慢性自殺志向の内的現象

▶悪魔的な人物像(サディスティックな超自我)

 

生きるか死ぬかの過酷な環境では、愛着システムに作動された弱く甘えん坊の自己の部分は、この世界に絶望し無力化されて眠りにつきます。日常では、身代わりの自己や対抗するための自己を作られ、過酷な環境に適応しようとします。そして、それぞれの自己は解離されていきますが、過酷な環境こそが日常だとみなし、その環境に生き抜けるように組織化されています。一般に、異常な環境に特化した自己の部分は、通常の世界の人とは全く異なるつくりなので、一般的な社会に適応することが非常に難しいです。

 

虐待はあまりに激しく体験できないことが起こります。虐待がどれほど大変でしんどくても子どもは親との繋がりを希求しており、良い存在であってほしいと思っています。虐待を受ける子どもは、親との関係でストレスやフラストレーションの耐性を超えると、意識から切り離されます。子どもは、親は悪くない、悪いのは自分だから暴力を振るわれるという理解をしていきますが、親の支配や暴力に恐怖し、身体が何度も凍りついて機能を停止させてやり過ごします。その一方で、受け入れがたい現実に対して、頭を使って危険を回避しようする部分や、常に痛みを引き受ける部分、やり場のない怒りを爆発させて、攻撃しようとする衝動や半狂乱の部分を併せ持つことがあります。

 

理不尽な親の振る舞いに、やり場のない怒りを爆発させたり、攻撃しようとする衝動や半狂乱の部分は、更なる虐待を呼び込んでしまいます。また、思春期にかけて、体も大きくなるので、攻撃性は人や自分の体を傷つける結果になります。さらに、子どもが大人になるに連れて、自意識の高まりや心理社会的意味を知ることで、受け入れがたい親への怒りや攻撃性は更に大きくなっていき、現実を拒絶していきます。子どもは、成長に伴い理性の部分が強くなる一方で、やり場のない怒りを爆発させる部分は非常に危険な存在になっていくため、奥深くにある頑丈に鍵がかかった地下牢のなかに閉じ込めるしか無くなります。しかし、その危険な部分は、日常を過ごす私の背後から見て、監視しており、大きな精神的ショックを受けると、変性意識状態を通じて入れ替わり、肌を傷つける自傷を繰り返します。そして、いつの日か、善良さのない、悪魔的人物像(サディスティックな超自我)に変貌していくことがあります。この悪魔的人物像は、エドモンドバーグラ―の言葉を借りれば、日常を過ごす私に取り憑き、善良さはまったく欠けていて、実際のところそれは怪物、つまり逃げ場のない責め苦や無力でマゾヒスティックな自我の一生にわたる虐待という戦術に終始します。

 

悪魔的人物像すなわち、もう一人の私は、境界の彼方から声をかけ、悪夢を見せ、身体とこころを蝕みます。虐待やいじめ等の被害者で自己愛、境界例、シゾイド、解離性同一性障害の患者さんの病理とは、自らの内にいる悪魔的なもう一人の私そのものであることがあります。患者さんは、内にいるもう一人の私と何年も闘うことになります。もう一人の私は、リストカットし、暴れ、他者を性的に誘惑し、金銭トラブルを起こし、周りを混乱させる行動をとります。一つの身体に、二つの魂と二つの記憶を持ち、一方が、もう一方に対して、皮膚や肉体を通して、拷問や強姦を行います。

 

▶慢性自殺志向の内的現象

 

現代クライン派の精神分析家のデイヴィット・ベルの自殺の内的現象学を参考にして書いていきます。自殺を望む者は、高い度合いの解離による人格構造に断裂があります。一方は、あたかも正常かのように見せて日常を過ごす私で、親の暴力に恐怖し、凍りついていきますが、もう一方は、交感神経系に乗っ取られた過覚醒をベースに動いており、やり場のない怒りを爆発させるもう一人の私の部分に断裂されます。虐待などの状況では、日常を過ごす私は、正常な生活を送ることに終始するか、理想化された良い対象との精神性、霊性への一体化を望んでいるため、過覚醒になり、暴力的事態に対抗するための野蛮な身体の方は切り離されます。そして、目に見えない理想化された母親的対象を慕う心性から、あちら側の世界が本当の家族と再会する場所になり、通常の人の死生観とは違ってくるので、死こそが救いになる人がいます。

 

生きるか死ぬかの過酷な状況では、警戒心から身体を常に緊張状態に置かれて、過覚醒になるか、麻痺していきます。トラウマを負った人の自律神経システムは破壊され、身体内部の生理的な混乱と闘うようになります。自殺行為によって攻撃される身体は、耐え難い苦痛、血に飢えた暴力性、無力化された身体、恥、醜さ、悪さ、汚れ、絶望と同一化しています。自殺は、耐え難い対象を排除し、そうすることによって完璧で理想的に感じられる対象と結合しようとする自己破壊行動であると言えます。

 

トラウマにより、身体内部は原始的な神経が働き、様々な身体症状を示しますが、人はその内部の混乱を外部に投影させていくため、外的現実と身体内部の境目が無くなくなり、現実検討力が失われます。そして、外の世界の刺激に対して、警戒し、緊張し、不快になるのと同時に、身体内部からも攻撃されているように感じて、無数の目に見えない想像上の脅威と戦うようになります。別の言い方では、体内過敏と気配過敏、視線恐怖などが合わさって、外から内からも攻撃されているように感じ精神的に追い込まれます。その結果、生活全般が困難になり、人間関係もうまくいかなくなり、自殺を望むようになります。

 

自殺を望む者の背後や内的世界には、太古的な悪魔的人物像(もう一人の私)がいて、日常を過ごす私のことを見ていたりします。日常を過ごす私がほんの些細な間違いをしたときでも、この悪魔的人物像は、唸り声をあげて倍返しで罰を与えてくるので、その部分に怯え恐れ震える事しかできなくなります。自殺は、悪魔的人物像への服従であり解放であると感じます。

 

常を過ごす私は病気に負けず幸福や喜びを希求していても、悪魔的人物像(もう一人の私)は、この世界を怨み、人間を憎しみ、復讐することを欲望しています。自殺はこの恐ろしい悪魔的な破壊衝動に逆らうことが困難であることに絶望し、世界を救うために自らを殺そうとする行為と言えます。

 

日常を過ごす私は自殺によって現実の両親に多大な苦痛を与えることに恐怖していますが、悪魔的人物像(もう一人の私)は現実の両親に多大な苦痛を与えることを欲望しています。日常を過ごす私が親への愛情を空想化しているかぎりはいいのですが、ひとたびその空想が潰されてしまうと、どちらの自分かもわからなくなり自殺を遂行することがあります。

 

自殺を望む者は、振り向かすことができないという耐え難い痛みを突き付けてくる対象(母親、恋人など)に対して、悲しみ、孤立し、絶望し、自殺に突き動かされます。

 

自殺を望む者は、背側迷走神経系が主導権を握ることがあり、動物が捕食者に捕まり、身動きがとれず、死んだふりをする状態と似たような状況下にあります。人間は、恐怖で身動きがとれなくなり、死んだふりの状態を今にも死んでしまいそうという解釈します。そして、普通に生きれないことに絶望して、無力感に打ちのめされて、そこに意識の狭窄や焦燥感も合わさると、希死念慮が高まります。このとき、呼吸は浅くてほとんどできず、動悸も弱く、血圧も低く、顔は青白くて、身体的苦痛から虚弱化しています

 

日常を過ごす私は、過覚醒の闘争モードの攻撃性と、死んだふりからの一瞬にかける攻撃性の部分を制御できないことに悩んでいて、傍にいる大切な人を巻き込んでしまうかもしれないととても恐れています。自分の記憶の無い間に、人を傷つけてしまった過去の体験を後悔し、もう誰にも迷惑をかけたくないと思っているので、こんな自分さえ居なくなればと、何度も自分の存在を消そうと試みます。

 

自殺には、計画や準備が必要です。周囲には、いつか自殺するかもしれないと苦悩のサインを出し、無力感で弱弱しい声を出しています。そして、誰かからの救いの手を差し伸べられることを願っています。最終的に、自殺する決心が固まると、誰にも連絡せず、冷静に身辺整理を始めます。

 

▶HOME ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ