クービック予約システムから予約する
不登校・引きこもり支援

▶不登校・引きこもりの生物学的メカニズム

 

不登校や引きこもりの方は、発達障害がベースにあるか、過去にトラウマを負っていることが多く、恐怖と麻痺(不動状態)という生物学的メカニズムの中に閉じ込められています。不登校や引きこもりに至る経緯は、学校社会の集団場面の交わりと家庭環境のなかで、八方塞がりの状況に立たされ、体と心の方が悲鳴を上げて、社会交流システムを司る神経の働きが麻痺します。

 

例えば、不登校の子どもの場合は、学校のなかにいじめっ子がいて、動くと目をつけられて攻撃されてしまうので、じっと動かないようにすることで、自分の身を守ります。これは、いじめっ子に叩かれたり、押さえつけられたり、悪口を言われたりした場合は、やり返してしまうと、もっとやられてしまうので、反撃せずにじっとしていたほうが楽なのです。

 

このような状態が続くと、学校の中に苦手な人がいて、戦うことも逃げることもできずに、自分の居場所がなく、身動きが取れなくなり、死んだふりをするという防衛パターンが脳と身体を繋ぐ神経系に書き換えられます。そして、学校に行かなきゃいけないと思っても、登校前にお腹が痛くなる、気分が悪くなる、めまいがする、手足に力が入らない、身体が怠く重い、頭が痛い、朝起きれないなどの症状が表れます。

 

学校に行こうと焦れば焦るほど、体と心が固まり凍りつくか、鉛のように重たくなり動けなくなります。心は、学校に行こうと思っていても、体の神経はトラウマという原始的防衛(脅威を遠ざけたい防衛による警戒態勢)が延々と作動しているので、本来の人間の機能が停止させられています。このトラウマによる原始的防衛というのは、不快な刺激に対して、警戒心が強くなると、身体は硬直して、交感神経は興奮していきます。しかし、強い恐怖や感情が覚醒させられると、交感神経にブレーキがかかって、背側迷走神経が働く麻痺が規定の反応になり、心拍数や血圧が下がり、手足に力は入らなくなります。めまいやふらつきで起き上がれないとか、筋肉がうまく使えず身体は重くなり、動けなくなります。

 

このような原始的防衛にはまり込んでしまった人は、外の世界に危険があるかどうかを警戒していて、ちょっとしたことでも不安や動揺を感じると、身体の方が過敏に反応します。ストレスがかかることで、胸が痛み、呼吸がしづらくなり、無理に頑張ろうとすればするほど、体調が悪くなり、頭が働かなくなり、エネルギーが低下します。不快すぎる状況が続くと、家から出れなくなり、動きたくても動けません。

 

たとえ再び登校できたとしても、孤立無援状態が続くと、手足の筋肉は崩れて、お腹がバクバクと活動し、頭痛や腹痛、吐き気を感じるかもしれません。体は麻痺していって、何の希望も無くなり、人生をただ生きているだけの状態になります。そして、学校に行くことが苦痛で、逃げたいという気持ちが高まると、再び不登校になります。

 

▶不登校に陥るトラウマの苦しみ

 

生活の中では、動悸の激しさや弱さ、胸の痛み、喉の腫れ、パニック、呼吸困難、喘息、発汗、めまい、立ちくらみ、腹痛、頭痛、吐き気、固まる、麻痺することに対して恐怖していき、さらに、それらを引き起こす外界の気配や人の視線、感情、音、光、匂い、振動が気になり、警戒心が強くなります。人から傷つけられることに恐怖して、恐怖がさらなる体調不良や対人恐怖、気配過敏、凍りつき、虚脱状態を作り出すので、学校に行くことが非常に困難になります。

 

そして、脳がトラウマという恐怖に染まって、防衛する時間が長く続くと、交感神経系のエネルギーが切れて、自分の意志に反して、身体が動かなくなります。たとえ自分のやりたいことがあっても、手足の力が入らず、脳の働きが鈍く、息苦しく、ぐったりと疲れてしまって、自分の壁にぶつかります。また、めまいや吐き気、腹痛、身体が重くて動けなくなります。そして、周りの人と同じことがしたいのにできない自分を責めて、自分は劣っているという無力感を感じます。

 

このような悲惨な状態にあっても、子どもは親の期待に応えようとして、無理に学校に通っていると、ストレスにより、体と心が麻痺していくので、何も感じられないとか、何も考えられないという解離症状が重たくなります。そうなると、表情は暗くなり、思考もまとまらなくなり、現実感は薄くなって、上手に人前で話せなくなったり、作業に時間がかかったり、楽しいという感情が沸かなくなったり、気分が落ち込んだり、悲しんだりして、椅子から立ち上がることも困難になることがあります。また、元気なときに出来ていたことが出来なくなり、出来ない自分を責めて、意欲が無くなり、前に進めなくなります。そして、こころの余裕が全くなくなると、死にたくなるので、できる限り、ストレスのない空間に引きこもることでしか対処できなくなります。

 

▶不登校と自律神経系の障害

 

不登校になる子どものなかには、自律神経失調症の起立性調節障害があるために、学校行こうとしても、心拍が血圧が下がっていて、めまいやふらつきが起きますます。さらに、手足の筋肉が極度に脱力しているために、起き上がることが困難になり、立って歩くのも大変で、学校に行けなくなると言われています。このメカニズムは、睡眠中にトラウマの不動状態になり、朝が来ても、神経が起きてなくて、心拍数や血液の循環、筋肉の働きが正常値に戻らないことが原因でなります。また、外出することや人の目が怖くなると、その恐怖から身体が凍りついて、頭やお腹が痛く、気持ち悪くなり、動くことが困難で、不登校や引きこもりになります。

 

このように不登校や引きこもりになるのは、単にこころが弱いというだけでなく、トラウマや神経発達の異常で、自律神経系の調整不全や原因不明の身体症状、睡眠障害、うつ病、解離症状が大きく影響しています。心に全く余裕がなくて、ネガティブな記憶ばかりが蘇り、恐怖と麻痺のメカニズムにはまり込んでしまうと、心の状態は体調不良に直結してきます。また、学校に行かなくて、時間だけは経過して、過去の行いに対する後悔や、将来に対する不安が強まれば、嫌なことばかりが浮かんで、ストレスになり、体は重く、動くのが億劫になり、うつ状態から抜け出せなくなります。そのため、心と身体の両面に当てたアプローチを行いながら、少しずつ楽しいと思える社会的場面に参加していくことで、不登校や引きこもりの問題は改善されていきます。

 

▶不登校になる様々な原因

 

不登校や引きこもりの問題は、親の責任でそうなることもありますが、そうでない場合もたくさんあります。親の問題だけでなく、学校社会のいじめやストレス、発達早期のトラウマ、不運な出来事、子どもの発達や体質に問題があることも多いです。親が子どもの苦しい世界を理解していって、責めないでいると、子どもの状態も変わってくると思います。また、不登校の場合は、親は学校の担任と連携を深めて、お互いが子どもの状態を理解し、子どもの言い分をしっかり聞いてあげて、学校で居場所を作ってあげることが欠かせません。

 

一般に、不登校や引きこもりの人は、大人を含めた人間に対して不信感があり、怖がりで、引っ込み思案になり、気分は落ち込んで、通常の人も何倍も傷つきやすくて、原因不明の身体症状を持っていることが多いです。また、他者と成熟した人間関係を作り維持することができず、不適切で無力な行動をとりやすいです。さらに、早期のトラウマや発達の偏りにより、資質が限られていることも多く、学校生活や社会生活、人間関係などを適切に処理することができません。

 

▶不登校・引きこもりへの対処法

 

不登校や引きこもりの支援では、トラウマという身体の生物学的メカニズムを解きほぐす必要があります。トラウマがある人は、脅威を遠ざけるという防衛が働くために、苦手な人が一人でもいると、身体の中のトラウマが疼いて、その場を回避したくなります。トラウマによる対人恐怖と回避症状、身体症状が不登校や引きこもりの最も大きな要因になります。

 

不登校や引きこもりのカウンセリングでは、セラピストとの信頼関係を構築していきながら、安心なイメージや安全な身体感覚を探していきます。最初のうちは、身体の機能(呼吸、心拍、血圧、筋肉、内臓)が制限されているので、特殊なヨガや呼吸法、動く瞑想、トレーニング器具を用いて、筋肉や血液、心拍の流れ、凍りつき状態から覚醒状態に導いていきます。そして、起床時や日中、寝る前の様子はどうなのかを話していき、生活リズムと身体の調子を整えるために、様々な工夫を凝らし、自己調整するスキルを身につけていきます。

 

例えば、不登校の子どもは、朝に目を覚ましても、身体を起こそうにも起こせずに、活動することができません。そのため、身体の神経や筋肉を少しずつ目覚めさせていく必要があります。寝ているときは、身体が固まっていかないように、クリスタルボウルのヒーリングを聞いて寝てもらって、朝に目が覚めたら、ベッドの上で、ヨガのチャイルドポーズを取り、心身の状態を正常に戻していきましょう。チャイルドポーズでは、両足を正座の姿勢にして、背筋を伸ばし、両手を前方の床につけます。ゆっくり息を吐きながら、上半身を前に倒して、おでこを床につけます。背中を丸めて、首や肩の力を抜き、柔らかく過ごして、身体をリラックスさせましょう。このような習慣を生活のなかに取り入れていきます。

 

次に、対人恐怖や視線恐怖、気配過敏などを取り上げて、身体の緊張している部位に注意を集中させることで、どのように人から傷つけられることを恐れていて、どのように自分を守ろうしているか分かり、過去のトラウマの防衛パターンが露わになります。その未解決なトラウマを適切な方法で動かして、表現していくことで、身体内部に揺れや震え、熱を引き起こし、凍りつきを解きほぐします。身体の中の莫大なエネルギーに目を向けることで、痛みや不快感に出てくるので、自分の防衛スタイルの認識が深まり、自分の無意識のうちに取っていた行動をコントロールできるようにしていきます。

 

治療の目標地点は、身体の安全な感覚と不快な感覚の間を振り子のように行き来して、自発的に不動(凍りつき・麻痺)の状態に入っていきます。例えば、将来の対する恐怖を思い起こすと、学校に行けない時と同じように、身体が動かなくなり、様々な症状を表れます。この後、身体の動かせない部分に意識を集中させていくことで、身体の麻痺が取れていき、不快な感覚を乗り越えた先に、心地良さや達成感を味わうことができます。恐怖に麻痺した身体の感覚に親しみを持てるようになると、次第に不動状態と恐怖が分離して、人生が再び動き始めます。

 

最初のうちは、理性よりも、身体の生物学的メカニズム(過剰な覚醒からの凍りつき、不動状態、シャットダウンによる虚脱状態)の方が強いので、緊張-麻痺の間を行ったり来たりしています。しかし、身体と心に焦点をあてたトラウマアプローチを続けていくことで、防衛的態度の闘争・逃走モードや解離・不動化モードから社会的交流システムを活性化させていきます。最終的には、胸、みぞおち辺りの固まりが取れて、身体に安全感が戻り、自分に対する自信が湧いてきます。身体に安全感が戻ると、脳や神経系のネットワークが本来の姿を取り戻していくので、安心-緊張の間を行き来できるように少しずつステップアップしていくことが可能になります。

 

生物学的メカニズムに対を成すのが心理学的問題になります。学校に登校できない子どもや気配 過敏、対人恐怖、パニック障害、めまい、吐き気、腹痛、動けないなどで引きこもり状態にある人は、高校を中退するとか、授業についていけなくなるとか、学歴へのコンプレックスがあって、社会人になるための自信を失います。そして、劣等感や恥の感情が強くなるほど、他人と比較して落ち込んで、体調は悪くなるので、なるべく人の目につかないように、人生を諦めるように条件付けらていきます。それと同時に、自意識が過剰になっていくため、柔軟性や弾力性に乏しく、非常に硬直していて、複雑に組織化されたパーソナリティになっていきます。

 

そのあたりの心理学的問題を紐解いていくのは、とても大変な作業になるので、セラピストとの対話を通して変えるだけでは物足りず、楽しいと思える社会的交流の機会を増やしていくことが求められます。また、家族や友人を支えにしながら、少しずつ誰かと外に出る習慣を身につけていくことが必要です。そして、不快さや不確かさな人生、動かしたがたい他者との関係に耐えていける心を育てて、より良く生きれるように支援していきます。

 

▶HOME ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ