性暴力被害のトラウマ

▶性暴力被害のトラウマ

 

日本で性暴力被害を受ける人の数は、内閣府の「男女間における暴力に関する調査」(平成29年度)によれば、女性の13人に1人(7.8%)、男性の67人に1人(1.5%)が、無理やりに性交などをされた経験があると答えています。加害者は、男女とも「まったく知らない人」は約1割で、被害の約9割は、(元)配偶者、(元)交際相手、職場やアルバイト先の関係者など「顔見知り」によるものです。また、18歳未満で被害を受けた女性の約2割、男性の約3割は、被害者を監護し保護する立場にある実の親や養親などの「監護者」から被害を受けています。

 

性暴力被害は、「魂の殺人」と呼ばれるくらいに、人生を生きられなくします。

 

身体の中にトラウマが刻み込まれて、不快な感覚や感情が身体に染み付いています。

自分の手足とか身体に意識を向けると、嫌な記憶が蘇ってくるかもしれません。

 

被害後、身体は過緊張や凍りつき状態で生活するようになり、現実で嫌なことがあると、身体がこわばったり、手足が震えたり、力が入らなくなったりします。

 

脅威を遠ざけようとする防衛が働き、現実は、加害者と同じ性別や年齢の人がいるため、現実逃避して自分の好きなことをします。

 

恋愛できなくなる傾向があります。被害後から恋人やパートナーに嫌がられ、迷惑がられ、苦しみます。医療関係者や警察から二次被害を受けやすくなります。人間を好きになるよりも動物を好きになります。

 

性暴力被害者は、性行為への恐怖や嫌悪感が身体の中に刻み込まれています。身体はトラウマを記憶しているので、人から身体を注目されることを嫌がり、見ないでほしいと思っています。身体は痛みだらけで、しんどくて、めんどくさいと思っています。手は近づいてくる相手を振り払おうとし、足は逃げ出そうとし、身体は小さく丸まります。

 

性暴力被害に遭う前と、遭った後では、自分という存在が他人のように思えてきます。それ以後の人生、警戒心から過緊張になるか、恐怖で凍りつくか、不快な状況に逃れられずに虚脱するかなど、神経の働きそのものが改変されます。嫌な記憶やちょっとした刺激(急な事、想定外な事)にも、身体はビックリして、固まり凍りつきます。

過去の被害の記憶を忘れたいと思うけども、忘れる訳がなく、一生そのことについて考え続けるかもしれないと思います。

 

性暴力被害者は、PTSDに苦しむことになり、フラッシュバック、過覚醒、パニック、悪夢、回避行動、ネガティブな認知に悩みます。

 

性暴力被害者は、外出が怖くなります。加害者と同じ性別、似た年代の人間が恐怖の対象になるため、電車は地獄です。恐怖で凍りついたら、胸が痛くなり、過呼吸やパニック、意識が飛ぶので、交通手段が使えません。移動手段は、自分の車か、気の優しそうな人の車に乗せてもらいます。

 

解離が起きて、記憶が抜け落ちていきます。

 解離によって、自分がこの世界の傍観者のようになり、眺めるだけになって、現実感が無くなります・

 

身体が痛みだらけで、神経が過敏なので、他者と関わるときには、ワンクッションが必要になります。解離や離人、演技など様々な表情上の自分を取り繕って、関わるしかありません。

 

 

性的虐待を受けた人は、猫背になり、手足が冷たく、胸がザワザワ、ゾクゾクして、気持ち悪く、思考停止に陥ります。自分の身体は分からなくなり。自分のことが分からなくなっていきます。心は深く傷ついて、誰かに話すことが非常に難しいです。身体は反応はおかしく、人が後ろに立つだけで、過緊張で固まり、震えます。身体で起きている反応が自分では理解できません。

 

中学・高校時代の記憶をほとんど覚えていなかったり、出来事を思い出せなかっりします。

周りの顔色を伺いながら生きており、人と関わっても表面上の関わりだけで、周りにバリアを張ってきました。 

突然憎しみが湧いたり、フラッシュバックしたりして、感情の起伏が激しいです。

相反す自分がいて、二つに分裂しています。

 

性暴力被害者は、性的なものを怖がっていて、好きな人と触れ合う行為が嫌ではないけど、誰かに触れられるのが嫌です。

男性と仲良くなりたい、傍にいて、近くにいてほしいと思いますが、

身体は来ないで、近づかないで、怖いと言っています。

闇が深く、感情のない痛みの記憶になります。

性暴力被害を受けた人は、体が自己免疫疾患のようになり、自分の体を他人の手で触られることに抵抗するようになります。頭や体は人との交流を背くようになり、反発していくようになります。性暴力被害者は、過度なストレスや不安から、人と繋がることで自分を癒そうとする一方で、人に触れられることに全身が猛烈に反発します。

 

人が嫌いで、大事に扱われることを望んでいる自分がいます。

身体的自己は、人から触れるのを拒否し、気持ち悪く思っています。

 

身体はガチガチで固くなっています。

皮膚、筋肉、内臓の感覚が分からなくなって、自分の身体が空っぽのように感じます。人によっては、霊媒体質になっていき、相手の感情や思惑がもろに受けとるようになります。特に相手の怒りなどのネガティブな感情を感じます。

 

とても苦しく、とても辛い毎日の繰り返して、身体を切り離していくうちに、頭の中の別世界にいって、幸せを感じます。

 

 

性暴力被害に遭ってしまうと、自分の体であることに耐えられず、何年経っても、自分の体ではないようになり、嬉しいとか楽しいと感じられなくなります。自分の手で自分の体を触っても、違和感しかなく、気持ち悪さを感じます。

 

性暴力被害に遭った人は、過覚醒のPTSDが慢性化すると、徐々に解離症状が重くなります。過覚醒のPTSDのときは、人間関係でイライラして、我慢できずに衝突しまくるため、うまくいきません。解離症状が重たくなると、省エネモードに入り、ちょっとしたことでもイライラしなくなり、他者に迷惑がかからないようになります。呼吸は少なく、何も感じず、眠ったような状態で、手足は力が入りません。

 

性暴力被害者は、自分で自分をコントロールすることが難しく、買い物や食べ物、薬物、アルコール、異性に依存して、自分を保とうすることがあります。何かに依存することで自分の体調の悪さを整えようとするモチベーションにもなります。

 

 

失感情症や解離性健忘になっていく性暴力被害者は、自分の感情の記憶が一切なく、感情を思い出せず、事実のみしか思い出せなくなります。何かあったことを思い出すと体がゾワゾワします。

寝ているときは、体が凍りついて固まっています。全身が固まっていて、眠くて一日ゴロゴロしていたり、いくら寝ても眠たくて、寝ていることが楽しかったりします。寝ていると辛いことを忘れられます。現実感と夢の世界が曖昧になり、現実が夢のように感じます。自分一人だとぼーっとして、自分が自分で無くなって、世界がぼやけて、動けません。何もなく、生きる屍のようになります。お腹も空かず、何も食べなくても平気です。人がいると交流しようとします。

 

自分は色んな男から狙われている女王蜂のように、性器には力が入り、凍りついています。

 

セックスや性的接触に対しての見方が悪い方法に変わります。

 

 様々な事に過敏症になるケースが多いです。

恐怖が強いと、悪いことを感じたり、頭が痛くなったり、猜疑心が出てきます。

一方、相手に好意を向けられると、頭がふわーとして心地よくなります。

 

警察や医者に疑われるのが怖くて、二次被害に遭います。

性暴力被害の時は、怖くて体が動けなくなるから逃げ出せなかったり、首を絞められるから助けを求められないなどあって、性暴力被害者と関わる人がそのことについて勉強不足です。

 

 

痛い、痛い、汚い、男が目を見てくるから、その目で見ないで

心を交わしたくない、感情を交わすつもりはない

無理やりやられて、固まって動けない、針を刺すような痛みで、股関節が汚い

男から首を掴まれて動けない 怖くて身体が麻痺して

ペニスを挿入されて、腰をガンガン動かされ、腰が壊れて

意識と身体が分離して、頭がバラバラになりそう

そういうことを考えているのが嫌だから、頭と意識を切り離したくて、

入れられている汚いペニス、汚い体液、体臭を取り去りたい

ペニスに侵食されたお腹は無限の精子を中に出されて

 

手は力が入らない、足の力が入らない。身体がどうなっているか、ほぼ死にかけている。

 

人と触れ合うこと、人の目につくこと、無防備でいる剥き出しの自分が怖い

 

過酷すぎる環境を生き延びると、身体の感覚を感じなくなっていきます。

今ここに存在しなくなることで、苦痛を麻痺させます。

身体に意識ある状態では、耐えきれないくらいの痛みを経験したとき、その痛みに耐えきれずに意識を飛ばします。逆境を生き延びるために、身体の感覚を麻痺させます。

しかし、それは自分の実存しているというのは、皮膚や筋肉、内臓感覚、五感など意識化にあって、自分で把握している状態を失い、その存在の感覚を感じられない、自己の実存が空虚な状態にあるという。自分の感覚も何も感じられなくなったということ。

 

身体の感覚を切り離していくと、頭だけが自分で、首から下が透明人間。

身体がない、心臓が無い 虚無感、実体がない、自分の生きている人生は虚しい

石みたい、絶望、死にたい、気持ち悪い、落ち込んで、

身体中にブラックホールみたいな穴が空きます。

自分の手足がない、身体がない、自分に向き合うと空虚で虚しい。