解離性症状

▶解離性症状とは

 

解離性障害や解離性同一性障害の人のなかには、鏡の中の自分を見たとしても、自分のことについて多くを語ることができません。鏡を見ると、鏡の中に吸い込まれそうになり、別の自分がいるような気がして、違和感から鏡をいつまでも見てしまいます。そして、鏡に別の自分の姿が映り、自分の声で話かけてくることがあります。

 

解離性症状に罹る人は、家に自分の居場所が無く、家にいるのが辛くて、どこにも居場所がありませんでした。誰にも関心を持ってもらえずに、自分は世界に一人ぼっちでいるように感じ、この世界を擦りガラス越しに見ていました。何をしてても嘘みたいで、何をしても自分がありません。足元がフワフワしていて、自分が誰かも、自分が何を考えているかも分かりません。子どもの頃から、生活全般のストレスや緊張のなかで生きており、最初のうちは、とても辛い状況に対して、過敏に反応していましたが、神経が繊細すぎると、周りとうまくいかなくなったり、生活が回らなかったりするので、不快感や痛みの感覚、恐怖や怒り、悲しみ、苦しさの感情を自分から切り分けて過ごしてきました。その結果、身体は凍りついてしまって、集中力が途切れて、ぼーっとした状態になり、注意散漫になります。身体が凍りつくと、自分の身体の感覚が分からなくなり、感情も鈍麻し、時間の感覚が止まって、思考が混乱します。そして、心も体も空っぽな状態になり、自己感覚の確立が出来ずに、自分のことがよく分からないなかで生活していて、生きている実感が分からなくなります。

 

トラウマを受けた人は、痛みで身体が凍りつき、意識が変容し、時間、思考、身体、情動等に支障をきたします。何度も外傷体験の再演を繰り返すことで、原始的な神経の働きが優位になり、心身の機能を一部停止させるため、解離性症状は重たくなります。主な解離性症状は、フラッシュバック、幻聴、離人症、非現実感、解離性健忘、解離性昏迷、感覚過敏(人の視線、気配、音、匂い、光、振動、体内過敏)、硬直、凍りつき、脱力、衰弱化、アレキシサイミア、パニック、過呼吸等になります。解離性症状の重篤な人の脳の中は、何も起こっていなくて、視床の部分で感覚刺激が断片化されています。そのような状況にある人は、子どもの頃からのトラウマにより、身体が麻痺していて、外の世界を生き生きとして感じることができず、自分が自分で無くなっており、自己の感覚(嗅覚以外)が分からなくなっています。そして、外の世界で目に見えるものが見えにくくなり、人と直接関わっている感じが薄く、実感がわきません。まるで夢の中で生きているような感じや、夢から覚めて現実だと思っていた世界がまた夢の中にいるように感じています。

 

解離性症状に陥りやすい人は、 家庭、学校、子どもを取り巻く生活空間の全体がストレス過多にある人です。また、虐待やネグレクト、事件、事故、医療トラウマなどの圧倒するような外傷体験や発達早期のトラウマ体験、親の不在、有害物質の暴露を受けてきた人です。さらに、感覚過敏があり、身体の不安にとらわれている人がなりやすいと言われています。解離性障害の人は、ストレスが高まると、解離モードに自然にシフトしていきます。

 

▶解離性症状の自己感覚

 

幼少期に外傷体験を受けると、その状況に自分自身を適合させて、日常生活をこなすようになります。過去の外傷体験に固着(やや制限されている)していると、心は子どものまま(過去に乗っ取られていく)でなかなか成長できませんが、体は大人になっていくので、大人のふりを演じながら生きています。心と身体は合致せず、時間感覚は歪んでおり、過去と現在の時間感覚が断絶していたり、過去の時間が断片化していたり、現在の時間がゆっくり流れていたり、未来の時間が認識出来なかったりします。どうしてこのような状態になるのかというと、繰り返される外傷体験を受けることで、この世界がとても怖くなっていき、恐怖や痛みを感じないようにしていると、本来の自分の感覚を失ってしまって、私は私でいることが出来なくなります。そして、過去から現在、未来の時間感覚が無くなります。まるで時間が止まったように過ごしており、日常生活を過ごしているのは、私ではなく過去の私(大人や子ども)の部分が担っていて、物事を感じているのは私ではなくて、過去の私がこの世界を眺めています。すなわち、本来の私は、体の中心にいて、小さく縮こまり、じっとしていますが、過去の私の部分が、体の中心から少し外れた位置で日常生活をコントロールしています。そのため、過去の私の部分は、何をしても現実感を感じることが難しく、本来の私のことが分かりません。そして、身体に対する自己の感覚は、まるで自分が自分自身のすぐそばに立っているかのように感じたり、自分の体の外から物事を眺めているような感じで、観察者として過ごしています。本来の私は、誰とも喋らず、誰にも近づかず、無反応で、固まったまま、身体の中に閉じ込められていることがあります。

 

▶解離性症状の幻聴

 

健康的な人は、自分がその考えを持っていますが、外傷体験を受けている人は、おまえが悪いという二人称の視点からの声が聴こえるようになることがあります。解離性症状の重い人は、自分の生きてきた体験を自分で語るのではなく、別の声が頭の中で話すようになります。トラウマを負っている人の自己は断片化していき、それぞれの自己部分が精緻化され、凝集化し、解放化されることで、自律性を有していきます。自律性を有している自己の部分は、身体と精神の間を行ったり来たりしながら、日常を過ごす私に関与してきます。そして、しっくりこない異なる部分が自分の中にあると感じたり、二つ以上のアイデンティティがあるように感じます。 

 

▶特定不能の解離性障害

▶解離性の身体症状

▶低覚醒・解離性症状の子ども

▶愛着・過覚醒システムの子ども

▶HOME 

▶電話カウンセリング 

▶お問い合わせ