· 

阪神・藤浪イップス疑惑「リリースの感覚が無い」をトラウマ学視点から

(画像はCake6さん撮影/WikimediaCommonsより)

藤浪晋太郎投手が、本拠地開幕のマウンドで試合中に衝撃告白していた。

 

この試合、5回2失点ながら9四死球。

そして、今季の"象徴"となってしまったのが、5回に畠山の左肩に死球をぶつけ、

両軍入り乱れての大乱闘に発展した場面。

 

怒声が飛び交う中、マウンドに立ち尽くす右腕は、試合途中に捕手・梅野に告白した。

「直球のリリースの感覚が無いんです…」と

 

今季の藤浪は、1軍で59回イニングを投げて45四球、8死球と制球難で死球が多く、

イップスが原因か?と言われている。

 

ちなみにイップスとは

精神的な原因などによりスポーツの動作に支障をきたし

突然自分の思い通りのプレー(動き)や意識が出来なくなる症状のことである。

 

ここでは藤浪本人がイップスかどうかは置いといて、トラウマの恐怖を受けると、身体が麻痺するという生物学的メカニズムが働くが、ここでは、身体感覚や自己感覚の喪失を述べてみる。

 

藤浪は大阪桐蔭のエースで高校時代に春夏連覇をしている。

そのあと阪神からドラフト1位で指名され入団している。

高卒新人ながら初年度は10勝、2年目に11勝、3年目に14勝をあげている。

 

高校時代から甲子園球場で熱戦を繰り広げてきて、プロ野球では熱狂的な阪神タイガースファンの声援を受けてきた。

 

人間は過度な緊張する状況でパフォーマンスを強いるうちに、それが耐えられないこころの苦痛になり、トラウマ後の脳、身体的、心的回路が形成されてしまうことがある。

それにより無意識的な身体の内臓感覚や皮膚感覚、筋肉の収縮に変化を起こしてしまうことになる。

 

つまり、脳、身体的、心的回路が異常な形で配線されてしまい、通常の状態に戻ろうとしても戻れなくなる。

 

イップスの原因については、

①絶え間なく持続する慢性的な緊張というストレス

②逃げ場のない状況(投手ならマウンドから降りれない)

③恥をかくような場面(大観衆、敵・味方やベンチの視線)で一流のパフォーマンスを強いること。

④デッドボールを当ててしまうことで相手の選手を傷つけてしまう恐怖

これらが複雑に絡み合ってイップスの原因になる。

 

過度な緊張に曝され続けることで、体は「闘争・逃走反応」にすっかり染まっていくが

一流のパフォーマンスを発揮し続けなければならないので自分の振る舞いを正しくコントロールしようとして、身体内部で起こっていることの自覚を麻痺させることを覚えていくことになる。

 

すなわち、自己抑制が強すぎて、緊張する場面で生じる、震え、怒り、恐怖、恥などの引き起こされる身体性が無視され続けることで体の感覚が無いという原因不明の体調不良を生じさせていると考えられる。

 

 

▶プロ野球選手のイップスとは、身体感覚の喪失とトラウマ学視点から