解離性障害チェック

▶解離体験尺度

チェックした項目によっては、解離性同一性障害、離人症、PTSD、その他の解離性障害が疑われます。このテストは「解離-若年期にいける病理と治療」(フランク・W・パトナム 中井久夫 訳 2001年)に掲載されたもので成人用になります。DES-IIは公的世界の文書です。特別の許可も版権免除許可もいらないから、自由に複製、頒布、使用していただきたい。とのことで、セルフチェックするための心理検査としてのDESをご紹介しています。

パトナムは、解離を「ストレスとトラウマに引き起こされた極度の状態は、通常の意識状態とは状態を定義する要因が著しく異なる(つまり、解離している)。トラウマが酷ければ酷いほど、少なくともいくつかの指標では、その個人は変容した意識状態に陥る可能性が高くなる。慢性的、あるいは反復性のトラウマは、時間の経過と共に共進化する多くの変容状態に導く。」と述べている。

解離体験尺度

人がトラウマを受けると、時間、思考、身体、情動面に影響が出ます。障害となる解離性症状は、過去と現在の時間感覚が断絶し、捻じ曲がり、フラッシュバックが起きます。いつも過去に存在しているかのように生きており、今起きている出来事を忘れていきます。また、別の声が聴こえてきて、自分の思考と声をコントロールします。さらに、自分が体の外にいるような離人症があり、体が自分のものではありません。そして、情緒が分断されていて、感情の麻痺があり、何も感じられないとか、何を感じているのか分からないとか、感じすぎてしまうなどがあります。その結果、自分が自分でなくなることとか、周囲の気配に恐怖していき、恐怖がさらなる麻痺や不動、パニック、原因不明の身体症状を作り出します。

 

解離性症状がある人は、活動性が低下していて、ボーッとしている時間が多く、気づいたら時間が経っていて、やらないとけいないことになかなか取り組めません。また、時間の感覚がなくて、思考も働かず、記憶が繋がりにくいため、後からやったことを思い出せないことが頻繁に起こります。生活全般が困難なうえに、身体症状の不安と対人恐怖が高まると、感覚過敏(体内過敏、気配過敏など)から、不安や被害妄想が強くなり、エネルギーが切れてしまって、無意識のうちに機能停止や凍りつく防衛パターン(頭を空っぽにする)にはまり込んでいます。解離性昏迷では、突然、エネルギーが切れて脱力状態になり、外からは無表情・無反応で気絶しているように見えます。そして、話そうとしても言葉が出ず、相手に話が伝わりません。解離性症状が多彩にある人は、生活全般に適応することが難しくなるので、無力さから引きこもるとか、観察者になり、現実世界を外から眺めるとか、自分の変なところを隠そうとして、他者の行動を真似るといった過剰な同調性を示します。そして、本当の心のうちを誰にも見せることなく、いくつもの仮面を貼り付けて、悩みのないふりをして生きています。

 

 

▶DES解離性障害のスクリーンテストのページに飛ぶ 

▶構造的解離 ▶解離性障害の特徴 ▶解離性同一性障害の原因 ▶解離性症状と自己感覚 ▶解離性障害の心理療法 ▶解離性症状の子ども ▶子どもトラウマ ▶特定不能の解離性障害 ▶解離性の身体症状 ▶光と闇の交代人格 ▶様々な解離症状 ▶離人症

 

 

DESは、正常の解離から、障害となる解離症状までについて尋ねた28項目の質問神です。

各問いに、そういうことはない(0%)~いつもそうだ(100%)として、11段階で答えてもらいます。

これらの各項目を平均した値から、解離体験を評価していきます。

 

カットオフは30点(%)となっていますが、おおよそ4段階に以下のようにとらえていきます。

あくまでもスクリーニングテストであり、それで障害が確定するものではありません。

 

15点前後:高くない

25点前後:高めだがカットオフ以下

35点前後:カットオフを少し超える

50点以上:非常に高い

 

日常生活のなかで解離体験がどの程度あったのかを問うた質問になっています。

特に、③、⑤、⑦、⑧、⑫、⑬、㉒、㉗の質問に高い確率で該当があれば解離性障害の可能性は高まると言われています。

 

①自動車・バス・電車・自転車などに乗っていて,今までそこに来るまでのあいだのこと(全て,または,ある場所からある場所までにあったこと)を覚えていないことにふと気がつく,というようなことがある。

 

②人の話を聞いているとき,言われたことの一部,または全部が,全く耳に入っていなかったことにふと気がつく,というようなことがある。

 

③自分がある場所にいるのに,そこにどうやってたどりついたのかわからない,というようなことがある。

 

④着た覚えのない服を着ていた,というようなことがある。

 

⑤自分の持ち物の中に,買った覚えのない新しいものがふえていることに気がついたというようなことがある。

 

⑥みずしらずの人がやってきて,その人から違う名前で呼ばれたり,前に会ったことがあると言われた,というようなことがある。

 

⑦まるで自分が自分自身のすぐそばに立っているかのように感じたり,自分が何かをしているのを見ているかのように感じる,あるいは,まるで他人を見ているみたいに,実際に自分自身を眺めているように感じる,というようなことがある。

 

⑧良く知っている人(友達や家族)なのに,それが誰か分からないときがある(あるいはそのことを人から指摘されたことがある)。

 

⑨人生上のある重要な出来事(例えば卒業や結婚式など)の記憶がまったくないのに気がついたことがある。

 

⑩自分が言った覚えのないことで,うそをついたと責められる,というようなことがある。

 

鏡を見ているのに,映っているのが自分だと気がつかない,というようなことがある。

 

⑫周囲の人や物や世界が現実ではないように感じられる,というようなことがある。

 

自分の体が自分のものではないように感じられる,あるいは自分に属したものではないように感じられる,というようなことがある。

 

⑭過去の出来事がとても鮮明に思い出され,まるでその出来事をもう一度体験しているかのように感じられる,というようなことがある。

 

自分の覚えていることが,実際に起こったことなのか,それともただ夢に見ただけなのか,はっきりしないというようなことがある。

 

⑯見慣れた場所にいるのに,なじみのない見慣れないところにいるように感じる,というようなことがある。

 

⑰テレビや映画を観ていて,周囲で起こっている出来事に気づかないほど物語に没頭していることがある。

 

⑱まるでそれが現実に起こっていることに思えるほど,空想や白昼夢に引き込まれることがある。

 

⑲痛みを無視できることがある。

 

⑳じっと空を見つめて,何も考えず,ただ座っていて,時間が経つのに気がつかないでいる,というようなことがある。

 

㉑一人でいるとき,大きな声でひとりごとを言っていることがある。

 

㉒状況によって全く違ったふうに自分が振舞うので,自分がまるで2人の別の人間のように感じられることがある。

 

㉓ある状況の下では,普段なら困難なこと(例えばスポーツや仕事や対人関係など)をとても容易に,思うままなしとげられることがある。

 

㉔あることを実際にしたのか,それともしようと思っただけなのかよく思い出せない(例えば手紙を出してきたのか,それとも出そうと思っただけなのかはっきりしない)というようなことがある。

 

㉕したという記憶はないのに,何かをしていたというようなことがある。

 

㉖確かに自分が書いたと思われるメモや絵や文章があるのだが,それを自分で書いたということが思い出せない,というようなことがある。

 

㉗何かをするよう促したり,自分のしていることに意見を言ったりする声が頭の中に聞こえる,というようなことがある。

 

㉘まるで世界を霧を通して見ているように感じられ,人や物が遠くに見える,または,ぼんやりと見える,というようなことがある。

 

▶心的外傷と回復 ▶カウンセリング ▶とらわれ ▶抑うつ ▶パニック障害 ▶セルフケア防衛 ▶発達性トラウマ ▶トラウマと脳 ▶トラウマと身体 ▶トラウマの世界 ▶PTSD ▶フラッシュバック ▶トラウマ再演 ▶トラウマ影響 ▶トラウマケア ▶トラウマ正体 ▶トラウマ克服 ▶トラウマ接し方 ▶宿命と錯覚 ▶愛情不足 ▶被虐待児の傷 ▶児童虐待 ▶子どもトラウマ ▶子ども心理療法 ▶変性意識と憑依 ▶過覚醒システム ▶境界例こども ▶解離と愛着 ▶人格解離 ▶子ども人格 ▶怒りの人格 ▶解離症状と恋人 ▶解離と犯罪 ▶狂気と解離 ▶自殺志向 ▶ヒステリー研究 ▶ヒステリー女性 ▶境界性人格障害 ▶境界性の心理療法 ▶引きこもり ▶回避性人格障害 ▶回避性の治し方 ▶病理的自己愛 ▶過食症 ▶発達障害  ▶極限の状況下で ▶内なる魂の声 ▶トリックスター ▶トラウマ変容 ▶遊戯療法 ▶マインドフルネス ▶身体志向 ▶ゲーム依存 ▶メンタライズ