性暴力被害のトラウマ

▶性暴力被害のトラウマ

 

日本で性暴力被害を受ける人の数は、内閣府の「男女間における暴力に関する調査」(平成29年度)によれば、女性の13人に1人(7.8%)、男性の67人に1人(1.5%)が、無理やりに性交などをされた経験があると答えています。加害者は、男女とも「まったく知らない人」は約1割で、被害の約9割は、(元)配偶者、(元)交際相手、職場やアルバイト先の関係者など「顔見知り」によるものです。また、18歳未満で被害を受けた女性の約2割、男性の約3割は、被害者を監護し保護する立場にある実の親や養親などの「監護者」から被害を受けています

 

性的虐待を受けた人は、猫背になり、手足が冷たく、胸がザワザワ、ゾクゾクして、気持ち悪く、思考停止に陥ります。

 

中学・高校時代の記憶をほとんど覚えていなかったり、出来事を思い出せなかっりします。

周りの顔色を伺いながら生きており、人と関わっても表面上の関わりだけで、周りにバリアを張ってきました。 

突然憎しみが湧いたり、フラッシュバックしたりして、感情の起伏が激しいです。

相反す自分がいて、二つに分裂しています。

 

性暴力被害者は、性的なものを怖がっていて、好きな人と触れ合う行為が嫌ではないけど、誰かに触れられるのが嫌です。

男性と仲良くなりたい、傍にいて、近くにいてほしいと思いますが、

身体は来ないで、近づかないで、怖いと言っています。

闇が深く、感情のない痛みの記憶になります。

性暴力被害を受けた人は、体が自己免疫疾患のようになり、自分の体を他人の手で触られることに抵抗するようになります。頭や体は人との交流を背くようになり、反発していくようになります。性暴力被害者は、過度なストレスや不安から、人と繋がることで自分を癒そうとする一方で、人に触れられることに全身が猛烈に反発します。

 

人が嫌いで、大事に扱われることを望んでいる自分がいます。

身体的自己は、人から触れるのを拒否し、気持ち悪く思っています。

 

身体はガチガチで固くなっています。

皮膚、筋肉、内臓の感覚が分からなくなって、自分の身体が空っぽのように感じます。人によっては、霊媒体質になっていき、相手の感情や思惑がもろに受けとるようになります。特に相手の怒りなどのネガティブな感情を感じます。

 

とても苦しく、とても辛い毎日の繰り返して、身体を切り離していくうちに、頭の中の別世界にいって、幸せを感じます。

 

 

性暴力被害に遭ってしまうと、自分の体であることに耐えられず、何年経っても、自分の体ではないようになり、嬉しいとか楽しいと感じられなくなります。自分の手で自分の体を触っても、違和感しかなく、気持ち悪さを感じます。

 

性暴力被害に遭った人は、過覚醒のPTSDが慢性化すると、徐々に解離症状が重くなります。過覚醒のPTSDのときは、人間関係でイライラして、我慢できずに衝突しまくるため、うまくいきません。解離症状が重たくなると、省エネモードに入り、ちょっとしたことでもイライラしなくなり、他者に迷惑がかからないようになります。呼吸は少なく、何も感じず、眠ったような状態で、手足は力が入りません。

 

性暴力被害者は、自分で自分をコントロールすることが難しく、買い物や食べ物、薬物、アルコール、異性に依存して、自分を保とうすることがあります。何かに依存することで自分の体調の悪さを整えようとするモチベーションにもなります。

 

 

失感情症や解離性健忘になっていく性暴力被害者は、自分の感情の記憶が一切なく、感情を思い出せず、事実のみしか思い出せなくなります。何かあったことを思い出すと体がゾワゾワします。

寝ているときは、体が凍りついて固まっています。全身が固まっていて、眠くて一日ゴロゴロしていたり、いくら寝ても眠たくて、寝ていることが楽しかったりします。寝ていると辛いことを忘れられます。現実感と夢の世界が曖昧になり、現実が夢のように感じます。自分一人だとぼーっとして、自分が自分で無くなって、世界がぼやけて、動けません。何もなく、生きる屍のようになります。お腹も空かず、何も食べなくても平気です。人がいると交流しようとします。