恥と自己愛

▶恥と自己愛

 

我さきに貪っているその姿が気持ち悪く見える

自然環境において適者生存で、ある環境において生き残れるかどうかという競争している。

その貪るような枝葉が伸び切っている。

人間社会の私利私欲を貪って、我先に

自分のことだけが大事で、自分のDNAを残すという自分、自分な人。

熱帯雨林のあらゆる環境の動物、植物が我さき

環境を貪るように

小さい虫まで最大限まで成長していく

なぜ、あらゆる生物種というのは、

 

闘争で言い争いをした後に、相手に負けてしまえば、体の力は抜けてしまって、絶望や無力に落ち、この世界から消えたくなります。不快なことがあると体を動かしたくなり、イライラしたり、どうしようと焦りになります。そして、そのまま動けないと、体の力は抜けてしまって、絶望や無力に落ちます。

 

自己愛性人格障害の人は、幼少期の頃に凍りつくようなトラウマがあります。子どもは身体が小さく、無力な存在なので、危機迫る場面では、闘争・逃走反応を中断させて、凍りつき、身体の中にトラウマという過剰なエネルギーが滞ります。トラウマ以後、身体の中には、闘争・逃走という莫大なエネルギーを滞ってあるため、何かに追い立てられるような、得たいの知れない不可解な力を感じています。日常生活のなかで、静止して安静に過ごしていり

落ち着かなくなります。一人でいるときや不快な場面では、無力や絶望

 

健康な人は、じっとして休んでいるときは、心地よいですが、トラウマのある人は、休んでいるときでも、ウズウズ、モヤモヤして急に動きたくなり、ゆっくり休めません。

 

自己愛的な人は、外見上はぶっしつ主義的な人が多いから、飾り立てたり、私利私欲を満たして、それ故に、どんどん熱帯雨林のような感じに見えるけど、精神的な満足度は満たされない。