トラウマがある人の特徴と接し方

▶トラウマがある人の特徴と接し方

 

発達早期にトラウマがある人は、刺激に対して、身体は過敏に反応するため、外の気配に警戒していきます。感覚過敏から、頭の中は、快か不快かをアセスメントしていくようになり、快刺激は私は人間である状態にしてくれて、不快刺激は私は私でなくなる状態にさせます。ですから、彼らは、快刺激に接近するようになり、不快刺激に対しては、回避するようになります。しかし、どうしても回避することができない場合は、闘争・逃走モードのスイッチが入るか、身体の方が凍りついていきます。快を求めて、不快を避けるのは、通常の人間の反応ではありますが、発達早期に過酷な体験を負った人ほど、その傾向が顕著に現れます。

 

①相手のペースで

トラウマがある人は、感情や自己調整機能に障害があり、自分で自分をコントロールできずにいるため、攻撃的になって、人に迷惑をかけてしまうことがあります。そのため、自分を責めていますが、人に尽くして、人のために役立ちたいという気持ちがあります。また、頑張りすぎる傾向があるので、途中でエネルギーが切れを起こして、体調不良が起きます。ですから、関わる人は、なるべくトラウマを負った人のペースに合わせて行いましょう。彼らが自発的に行っていることに対して、関わる人はその行為に身を委ねながら、合わせていきましょう。

 

②ある出来事に対する解離反応

トラウマがある人が怖がったり、息苦しそうにしたり、ぼーっとして身体が麻痺しているようなときは、解離が見られるときです。彼らは、そのとき苦痛に感じているので、これからはそのような出来事を避けるようにしてください。

 

③笑顔でいる

子どもの頃から、トラウマを負っている人は、相手の表情を見ると、怒っているように認知してしまう傾向があります。そのため、隣にいる人が無表情でいると、怒っているように捉えられてしまう可能性があります。傍にいてサポートする人は、なるべく彼らの前では笑顔でいるようにして、笑顔で迎えてあげましょう。

 

④付き合い方

トラウマがある人は、積極的にリーダーシップを発揮し、自分の思い通りにやりたいタイプと、人間関係に消極的で無関心なように見えて、他者に静かに従うタイプがいます。リーダーになりたいタイプは、リーダーにしてあげるほうが良いかもしれません。また、静かに従うタイプは、その人に合わせた付き合い方が求められます。

 

⑤同調傾向

トラウマがある人は、警戒心や過敏性が高く、身体の方が勝手に反応したりするので、他の人と比べて自分がずれているように感じています。そして、人間関係にことごとく失敗している場合があります。そのため、自分は変であるとか、自分が劣っているというネガティブな自己イメージがあります。彼らは変なことがバレないように、猫をかぶり、相手に過剰に同調しようとする傾向があり、あなたの行動まで真似ようとするかもしれませんが、温かく見守ってあげることが大切です。

 

⑥こだわりが強く、苦手なことが多い

トラウマがある人は、葛藤が強くなる場面では、身動きがとれなくなり、正常な行動を妨げられてしまうため、無意識のうちに、体は過去のトラウマが再現されているように感じて、原始的な神経が働きにより、体調不良を引き起こします。そのため、ある場面で怖いと取り乱したり、感情的になったり、頑固にある行動を取らなかったりします。例えば、歯医者に行くことや予防注射を受けることを極端に嫌がります。また、電気を消して寝ることや暗闇を非常に恐がります。朝の朝礼や学校の行事で集団が交わる場面では、体調不良を起こしたり、皆で同じ行動を取ることを納得できず、反抗的な態度をとります。彼らのこだわりの裏には、発達早期のトラウマが隠れている場合があります。

 

⑦言葉の使い方

トラウマがある人は、人間関係にことごとく失敗している可能性があり、人からぶつけられる言葉に恐怖して、心の中は傷ついてきました。彼らにとって、言葉は刃物のようなもので自分を腹を刺すように感じるときがあります。そして、心ない言葉一つでフラッシュバックやパニックを引き起こし、トラウマ化してしまいます。関わる人は、言葉を丁寧に使う必要がありますが、自分にできないことまで言葉にしてしまうと希望が絶望に変わるため、現実に則した言葉や本当に思っている優しい言葉をかけてあげてください。

 

⑧居場所の移り変わり

トラウマを負っている人は、気配に対して過敏に反応し、対人恐怖があります。トラウマという不条理な出来事が始まった場所に行くと、身体は不安や恐怖で緊張していき、心身のバランスが崩れていくため、その場所を避けようとします。トラウマを負った人は、恐怖と麻痺が般化という現象によって、次第に拡大していき、日本そのものが不快になっていくことがあります。そのため、日本を離れて海外に移住することを求める人もいます。海外という場所では、外の世界の気配が変わるため、心や身体の状態も良くなり、自分らしく過ごせて、今を楽しめるようになります。

 

⑨気配の移り変わり

解離傾向があると、昼と夜ではこの世界の見え方が変わるので、夕暮れどき(トワライトゾーン)に不安定さが増して、性格ががらりと変わるようなことが起こります。例えば、昼は明るいので、周囲の気配が気にならず、元気に過ごすことができますが、夜になると、暗闇で気配に過敏になり、些細なことでも恐怖し、圧倒されてしまって、被害妄想が膨らんでいきます。

 

⑩眠るのが怖い

解離傾向があると、夜の暗闇で気配に過敏になり、影や光、物音などが気になって、身体感覚に異常が出てきます。自分の部屋で寝ることが怖くて、気持ちが悪くて、寝ようと焦れば焦るほど、不安になります。そして、怖くなって、ネガティブなことを考えたり、落ち着かずに歩き回ったりして、パニックのようになります。

 

⑪偽りの自己

トラウマを負っている人は、身体が生命の危機に瀕した体験を記憶しています。そのため、自らの生命を守るためにとる選択が行われて、欺瞞的な行動を取ってしまいます。誰かと話そうとしても、自己主張できず、相手に好かれようと猫をかぶった感じになります。トラウマを負うと、状況に応じて、攻撃的になることもありますが、おどおどして臆病になることもあります。抑圧された環境で育つと、相手の意見にとらわれてしまって、自分の考えていたことや感情が分からなくなります。