カウンセリングについて

▶カウンセリングとは

 

カウンセリングについてご存じない方も多いと思われますので、トラウマケア専門『こころのえ』相談室にて行っているカウンセリングについて説明します。

 

カウンセリングとは、相談するという意味であり、依頼者の抱える個人の心理的問題、悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談業務のことです。通常は、心理相談室で心理学的立場からの専門家と定期的に相談することを言い、カウンセリングを行う者をカウンセラー、カウンセリングを受ける者をクライエントと呼びます。カウンセリングは、心理療法や精神療法と呼ばれることもあります。

 

カウンセリングには、様々な方法があります。カウンセリングの基礎理論としては、ロジャーズの来談者中心療法で説明されることが多いです。その中のカウンセラーの傾聴の3条件、「無条件の肯定的配慮」「共感的理解」「自己一致」が有名です。

 

一般に、心理相談室で行われるカウンセリングではカウンセラーからの具体的なアドバイスによって目の前の現実の問題を直接的に解決していくものではありません。カウンセラーは問題や症状のメカニズムを明らかにして、見立てを持ってカウンセリングを行いますが、問題解決のための正解とか答えを持っているわけではありません。明らかにした問題や症状に立ち向かうのはその人本人であり、カウンセラーは、解決する方法を一緒に考えるお手伝いをさせてもらいます。

 

カウンセリングでは、自分の思っていることを何でも遠慮せずに話すことで、心身に効果が出てきます。また、カウンセラーが質問したことを、クライエントは答えていくことになるので、カウンセリングを通して、細かく自分の経験が言えるようになります。そして、今ここでの体験していることが新しい体験と結びき、古い行動パターンから新しい行動パターンに変化します。

 

カウンセリングは、同じカウンセラーによって週1回以上(時間や金銭的に余裕のない方は、2週間に1回)行われます。1回の面接時間は60分~90分で、毎週同じ時間に同じカウンセリングルームで行います。カウンセリングを行う空間は、隠された領域への旅を可能にして、地中深くに埋もれている真実を探求する場になります。費用は自費で健康保険を用いることはできません。カウンセリングの期間はケースバイケースですが、通常半年以上はかかるのが普通です。

 

▶当相談室で行われる心理療法について

 

初回は、相談に至った経緯や主訴、成育歴、家族構成などを話して頂きます。また、こころと身体の状態をアセスメントしていきます。2回目は、希望によりロールシャッハ・テストや描画テストなどの心理検査を行うことが出来ます。3回目以降は、変わりたいとか改善したいことに焦点を当てて、その人の実情に合わせたより柔軟な方法(自由に思いついたことを話すオーダーメイド式カウンセリングやリラクセーションセラピー)で行うことが出来ます。基本的に、心理療法は自分のペースで進めていくもので、自分がペースを決めて行います。

 

当相談室のオリジナルの折衷的心理療法では、東洋の瞑想と言われるマインドフルネスやソマティックエクスペリエンス、呼吸法、自律訓練法、イメージ療法、ゲシュタルト療法を組み合わせて、内なる身体感覚に働きかけます。まずは、目をつぶり、リラックスした状態に入ってもらって、腹式呼吸をします。呼吸に注意を向けて、集中していくことである種の制限がかかります。この制限は、通常の意識・認識過程から、変性意識状態(トランス)へと導きやすくしてくれます。また、安心できるイメージを思い浮かべて、体内宇宙に浮かび上がるモヤモヤやザワザワを感じ取り、その生理的反応の変化を見つめながら、次に何が起こるのかを見ていきます。そして、身体の緊張を解きほぐして、人間の最も洗練されたシステムに働きかけることにより、理性脳と情動脳をつなげる脳回路を活性化させて、一人で安心して落ち着いていられる状態を作ります。

 

ここからは、西洋の瞑想と言われる精神分析の自由連想法や、ユング派のアクティブイマジネーションに繋がていくことが可能です。まずは、身体感覚の不快感と、同時に無意識的空想(懐かしい子どもの頃の安心できるイメージ)が浮かんでくるので、その間を振り子のように行ったり来たりします。そして、空想に浸りながら思いつくまま自分の思ったことを自由に話して頂きます。セラピストは、話した内容について、相槌や解釈、介入等を行い、対話をしていきます。そして、自分の身体感覚(内臓感覚、皮膚感覚、筋肉の緊張)、視覚イメージ(絵)、感情、思いつき、行動に対して、意味づけや思考していくことで、新しい自分へと生まれ変わります。東洋と西洋の瞑想を駆使したリラクセーションセラピーを行うことにより、落ち着いて意識を集中することが得意になり、感情や精神状態が不安定にならずに済むようになります。また、自分を外から見る目と内なる感覚に気づく耳の両面を持つことで、自己認識は深まり、本当の自分が生きられるようになって、人生の道を間違えることが減ります。そして、トラウマはスピリチュアリティに変容していき、精神性、身体性、こころの想像力、審美性、自己調整能力が高まるため、覚醒状態や難しい情動に対処できるようになり、美しい自分に生まれ変わります。

 

▶解離性症状の人には

 

ただし、解離性症状のある人は、トラウマが体の中に閉じ込められています。一般の人は、呼吸法を行うと、腹側迷走神経が働くので、深くリラックスした状態になります。しかし、トラウマや解離性症状があると、不安や恐怖に過敏に反応するので、常に身体は緊張状態にあり、それに拮抗して交感神経系や背側迷走神経の働きが優位になります。そして、体の一番弱い部分(お腹、胸、喉など)が締めつけられて苦しく、興奮、過呼吸、息がしづらい、心拍数低下、めまい、凍りつき、脱力、パニックになってしまうことがあります。不安や恐怖の悪循環から交感神経系が暴走すると、覚醒水準の耐性領域を超えてしまって、背側迷走神経が働いてしまうため、体は凍りつき、不動化が起きます。解離性症状のある人は、このような生物学的メカニズムが働いているので、呼吸法を少しずつ行い、マインドフルネス瞑想、ソマティックエクスペリエンスの技法を駆使します。

 

まずは、トラウマに対抗するために、居心地よい記憶を思い出してもらって、身体の中に安心できる場所を探します。身体の安全基地が発見されたら、次は頭の天辺から足の指先まで、体内の感覚を見て回ります。身体の部位を一つ一つ見ていくと、緊張している部分があるので、そこに注意を集中させると、どのようにして自分を守ろうとしているのかが分かり、過去のトラウマが露わになります。そして、身体の皮膚感覚や筋肉の張りをじっくり味わい、実感を伴わせたうえで、緊張がその部分をどのように動かしたがっているのかを想像してもらって、実際に動きたいように動かすことで、トラウマを解きほぐしていきます。さらに、交感神経(緊張)と背側迷走神経(麻痺、不動化)のなかを耐え忍び、自発的に接触して体験していくことで、凍りついた部分が温かくなり、身体を震わすことで、再び人生が動き出します。そして、自分の身体から切り離された私から、現実世界に存在している私に変容して、心身のバランスが取れるようになり、緊張とリラックスの間を生きれるようにしますこのような身体志向アプローチと、自分の本音をたくさん話してもらいながら、大きすぎる感情や葛藤を頭の中で整理していく方法の両方を行うと全体のバランスが取れるようになります。

 

▶HOME ▶カウンセリングとは ▶カウンセリングの効用 ▶心的外傷からの回復 ▶トラウマ支援の特徴 ▶カウンセリングの流れ ▶プレイセラピー ▶マインドフルネス ▶身体志向アプローチ ▶メンタライゼーション ▶自然崇拝セラピー ▶ゲーム依存症の治療 ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ