PTSDフラッシュバック
▶フラッシュバック

 

PTSDの症状には、再体験(侵入)があり、フラッシュバックや解離性フラッシュバック、悪夢などがあります。フラッシュバックはPTSDの特徴的な症状の一つであり、外傷体験を受けることにより、のちにそのとき耐えられなかった激しすぎる出来事が、突然に体験させられたり、夢に見たりする現象です。この再体験症状に苦しめられている人は、フラッシュバックを引き起こす対象がゾンビのように見えてきて、外の世界が生き地獄になります。そして、心や脳、身体が打ちのめされてしまって、自分自身がゾンビ化(虚脱状態)していきます。

 

フラッシュバックとは、何かのきっかけにより、身体に凍りついていた過去の感覚記憶が再生されてしまい、態度や行動、思考にあらわれたり、光景、感覚、情動、音、臭いなどが鮮明に思い出されりする現象です。フラッシュバックが生じているときは、左脳はほとんど働いておらず、言語化が出来ないので、時間や因果関係を論理的に説明できません。そして、現在と過去が折り重なるようになって区別できなくなります。また、体は汗をかき、震え、動悸がして、心拍数の増加し、頭が痛くなり、呼吸が浅く早くなり、体は麻痺してうずくまり、と同時に、悲鳴をあげたり、パニックになったり、身体が固まったり、心が凍りついたり、錯乱状態に陥ります。フラッシュバック中は、白か黒か、善か悪か、生か死かの二極化されており、色もない、言葉もない、残酷な出来事が目の前で起きているかのように生々しく感じています。また、フラッシュバックしてしまうのは、過去の圧倒的な恐怖に精神システムが破綻したとか、力による拘束から無力化されたことにより、正常な反応を妨げられて、脳がシャットダウンを起こし、未消化の身体的反応や生命エネルギーがどこかに留まり続けているからです。

 

▶離人症の解離性フラッシュバック

 

フラッシュバックは、扁桃体が特定の情動に対して過剰に反応していますが、一方、離人症の解離性フラッシュバックでは、左脳も右脳もほとんど働いておらず、心拍数も変わりません。フラッシュバックを起こしているときは、離人症のようになり、何にも感じなくなったり、泡に包まれて過去の思い出の世界に飛んだりする人もいます。そのため、本人はフラッシュバックが起こしているときはそのことに気づくことができなかったりします。

 

▶フラッシュバックの対処法

 

フラッシュバックが起きた時の対処法は、親しい人が隣にいるなら、手を握ってもらうとか、抱きしめてもらうことで、恐怖や麻痺よりも、温もりと安心と人間的な思いやりに抱かれる体験になるので、全身をブルブル震わせながら耐えることができます。また、一人でいる場合は、過去に引きずられることなく、なんとか今ここにとどまるために、目をしっかり開けて、眼球を左右に動かしながら景色を見るとか、足の裏をピッタリと床につけて、ゆっくり深い呼吸をしながら、身体に注意を向けることが有効です。また、凍りつく前に、少しの距離を走って逃げるとか、一生懸命に自分に向かって、私は大丈夫とか、今ここにいるとか、話かけるなど対応の仕方は様々あります。

 

フラッシュバックの症状が出てきたとき、これが症状だと分かっていれば、その状態にならないような対処とか、あらかじめ備えることが出来ます。フラッシュバックを引き起こすトリガーは、自分で気づいていたり、トラウマの専門家と話すことで、気づくことができるでしょう。一人でフラッシュバックに立ち向かうと、無力感に打ちのめされてしまうので、治療を受けながら、遠回りになりますが、それに対応と対処できるだけの心と身体を育てていくのが良いと思います。