複雑性PTSD

▶複雑性PTSDとは

 

子どもの頃から、生きづらく、アダルトチルドレン

トラウマというのは、心の傷と言われてきましたが、神経科学や進化生物学の発展に伴い、トラウマは身体の中にあるとされています。複雑なトラウマを負って、神経発達に問題があると、自分の意識と無意識、もしくは気持ちと身体の神経は分裂します。外出時や集団場面で、自分の意識では危なくないと言い聞かせても、脳と身体の神経は脅威を感じています。無意識のうちに、身体は凍りつきや離人、虚脱状態に陥ります。そのせいで、じっとしていられなくなり、逃げ出したくなるとか、何も楽しめなくなります。

複雑性PTSDの人は、長年に渡って、もの凄く酷い環境に身を置いてきたために、身体が凍りつき、麻痺して、死んだように生きていたり、何も感じなくなっています。すなわち、身体を麻痺させることで、もの凄く酷い環境にも、身を置くことが出来ました。

 

そのため、心も体もボロボロで瀕死かのように自分のことを捉えています。

頭と身体が繋がっていなかったり、心臓を切られたような感覚があったり

身体は無力で、自分が弱い立場にいるので、なんとか強くなろうと、弱い自分を奮い立たせて、

表面を取り繕うとしています。

 

慢性的に無感覚、無力感、抑うつ、不安、恐怖、怒り、怯え

 

身体の中心は空っぽで、心を切り取られて、いつも虚しくて、気持ち悪い

 

完璧主義で、正義感があって、不快な事に耐えられない。

 

感覚を麻痺させて、身体を凍りつかせていると、身体の中には莫大なエネルギーが滞り、全身が不快感になって、更なる痛みを作り出します。そして、不快感と痛みのせいで、身体を凍りつかせた状態で、生きていくしかなくなります。自分に注意が向くと、身体の中心は空っぽで、心を切り取られて、いつも虚しくて、気持ち悪い・

 

人間に対する不信感で、身が引き裂かれるような体験をしていて、パニックになりやすいです。

小さい頃から、本音や本当の感情を伝えられずに、我慢に我慢を重ねてきました。

 

様々な人によって、心が粉々に砕かれて崩れ落ちて、自分を守るバリアが壊れていきました。

息を止めて、身体を凍りつかせて、固まって固まって捻じれていきました。

 

自分の思うような生活が出来なくなります

ネガティブな感情がグルグル回り、

大きな音に驚愕反応を起こし

 

神経が尖り、他人の出す刺激に打ちのめされて、生きることに疲れきり、うんざりします。

 

人の目につくことが怖く、人と目を合わせることが苦手です。人の目に曝されると、声が出なくなり、頭の中が真っ白になり、身体がブルブル震えます。

自己肯定感が低く、何をしてても申し訳ない気持ちです。不安で寝つけない。

身体は常に警戒態勢で、足音、物音、話す内容、声のトーンなどに耳を澄ましています。大きな音や怒鳴り声、扉を閉める音、階段を上る音などが苦手で、身体がビクッとしたり、驚愕反応を引き起こします。

安心や安全感がなく、闘争を司る交感神経や凍りつきや虚脱状態の原始的な神経の中の行き来の中で生活しています。原始的な神経が優位になると、息を潜めるようになり、呼吸が止まっている時間が増えます。PTSD優位の時は、無防備になることができず、その場でじっとしていることができず、すぐにイライラしてしまって、周りと衝突することが多くなります。しかし、人間関係でことごとく失敗していくと、複雑性PTSDになり、死んだふりで生きていくようになって、解離症状が重くなります。解離症状が重くなると、全身が固まり、呼吸が少なくなって、何も感じない慢性的な空虚感や虚無感に襲われるようになります。体は空っぽになり、頭でいろいろ考えて、頭の中の声に引き寄せられるようになります。頭の中で、同じところをグルグル回って、手足は力が抜けて、体が重くなります。

 

 

 

トラウマの初期の症状は、過覚醒、フラッシュバック、パニック、回避行動、悪夢、睡眠障害、驚愕反応、聴覚過敏、気配過敏、ネガティブ思考、体調不良になります。不幸にも外傷体験が繰り返されると、常に凍りついた状態になり、交感神経と背側迷走神経が過剰になり、複雑性PTSDになります。複雑性PTSDは、持続的な過緊張による闘争・逃走の過覚醒反応や、原始的な神経が優位になる凍りつき反応、激しい攻撃性の覚醒反応、極度の脱力や虚脱反応の中で生活しています。不快な状況から逃れられず、解消症状が重い人ほど、すぐに集中力が切れて、眠りにつき、情動的な人格部分に乗っ取られます。

 

複雑性PTSDで、常に体が凍りついて、慢性的に虚無感を感じるようになります。凍りついている時は、背側迷走神経や交感神経が過剰になふり、拮抗しています。神経の働きにより、苛立ち、焦燥感、麻痺、無力感、虚無感を感じて、前に進めなくなります。人生に絶望するようになると、頭の中が死ぬしかないという気持ちでいっぱいになり、生と死がせめぎ合います。

 

 一人ではいられなくて、一人になると自分の役割がなくなり、どうしていいか分かりません。一人でいると、自分が自分で無くなって、自分が無いから、フワフワして自分の軸が無くなります。

 

誰かいないと自分というものが成り立ちません。

全身がモヤモヤ、ざわざわして、身体が凍りついていくと、自分の居場所がなくなり、、自分が何者か分からなくなります。

 

恐怖に麻痺していきます。

 

 

トラウマがある人は、不快場面になると、自律神経系の調整不全が生じて、心拍や呼吸に急激な変動が起きて、胸を中心に全身が縮まり、硬直し、痛みがでます。また、長年に渡ってストレスが掛かると、過剰警戒と緊張から、肩こり、頭痛、顎関節症、背中の痛み、神経痛、関節痛、皮膚の痒みに苦しむようになります。さらに、胃腸など内臓が炎症を起こして、過敏性腸症候群になったりします。

 

トラウマの記憶や激越な感情に蓋をして生きていて、それは脳の中のどこかにあります。何かの拍子で、ブワッと怒りや恐怖の感情が溢れ返ると、体は固まり、呼吸がしづらく、震えたり、痙攣になります。

 

脳のセンサーが全開で、あらゆる刺激に過敏で、体が反応しやすく、神経が張りつめていて、一方で、刺激に脆くなります。相手の感情がもろに入ってくるので、怒りの感情を向けられることが苦手です。そのため、相手に悪意を向けられないように、その場を盛り上げ、気を使い、作り笑いをして、過剰に適応しようとするところがあります。PTSD症状が慢性化すると、不快な刺激を感じないようにして、体を麻痺させたり、頭の中で生活するようになります。

 

音や匂い、光、人の気配に過敏に反応します。人間関係において、相手の表情、言葉、仕草に過敏に反応して、すぐに不穏な空気が漂いやすいのが特徴です。そのため、人間関係が長続きせず、ことごとく失敗に終わったり、しんどくなったりします。

 

現実感が乏しくなり、思考をうまく働かせず、問題解決がうまくいきません。

強い情緒刺激に対して混乱し、他者を警戒し、自分を守ろうとします。

 

身体の中に恐怖や怒りを閉じ込めており、自分で自分をコントロールできなくなることを恐れています。

人に怒らせないように、悪く思われるように、人に批判されないように

相手が自分のことをどう思っているか細かいところまで気にします。

 

自分のことがよく分からなくなり、人と関われば、トラブルが起きやすくなります。

 

不確かさや曖昧な状況が苦手で、白黒思考で、

 

解離が外れると、怒りが出て闘争モードになります。

解離しているときは、感情に気づいていません。怒りなどのいろんな感情が解放されます。

背中を中心に固まっていて、痛い。

 

複雑性PTSDの人の生きている世界と健康な人の生きている世界は随分と違っています。健康な人は、体が丈夫で、ストレスに強いのが特徴です。複雑性PTSDの人は、過敏で、神経質で、怒ったり、泣いたりと情緒が不安定です。

 

感情のコントロールの問題は、凍りつきに耐える力と攻撃性をどう表現するかが課題になります。

 

複雑なトラウマがある人は、表面上はあたかも正常かのように見せています。彼らは、環境側のストレスにより、人格が崩壊しないように、生体機能のリズムを調整し、活動可能な領域を残しています。一方、切り離された部分は、精神的苦悩や肉体的苦痛に耐え、災難が降りかかる度に、苦悩の炎が灯ります。