性的虐待のトラウマ

▶性的虐待のトラウマ

 

性的虐待に遭い、何度も養育者からの性暴力に曝されると、声が出ず、体が動かなくなり、されるがままになって、感情が無くなります。それ以降は、全く違う自分が出来て、何もなかったように自分の代わりに日常生活を始めます。本来の自分は、死んだようになり、外の世界で生きれないので、心の奥底に隠れて、誰にも気づかれないままです。

 

性的な虐待が起こった後は、

体の感覚や感情をシャットアウトさせます、

身体の痛み、自分を責める、自分を嫌う、性的な快感

 

何かトリガーが弾かれると、交感神経のスイッチが入ります。落ち着きがなくなり、どうしていいか分からなくなり、じっとしていられなくなって、気が狂いそうになり、自分が自分で無くなります。この時は、自分の身体を動かすのが大変で、手足が勝手に動いたり、自分の身体の反応についていけません。

 

死んだふりをして、極度に凍りついた体を見ていくと、電気が走り、落ち着かなくなります。手足に力が入り、動かしたくなり、体が震えます。

 

父親の影がちらつき、消えてもらいたいと願っています。

父親に抑えられているエネルギーから、解放されたいと思っています。

自分の思うように男性を動かしたいという心理が、父親の思うようにされてきたこととかぶり、自分のそういう心理のメカニズムに苦しみます。

 

昔の自分は置きざりにされて、今の自分は死んだような体を持って生活しています。

普段は、あたかも正常かのように日常生活をしています。通のふりや何もないふりをして過ごしています。しかし、ふとした瞬間に嫌な記憶が蘇り、苦痛に泣き叫びます。

些細なことでも、当時の鮮明な記憶がフラッシュバックします。

 

身体の中を見ていくと、過去のトラウマが蘇り、精神的に錯乱し、身体が固まって、震えます。苦しみ、叫び

自分の手足とか身体に意識を向けると、嫌な記憶が蘇ってくるかもしれません。そのため、心は身体に留まる事ができず、頭の思考ばかりに注意が向きます。

 

体が凍りつく時は、胸の中に塊があり、それが大きくなり、出てこようとします。胸の痛みが大きすぎて、集中力低下や解離、離人、人格交代が起きます。

 

胸が痛い、頭が重い、体が動かない、気持ち悪いです

離人症 体がふわふわ

 

手足が震え、体がこわばり

 

現実にいるのが苦痛すぎるから、過食や拒食を行います。

 

胸から何かを吐き出そうとして、胸が痛くなります。

死んだふりをした体に注意を向け、潜在的な力を引き出して、治療していきます。

足が勝手に動き出すとか、手をバタバタさせるとか、生きようとする力が出てきます。

 

怖くて動けなくなり、声も出なくなります。

その時から、自分の心を失い、死んだように生きるようになるかもしれません。

本来の自分はいなくなって、全く違う人が出来上がります。

心も感情もなく、ただ周りに合わせるだけの人。