現実感の隔たった世界


発達早期にトラウマを負った人は、神経が繊細になり、人一倍敏感な体質になるため、環境がうまく機能してくれないと、常に体が凍りついて、自分の体の感覚が麻痺して、筋肉や皮膚の感覚が分からなくなります。体の感覚が分からない人が現実に手を伸ばそうとしても、すぐシャットダウンしてしまって、常に頭の中のある空想世界に入っていきます。魂が抜けていって自分の体を切り離せるようになると、別の領域に入ることが出来て、魂は見える場所どこまでも行けるようになることがあります。

 

人間の体というのは生命の危機に瀕すると、もの凄い衝撃で全身が固まり、原始的な神経が働きから、痛みを感じなくなり、体の感覚を切り離すことができます。そのため、外傷体験を負った人が、その後も適切なケアがないと、常に体は固まったままになり、体の感覚を感じられなくなることがあります。そして、状況によっては、泡や霧のように自分の存在が消えてしまうことがあります。

 

自分の感覚が分からないときは、トラウマまみれの体になっていて、脳は緊急事態だと判断し、心は混乱します。一人になるとどうしていいか分からなくなり、落ち着きがなくなって、自分で上手に対処できない場面では、何をしてていいかも分からなくなります。自己感覚が喪失して、自分が自分で無くなってしまった人は、対象(人や役割)があることで、自分が成り立ち、一人になると、孤独や寂しさに耐えれずに、自分が自分で無くなります。

 

トラウマや対象喪失、嘘、裏切り、見捨てられる体験などの精神的ショックを期に、フラストレーションに耐えれなくなると、心が壊れてしまって、人との繋がりがなくなり、社会的交流システムが遮断します。そして、この世界との繋がっている感覚が無くなり、人と繋がっている感覚も無くなり、誰に助けを求めてもいいか分からなくて、必死に頑張っていても、どんどん孤立していきます。

 

心が壊れてしまった人は、必死に頑張っても、周りは大切にしてくれなくて、受け入れてももらえなくて、周りからは、何か様子がおかしいと言われるようになります。心が壊れた人にとっては、この世界があまりに冷たく、厳しく感じて、身体が固まり凍りつきます。そして、現実感を失い、体の感覚が分からなくなってしまっては、ほとんど動くことさえできなくなります。

 

体が凍りついて、原始的な神経が働く、慢性的な不動状態に陥ると、本来の人間性を失い、今までとは逆の性格になり、ネガティブなことが頭の中がグルグル回ります。現実感が無くなると、世界のなかに一人取り残されて、誰とも関われていない感じになります。この世界は動いていても、自分には現実感がありません。次第に自分の身体感覚が分からなくなり、自分に意識が向かなくなり、空想や妄想に耽り、頭で考えることに囚われます。

 

自分に意識が向かない人は、他者の欲望のなかでしか生きれなくなります。彼らは、大事な人がいないと、何も感じなくなり、自分が消えてしまいます。大事な人がいると、自分の存在が発生して、自由に生きれるようになり、目標が戻ります。そのため、相手に依存することで、嬉しさや幸せを感じますが、同時に、大事な人がいなくなる不安や諦めがあります。また、相手の顔色を伺いながら、相手が喜ぶと、自分の幸せを感じます。さらに、自分がしたいという行動に対して、相手が喜んだ顔でいてくれると、自分の感覚が強くなりますが、それは非常に脆いものです。

 

現実感がない人は、人が変わり、環境が変わり、立場や時間が経過すると、自分が自分で無くなるので、他者が自分の思い通りに動くこと望むようになります。自分が自分であるために、分かり合えると嬉しいとか、分かってもらえることを欲しています。彼らは安心感や安全感のある世界を求めており、大事な人が自分のことを分かってもらえないことに悲しみ、その関係性に囚われていきます。

 

現実感がない人が、他者を求めても分かり合えなくて、人と仲良くなる積み重ねが難しくなると、他人に対する興味が無くなります。現実世界がうまくいかなくなると、現実逃避して、現実離れした夢の中で生きたり、空想に耽ったりします。やがて、夢と現実や妄想と現実の境目が曖昧になります。現実を生きていた解離する前の自分はいなくなり、ショックを受けて解離した後の自分を本来の自分だと思い込み、体を麻痺させたまま、空想や妄想に耽り、一人でずっと考え続けます。

 

トラウマケアこころのえ相談室 

論考 井上陽平

 

▶HOME 

▶ネット予約 

▶電話カウンセリング 

▶お問い合わせ

現実感がない人への関連記事