自己愛性人格障害の男子

自己愛性パーソナリティ障害の男性(夫)の特徴は、他者のことよりも、自分中心に何かに満足することなく、貪り続けます。人間社会の中でどうやったら自分が優位に立てるかを考えて、競争しており、我先にと私利私欲を貪っています。自分のことだけが大事で、自分のDNAを残すということに専念をします。外見上は物質主義的で、飾り立てたり、私利私欲を満たしますが、精神的な満足度は満たされません。永遠に穏やかな日々がやってこなくて、彼らの理想が叶うことはありません。それらは、彼らが幼少時代に、何らかにトラウマの犠牲者であり、今もなお身体に痛みや不快感が刻み込まれているからです。

 

男の子ということで、早い時期から、強くなりなさいとか、一番になれとか、弱さを見せてならないとか言われて、厳しい固定観念を持たされます。

 

自分の弱さを見せれなくて、いくつもの仮面を身に着けて生活するようになります。

 

自己愛性パーソナリティ障害の人は、身体の中にトラウマを抱えているために、嫌なことがあると身体が硬直して、萎縮する無力な自己を抱えています。そのため、嫌なことはなるべく避けたく、その場その場を自分の土俵に変えてしまい、マイルールを打ち立てます。

 

自己愛性パーソナリティ障害の人は、子どもの頃に闘争・逃走や凍りつくようなトラウマを経験していることが多いです。子どもは、身体が小さく、無力な存在なので、危機迫る場面では、闘争・逃走反応が失敗に終わり、身体が凍りついて、トラウマという過剰なエネルギーが滞ります。トラウマ以後、身体の中には、闘争・逃走という莫大なエネルギーを滞ってあるため、何かに追い立てられるような、得たいの知れない不可解な力を感じています。

 

トラウマがある人は、嫌なことがあると身体が硬直が強いために、胸が苦しくなり、眉間にしわがよります。小さいときから、親の目を気にして、ご機嫌を伺いながら、親の期待に応えようとか、褒められようと過剰に頑張ってきました。周りに気を使って、その場が楽しくなるように、多弁になりますが、場の空気を壊すような人間が嫌いです。

 

 

 、家族に強い幻想を抱いており、その期待に応えられない妻を

 

日常生活の中で、嫌なことに耐えられなく、不快なことがあると体を動かしたくなり、イライラしたり、どうしようと焦りになります。そして、全身が不快さに覆われていくので、その感覚を麻痺させて、自分の中身が空っぽになります。自分の軸がなく、本当の自分は、虚しくて、無力ですが、自分に向き合うことが怖くて、目を反らしています。

 

自己愛性パーソナリティ障害は、身体の感覚が薄く、人によっては、自他の境界が無くて、距離感がめちゃくちゃになっています。他人のことを道具のように扱い、コントロールします。恋愛では、相手を自分の思うようにコントロールしたいので、高級店やプレゼント攻撃します。

 

ターゲットに八つ当たりします

 

無意識のうちに、脅威を遠ざける防衛が発動するので、ターゲットに八つ当たりしますが、その後、自分は被害者ぶります。

 

恥をかくことを恐れ、負けることは自分が自分でなくなってしまうために、言い争いになると目つきが変わります。

 

逃げ場がなくなり、悪い方悪い方に考えると、うつになってしまいま。

感情的に発言してしまう

 

子供の頃から自分の思う通りにしようと、傲慢に生きてきました。

 

正論をふりかざし、自分は正しく、完璧に生きてきために、考えや思い、常識を押し付けてきました。

 

自分が弱いときは、甘えて、同意を求める。

 

感情の赴くままに怒って、物のように扱います。相手を見下す、相手の気持ちがどうであれ、自分が正しい。

 

先読みして、その場を盛り上げるために、周りの顔色を伺ってきました。根底には、自分に自信がなく、自分の思うように進んでほしいと思っています。

 

プレッシャーに弱く、心配性で、逃げられなくなる状況が怖く、すぐに問題解決しようとします。自分の不機嫌な状態を飲み込めず、相手の機嫌が良くて、笑顔でいてくれることを望んでいます。

 

ストレスが溜まっていくと、どうでもよくなって、投げやりな態度になるか、すぐにイライラして、身近な人に八つ当たりします。

 

 

 自己愛性人格障害の男性は、トラウマ由来の自己調整不全があり、逃げ場のない八方塞がりな状況が弱点で、身動きが取れなくなると鬱になります。家庭と職場の両方が大変になると、鬱になる可能性が高まります。鬱状態になると、不安や心配で眠れくなり、神経系は圧迫されて、息苦しくなり、胸が締めつけられるようが痛みがあります。また、鬱になると、判断能力が乏しくなり、思考が混乱していきます。そのため、家庭か職場のどちらかの人間関係を支配して、自分が身動きが取れない状況を避けようとしています。

 

一般的に自己愛性人格障害の男性に多いのは、仕事で名声や優越感を得るために活動を頑張って、妻や子どもを犠牲にするタイプです。相手の気持ちを考えずに、自分の思い通りに支配していきます。家事などを任せきりにして、妻の自由を奪います。夫からいいつけのルールを守れないと妻は怒られることになります。強迫観念から周りを巻き込むと大変になります。妻の方が自己主張すると、夫はとても責められたと思っています。

 

 

 

自己愛性人格障害の人は、発達のアンバランスさや神経系の脆弱さがあり、苦手なことがあります。細かく神経質な性格で、心配性で、マイルールが多く、予想外の事が起こることを恐れています。自分の外見にこだわり、健康オタクで、病気になることを恐れています。

 

自己愛性人格障害 の男性の特徴として、彼らは二面性があります。一方は、外面が良くて、紳士的で、話し上手な光の側面です。他方は、毛むくじゃらで、本能的な野生の獣のような暗黒面です。彼らは、女性の非現実的な夢を最初叶えていきますが、女性が自分の理想に届かないとあっさり切り捨て、投げやりな態度を取ります。

 

自分を大きく見せようとしたり、凄いと思われるように話しています。自分より下の人間をおいて、自分を守ります。自分の思う通りに周りを動かすことで快感を得ます。

 

身体はすぐ緊張して、カァッーとなってキレやすいです。不快な状況では、心臓が痛み、身体がピクピクします。

 

人の評価を気にして、他人と自分を比較します。自分をよく見せたいと思い、自分が凄いと思うことで快感を得ます。自分の信じる価値観が全てだから、ほかの価値観を考えることが難しい。自分の価値観と違うと相手を否定してしまいます。

 

日本社会の将来に不安があり、先読みしまくって、経済面や子育て、健康、老後に不安があります。、お金の管理が細かくなり、

 

承認欲求が人一倍強くて、褒められることを望んでいます、