい自分に退行していって、加害者の支配下にある身体は、凍りつきや離人、震え、自分の意志に反して動き始めて、眠れなくなります。性的虐待を受けた子どもの部分は、毎晩、加害者の足音に怯え、警戒態勢を敷き、身動きがとれずに、凍りついていますが、大人の部分が、自分の中にいる子どもの部分の痛みに気づいて、救い出せるかどうかという酷な課題を抱えています。

 

性暴力被害者は、心臓の痛みや頭がバラバラ、死にかけた身体、虚脱状態になるまでいかなくても、加害者と同じ性別の人に対して、不安や恐怖症を持ってしまいます。また、フラッシュバックやパニック障害、過呼吸、トラウマ再演、過覚醒、解離症状、妄想観念、離人症、対人恐怖、視線恐怖、身体症状、悪夢、不眠などで生活全般が困難になり、外に出ることや人混み、電車などの移動手段を避けるようになります。

 

フラッシュバックや悪夢は、当時の感覚が蘇り、頭の中を嫌なことがグルグル回り、強烈な頭痛や激しい動機、吐き気、身体の震え、発汗、腹痛、凍りつき、破綻恐怖などを引き起こします。そして、加害者と同じ性別の人を見てしまうか、視線を感じることで、緊張して、体が固まり、自分の体の感覚が分からなくなります。次第に、自分のことが分からなくなり、生き生きとしたこの世界が失われて、現実感が無くなります。

 

解離症状やパニックでは、恐怖と過緊張から、交感神経と同時に背側迷走神経が過剰に働いて、身体の方が凍りついて身動きがとれない状態になります。呼吸はほとんどできなくて、話もしづらく、顔色は青白くなり、めまいやふらつき、吐き気、腹痛などに襲われて、動けなくなります。

 

また、自分を守ろうとして加害者と戦った部分や痛みに凍りついた部分は、今でもトラウマという過剰なエネルギーが身体の中に滞って、生々しい身体感覚が残ります。毎日のように酷い恐怖や不安に苛まれて、じっとしていられなくなり、過食、セックス、暴力、アルコール、買い物、薬物、ギャンブル、攻撃行動、自傷行為など不適応な行動を取ることがあります。さらに、性被害に遭った人は、自分の身体に対して、奇妙な感覚にとらわれることが多く、過度に否定的で、敵対的で、破壊してやりたいとか、捨ててやりたいとか、新しい身体に生まれ変わることを願っています。

 

子どもの頃から性暴力被害に遭い、その被害体験の大部分の記憶を無くしていて、解離している場合がありますが、その切り離された心と身体の部分は、自慰幻想が展開していることがあります。性暴力被害者は、解離したトラウマや情動が何度浮かび上がるたびに、恐怖と戦慄、無力感、嫌悪感、絶望感だけでなく、性的に興奮しているもう一人の自分がいるように感じます。そして、普段は何も感じなくて、真面目な性格の自分の中に、怯えて泣いている部分と、非常に怒っている部分と、身体は興奮して求めている部分など、同時に二つ、三つの状態を抱えてしまい、自分とは何者であるかというアイデンティティを打ち砕きます。

 

解離したトラウマがよぎって以来、恐怖や苦痛で生きていくことがとても辛いのですが、何度もフラッシュバックしてセックスに関する思考や空想が自分の意志とは無関係に浮かんできて、頭から離れなくなります。また、外出しても、過剰な警戒心から、頭の中は危険があるかどうか、興味があるかどうかを探っていくために、歩いている人の顔や性器に対して、視線を逸らすか、あるいはじっと見てしまって、自分の身体の反応や目のやり場に困り果ててしまって気持ち悪くなります。

 

そして、自分の心の奥底では、加害者と同じ性別の人の性器を見てしまう行為に対して、性関係を望んでいるからに違いないと思い込んで、そんな衝動を抑えられない自分に嫌悪感や罪悪感を抱くようなこともあります。また、加害者に似た人物を見つけると、危険であると分かっているのに、その人のことを自分の今後のために分析しようとして、何度も接近したりすることがあり、セクハラや痴漢、性暴力被害に遭う確率が高まります。

 

このように性に対して倒錯していくと、性的興奮をもたらす反復的な強い空想、衝動、または行動によって苦痛または日常生活への支障をきたします。そのため、被害者の中には、野蛮な身体を切り離すことで、性欲が無くなって不感症になる人もいれば、逆に性欲が亢進してセックス依存症に走る人もいて、その両面を併せ持つ人もいます。また、自分の恋愛対象が男性か女性か分からなくなったり、自分を凍りつかせて、石に変えてしまうような危険な対象に好意を抱いたりします。

 

性暴力被害に遭ったことで怖くなり、男性恐怖が強くなって、セックスを回避するようになります。例えば、自分の身体を好きな人に触られても、キスをしても、何も感じずに、全身が凍りついて、機能停止に陥ります。また、触ろうとする相手の手を振り払ったり、触られるのが気持ち悪くて、落ち着かなくなったり、全身に痛みが出たりします。そして、男性に対して、嫌悪や敵対的な感情を裏で抱え、性的に不感症になり、今までの夫婦・恋人関係が上手くいかなくなります。さらに、性暴力被害者が加害者に対して、反撃しようとしていた攻撃性は、自分のなかにある自分でないものとして成長していき、家族や恋人、友人、医療、警察関係者などと争いを起こしやすく、本人は二次被害を受けて、人間関係をことごとく失敗していくことがあります。

 

また、PTSD症状や解離症状で苦しめられている人は、フラッシュバックや過覚醒、凍りつき、虚脱、パニック、無力感を引き起こす対象が、外側の世界のあちこちにいるので、生き地獄の中で生きていくしかなく、日常生活をまともに送れないことに絶望して、自殺を考えたり、加害者に殺意を持ったりすることがあります。やがて、ひとりきりで涙に暮れて過ごしたいとか、自分を安心させてくれる理想化された対象と天国のようなひと時を過ごしたいという幻想に浸ります。

 

その一方で、性被害に遭ったあと、性に対して歪んだ考えを持つようにになり、性行為を繰り返す人もいます。セックス依存症になる理由としては、被害者の状態により、様々あると思いますが、自分を傷つけて痛みを麻痺させるとか、服従させられた状態から支配感を味わうとか、試してみたいという好奇心とか、身体を支配する試みとか、怖くていいなりとか、親への復讐心とか、苦しみやストレスからの解放とか、自尊心を高める手段とか、性衝動を抑えられないとか、体に触れ合うことで人間らしさを回復させるなどあるようです。

 

▶性暴力被害の支援

 

当相談室は、性被害のトラウマのある方には、ソマティックエクスペリエンス(身体志向アプローチ)と本音や本当の感情を表現するカタルシス療法の併用が必要だと考えています。従来の対話中心の心理療法では、表面ですべってしまって、心と身体に響かず、効果をあまり感じられなかったと思います。ソマティックエクスペリエンスなどの身体志向アプローチは、イメージや音楽、身体感覚のみで行うことができるため、自分の性被害体験を語らなくても治療が可能です。その一方、凍りついた状態から、莫大なエネルギーを解放させるとき、全身の震えや揺れ、熱、寒気、手足の不随意運動が激しくなり、ビックリされるかもしれません。

 

治療では、脳(意識)を使いながら、身体を観察していって、凍りついたトラウマをときほぐします。例えば、みぞおち辺りにある大きな固まりを取り除くと、胸の痛みを和らぎ、肺の凍りつきが緩むと、呼吸がしやすくなります。また、肩を動かして、四肢の力を取り戻したり、口の開け閉めをして、過緊張の部分を取り除き、身体内部に留まっている過剰なエネルギーを解放します。そして、本来の自分の姿を取り戻し、様々な身体症状や睡眠障害、ネガティブな思考が改善されて、人恋しさや性欲が戻ります。治療は、できるかぎり早く行ったほうが良いでしょう。トラウマをケアせずにいると、慢性的に凍りつき、虚脱状態になり、解離や離人、過覚醒、不眠、重度のうつ、慢性疼痛、慢性疲労、原因不明の身体症状、自己免疫疾患などの症状が酷くなります。

 

その一方、性的虐待などの到底耐えられない痛みを持っている人は、身体に焦点を当てる治療でしんどくなることが多いです。性暴力被害を受けた人は、自分の身体の不快感に耐えられず、自分の身体でないように感じていることがあり、その身体に注意を向けることに対して反発します。また、自分の身体を他人の手で触れられることを猛烈に反発したり、自分の手で自分の身体を触っても、違和感しかなく、気持ち悪さを感じることがあります。

 

治療が進んでいく頭と身体が合致していくようになりますが、身体に刻み込まれた痛みやトラウマを思い出して、フラッシュバックや怒り、不快感が出て、生活全般が困難になるかもしれません。そのため、身体に焦点を当てたアプローチは、停滞しがちで、治療が中断してしまうことが多いです。ですから、最初のうちは、誰にも言えない本音や本当の感情を吐き出していって、頭と体をすっきりさせていくほうが良いでしょう。治療のペースは焦らずゆっくり行って、環境との折り合いをつけたり、自分の感情や身体と向き合ったり、長期に渡って行う必要があります。

 

あと、性被害の方への手厚いケアが進んでいないのが現状です。ワンストップセンター、警察、医療、精神科医、心理士、看護師らが、トラウマや解離、脳機能、神経系、身体症状などの理解に乏しく、広く浅くしか勉強していないため、こころや身体の痛みに鈍感で、被害者の方が二次被害に遭うことが多いと言われています。性被害の方が二次被害に遭うことで、バラバラにされたものが、よりバラバラになることや複雑性のPTSD、身体機能の低下、神経系、免疫系、ホルモンバランスに悪影響を及ぼしていきます。そして、実際の被害を受けた傷よりも、二次被害による人間不信からの孤立感の痛みの方が大きくなり、患者としてお金だけ取られて、症状が悪化するという最悪の事態に陥りがちです。そのため、性被害や性虐待を受けてきた人には、適切な保護や繊細な身体とこころのケアをしていく必要があります。まずは、どういった治療を受けていくのかしっかり説明を聞いて、安全・安心な場所で信頼関係を構築していく必要があります。

 

参考文献

白川美也子:『赤ずきんとオオカミのトラウマ・ケア』アスク・ヒューマン・ケア 2016年

 

▶HOME ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ