身体が記憶するトラウマ

▶身体が記憶するトラウマ

 

トラウマによる原始的な神経の働きや機能を停止させる解離性の身体症状は、一般的な検査ではなかなか異常がみられないので、原因不明とされてしまって、こころの問題として見られることがあります。しかし、命に関わるような衝撃的な体験は、全身がゾワゾワするような恐怖や不快感が取り憑き、胸は圧迫される痛みのなかで、人はトラウマの中で凍りつき、身動きをとれなくさせます。頭の中は、無力感、絶望感、恐怖、孤独、焦燥、麻痺などの混乱や葛藤が瞬時に渦巻くことで、精神システム(認知機能)が破綻して、皮膚の感覚が無くなり、目の前が真っ白になり、意識が遠のいて、精神が身体から切り離されて、脱力や機能停止、全身が崩れ落ちます。

 

過去のトラウマが未解決なまま残っている人は、身体は命の危機に瀕した経験を記憶していて、トラウマを身体の中に閉じ込めています。そして、危機が迫ってくることに対して、身体は備えているので、何かが起きても大丈夫なように、身構えています。不安や緊張が高まると、頭の中も固まっていき、顎をぐっと下げ、歯を食いしばり、汗をかき、首や肩、腕は自分を守ろうとします。また、喉や胸、頭、胃腸は、収縮していき、締めつけられるような痛みがあるかもしれません。子どもの頃から、様々な外傷体験をしてきた人は、慢性的な緊張状態のなかで過ごし、みぞおち辺りに大きな塊があり、胸が痛みます。そして、気管支が弱くて、喘息や息苦しさがあったり、消化器が弱くて、腹痛や吐き気があったり、身体のある部分が麻痺していたりと、原因不明の身体症状を表します。

 

慢性化したトラウマの影響は、脳を過剰警戒にして、身体を過緊張の状態に置きます。生活全般の困難により、頭の警報が鳴りまくり、ストレスを感じると、過緊張の身体がさらに収縮して、胸や背中、肩、首周辺は硬直していき、痛みの身体になります。そして、ストレスや不快感が体調不良や様々な症状に直結していくようになると、曖昧なことや不確かな人生、動かしがたい他者との関係の全てが脅威として認識されるかもしれません。そのため、先読みして、できるだけ予測可能な現実にしようと努力し、自分に脅威が迫ってこないようにリスクを考えて、安全性を高めています。さらに、自分の感情を押し殺して周囲に合わせたり、心の奥深い世界に一人で引きこもったり、怖いものを遠ざけるために戦うこともあります。また、幼少期から、様々なトラウマを受けてきた人は、胸の中に嫌な記憶がたくさん詰まっていて、それを吐き出そうとしても、恐怖のほうに圧倒されてしまって危険です。ですから、トラウマは身体の奥深いところに頑丈に鍵をかけて閉まってあります。

 

PTSD症状がある人は、不快な刺激に対して、敏感に反応し、交感神経系が活性化するので、四肢が勝手に動き出し、闘争・逃走モードに入ることがあります。呼吸は浅く早くなり、心拍数が上昇し、全身に血液が循環し、頭部は熱くなり、発汗が見られます。一方で、解離性症状がある人は、恐怖を感じると原始的な背側迷走神経の働きが優位になり、身体の方は麻痺して虚弱化していきます。喉は詰まっていて、呼吸がしづらく、心拍数や血圧は低下して、めまいやふらつきが見られます。頭の中は、恐怖や絶望、無力感、ネガティブな考えに支配されます。また、トラウマを負った人は、恐怖を感じると交感神経系が過剰になりますが、一定の水準に達すると身体の方が麻痺してしまって、急激に背側迷走神経が働くので、パニック発作を起こしやすくなります。このような原始的な神経の働きにより、身体は生理的混乱が起きていて、自分の身体と敵になっていきます。自分の身体に意識を向けない生活が長引くと、人間本来の自然治癒力は発揮されず、硬直や脱力したまま身体を放置してしまうことになります。トラウマの末期症状としては、全身が冷たく固まり、痛みだらけの身体になって、動けなくなります。

 

セラピーでは、身体の部位を一つ一つ観察していきます。身体のなかで緊張している部分があり、そこに注意を集中させると、どのように自分を守ろうとしているのかが分かり、過去のトラウマが露わになります。例えば、肩の緊張の高まりがトラウマの状況を現わしていきますが、その肩がどのように表現したがっているかをじっと注意を向けて、少しの間、筋肉や皮膚感覚の実感をじっくり感じてもらって、身体が動かしたいように動かします。また、口がどのように表現したがっているかをじっと注意を向けて、言葉にしてもらいます。そのあと、身体の内なる感覚をじっくり感じながら、恐怖や不動状態に耐え忍んでいくことで、トラウマが解きほぐされます。

 

▶フェレンツィの臨床日記|心的ショックの心因について 

 

苦しみに襲われているらしい兆候が見えるだけで精神がそこになかったあいだに、彼女が何を経験していたのか探索にとりかかった。呼吸がどんどん浅くなり、思考はとりとめなく、考えることといえば混乱した恐ろしいことだけで、激しい頭痛が首筋に感じられたという。(同じ箇所の頭痛は、彼女をはじめトランス状態を経験した患者が以前からよく口にしていた。)その間は、かすかな音がしただけでも、ほんの軽く触れられただけでも耐えられないようだが、患者はなぜそうなのか説明することができない。そのときいったいどんなふうな気分の動きを感じるのかと尋ねられて彼女はこう答えた。「腹が立ってしかたがない。言いようがない怒り。死ね、死ね、死ね!というだけ。」

 

▶ピーター・ラヴィーンのナンシーの治療場面|感動的な発見

 

まず私はナンシーに、慢性的に緊張している首と肩の筋肉に意識を向け、緩めることを教えた。彼女は深くリラックスしているように見受けられた。呼吸が深くになるにつれ、心拍数が正常範囲へと減少していった。しかし、数分後、彼女は突然激しく興奮しだした。心臓は拍動を強め、一分間におおよさ130回まで心拍数が上昇した。彼女が不規則に喘ぐにつれ、呼吸は早く浅くなった。そして私がなす術もなくただ見つめていると、彼女は突然恐怖で凍りついたのだった。過去は死に顔のように青白くなった。からだは麻痺し、ほとんど呼吸ができないように見えた。心臓はほぼ停止しているかのように思われ、1分間に約50回まで心拍数は急激に低下した。パニックになりそうな自分と戦いながらも、私はまったくどうしていいかわからずただ茫然としていた。

 

「死んでしまいそうです。死なせないでください」。小さな張りつめた声で彼女は懇願した。「助けて、助けてください!どうかこのまま死なせないでください!」……

 

「走って、ナンシー!」私はよく考えもせず指示をしていた。「トラが追いかけてくる。あの岩に上って逃げるんだ」。自分自身の突然の激しい言葉に当惑しながらも、私は驚嘆しながら彼女を見つめていた。ナンシーの足が震え始め、さらに上下に動き始めた。まさにそれは自発的な、走る動作のように見えた。彼女の全身がブルブル震え始めたーー初めは痙攣のようだったがそのうちよりおだやかになった。震えがしだいに治まるにつれ(1時間余りかかった)、彼女はある種の幸福感を経験した。彼女いわく、「温かいピリピリとした波に包まれているようなものであった。」

 

参考文献

シャーンドル・フェレンツィ:『臨床日記』(訳 森茂起)みすず書房

ピーター・A・ラヴィーン『身体に閉じ込められたトラウマ』(池島良子、西村もゆ子、福井義一、牧野有可里 訳 )星和書店

 

▶HOME ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ